※クリックで拡大表示できます

【売約済】掛軸 <木村松亭> 阿波踊り図 (HP005)

  • 作家木村松亭
  • 時代-
  • 全体縦192cm×横48cm
  • 内寸縦113cm×横41cm
  • 本紙絹本
  • 状態-
  • 共箱
  • 価格売約済

絵の右上には、昭和20年に徳島大空襲で焼失するまで徳島市のランドマークとして親しまれた、大滝山三重塔(徳島市の眉山にあった仏塔)が描きこまれています。

その忘れえぬ景色とともに、阿波踊りの様を楽し気に色鮮やかに描いたこの作品は、まさに木村松亭の名品だと言えるでしょう。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
【木村松亭】1885-1948
明治18年生まれ、昭和23年64歳没。
阿波の絵師。犬伏真渕の弟。
守住貫魚門人の中で最も傑出した画人とされた森魚渕のもとで
兄と一緒に住吉派の画を学び、歴史画・花鳥画を得意とした。
徳島市富田浦幟町の人。
一時期、香川県大川郡引田町に住んで居る頃は前田垂穂とも称す。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 
徳島の地に多くの作品を残し、門人を育てた阿波の住吉派は、明治20年代にできた徳島絵画協会では中心的な役割を担い、大いに発展しました。門弟たちは阿波国雅癖会という美術団体を組織し、門下の描く風俗画がきっかけで「阿波踊り」という言葉が生まれたようです。

※ 住吉派とは・・・

中国的な主題を描いた唐絵(からえ)に対し、日本の風物を題材にした絵画を大和(やまと)絵といい、平安時代の貴族文化の中で発展。

そして、室町前期頃の藤原行光を祖とし、大和絵を標ぼうする土佐派が京都で興隆。江戸時代に入ると、1662年土佐派から独立して住吉家を興した広通 (如慶) を祖として、住吉派が興った。その後長男の具慶が移住し、住吉派は江戸における大和絵系画派の中核を担った。

※ 阿波の住吉派

江戸後期に、住吉派の渡辺広輝(1778-1838)が初めて徳島藩の御用絵師として仕え、その後の徳島における住吉派発展の祖となった。渡辺広輝に学んだ守住貫魚(1809-1892)、彼に師事した森魚渕(1830-1909)。そして、その門下の一人が木村松亭。

◆共箱

商品のご購入やその他のお問い合わせはこちらまで
お気軽にご連絡ください。

代表06-6251-1355 メールでお問い合わせ

ご自宅での訪問買取と宅配買取がご利用いただけます。
お気軽にお問い合わせ下さい。

ふるい(物)、ごよー(は)えん

買取専用0120-261-540

FAX 06-4708-5039 受付時間9:00-18:00(日祝も受付可能)

買取のお問い合わせ