落款一問一答 【木村松亭】

記事を読む

弊社バイヤー山中による、『落款一問一答』講座!
今回のお題は【木村松亭】です。
 
落款一問一答 木村松亭
 
村の「寸」。
気を付けの状態から両腕を真横に横に広げて、右手をぐーっと上から左へ伸ばす感じ。
 
落款一問一答 木村松亭
 
松亭。
松は「木」の上に「公」がきています。松はパーツが上下になりがち。
 
亭は口が下にめり込んでいます。
 
 
こちらの掛け軸はブログでも紹介しています。ぜひ、全体図をご覧ください。
<木村松亭> 阿波踊り図
 
販売はこちら。
商品販売 <木村松亭> 阿波踊り図
 
販売は現在、メールとお電話にて受け付けております。お気軽にご連絡くださいませ。

落款一問一答 【荒木月畝】

記事を読む

弊社バイヤー山中による、『落款一問一答』講座、第二回目!
今回のお題は、女流花鳥画家の【荒木月畝】です。
 
落款一問一答 荒木月畝
 
上印
「荒印米子」
 
右上の「荒」…草冠なくなっております。まぁ、いいか。
 
その下の「印」…おそらく落款で一番よく使われている漢字。
首を右に傾けて見てください。
印は苗字の下に来ることが多いです。
荒木の「木」は省略されています。苗字の二字目は省略されがちです。
 
左上の「米」…これはそのまんまです。
 
最後に「子」…九に見えますが十です。
ぐにゃっとしてるところを伸ばしましょう→「♀」になります→「子」です。
了なども頭の部分が○になることが多いです。
 
落款一問一答 荒木月畝
 
下印
「月畝」
 
「月」…これも横にこけています。
 
「畝」…十が真ん中にきています。
署名も同じようになっていますね。一枚目の写真でご確認ください。
 
 
こちらの掛け軸はブログでも紹介しています。ぜひ、全体図をご覧ください。
掛軸紹介 <荒木月畝> 雨後白藤図
 
販売はこちらから。
商品販売 <荒木月畝> 雨後白藤図
 
販売は現在、メールとお電話にて受け付けております。お気軽にご連絡くださいませ。

落款一問一答 【橋本関雪】

記事を読む

ご好評をいただいております弊社バイヤー山中による、『落款一問一答』講座、第三回目です。
今回のお題は……、解説してからのお楽しみ♪
皆さまも一緒に読んでいきましょう。
 
落款一問一答 橋本関雪
 
読み順は右上から、
 
3 1
4 2
 
となっています。
 
まず1番目(右上)。
右側は見たまんま「間」となります。
左の偏に当たる部分は「水」です。さんずい偏です。
「水」単体の場合は、
落款一問一答 橋本関雪
となりますが、スペースの問題上省略されているという感じです。
さんずい偏はしょっちゅう出てくるので必修です!
 
次は2番目(右下)。
「雪」です。
雪のヨの真ん中の棒は突き抜けがちですが、気にしない。
 
そして3番目(左上)。
右側のパーツは「攴」、これも必修!
単体で「文」、左の偏に当たる場合は「攵」になります。
改敢救教敬故攻敲敖孜敞数政整敵畋敦敗敏敷放…などにも使われますね!
左側が難しいです。ホが二つあって下に月があります。
ホの二つはくっつけます。
合わせて、「散」となります。
 
最後に4番目(左下)。
「人」です。
昔の人は『○○山人』『○○散人』などとつけがちなので、4番目に「人」が来たら、3番目もそれ系と推測すると良いでしょう。
 
【答え】
1~4番目合わせて、「澗雪散人」と読みます。
 
 
今回のお題は、現在弊社ホームページで販売中の 商品販売 <橋本関雪> 秋山吟客図
 
落款一問一答 橋本関雪
 
の印を読みました。
 
 
こちらの掛け軸はブログでも紹介しています。より詳しくご紹介しております。
掛軸紹介 <橋本関雪> 秋山吟客図
 
 
販売は現在、メールとお電話にて受け付けております。お気軽にご連絡くださいませ。

落款一問一答 【山口草平】

記事を読む

大変ご好評をいただいております弊社バイヤー山中による、『落款一問一答』講座。
第四回目です。
 
落款一問一答 山口草平
 
「草平」
 
草は草冠だけで表現される事が多いです。
上を向いていたら草、下を向いていたら竹になる傾向があります。
 
落款一問一答 山口草平
↑これは『草』。
 
 
落款一問一答 山口草平
↑こっちは『竹』。
 
 
ネットスラングに w と (笑) を表す言葉がありますが、www と続けて強める時に『草が生える』といいます。
『w』はなんとなく上向いてるので、そんな感じで覚えましょう。
 
 
 
あ!『笑』は竹冠ですねwwwwww (ややこしい)
 
 
 
 
今回は、現在弊社ホームページで販売中の 商品販売 <山口草平> 天神祭 船渡御図 夏季風俗画 の落款を読みました。
 
山口草平 天神祭 船渡御図 夏季風俗画
 
こちらの掛け軸はブログでより詳しくご紹介しております。
掛軸紹介 <山口草平> 天神祭 船渡御図 夏季風俗画
 
大阪の画家である山口草平による天神祭の図。
今年も本宮は7月25日(月)ですが、フィナーレを飾る天神祭奉納花火は中止とのことで残念ですね。
せめて天神祭が描かれた掛け軸で、雰囲気を味わってみてはどうでしょう。
 
 
販売は現在、メールとお電話にて受け付けております。
お取り置きも可能です。お気軽にご連絡くださいませ!