※クリックで拡大表示できます

掛軸<森蘭斎>花蝶図 (HP046)

  • 作家森蘭斎
  • 時代江戸時代中期・後期
  • 全体縦198.5cm×横51.5cm
  • 内寸縦112.5cm×横38.5cm
  • 本紙絹本
  • 状態全体的にイタミ、シミ有
  • 箱有
  • 価格500,000円(税込)

写実的な彩色花鳥画。南蘋派の特徴を見事に表す作品です。

3つの異なる色の牡丹。色々な方向を向く花びらが、それぞれ単色ではなく淡いグラデーションで塗られ、リアルな立体感が表現されています。葉も同じものは2つとありません。上方の揚羽蝶も、とても生き生きとして、写真のように生の一瞬を捉えています。

屋内に掛け、まるで窓の外の自然を眺めているかのような体験。
これを実現できる一幅です。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【森蘭斎(もりらんさい)】1740-1801

越後生まれ。江戸中期~後期の画家。本名は文祥。他に、登明・鳴鶴・九江・子禎などと号した。

長崎で医学を学びながら、南蘋派の画家・熊代熊斐(くましろゆうひ)に師事。熊斐の死後、大坂で医を生業としながら、熊斐から受けた画法を伝える書物「蘭斎画譜」を刊行。晩年には江戸に移り、加賀藩御用絵師となる。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

※ 南蘋派とは・・・

江戸時代の鎖国体制下、唯一海外との交流のあった長崎で生まれた諸画派の総称を、長崎派と呼び、その中でも南蘋派は、その後の日本絵画の進展・発展に大きな影響を与えた。

南蘋派は、中国清代の宮廷画家、沈南蘋(しんなんぴん、1682-?)が徳川幕府の招へいによって来日、1731~1733年の2年弱の長崎滞在の間に、写生的で精緻な彩色花鳥画の技法を伝え、その後弟子たちによって画系を為したもの。

それまで長きに渡って二代流派を為していた狩野派・土佐派や浮世絵がマンネリ化していた江戸中期の画壇において、この新鮮な画風が幅広く受け入れられ、その後円山応挙、伊藤若冲を始めとする大家にも大きな影響を与えた。

森蘭斎が師事した熊代熊斐は、沈南蘋の一番弟子。

スタッフD


商品のご購入やその他のお問い合わせはこちらまで
お気軽にご連絡ください。

代表06-6251-1355 メールでお問い合わせ

ご自宅での訪問買取と宅配買取がご利用いただけます。
お気軽にお問い合わせ下さい。

ふるい(物)、ごよー(は)えん

買取専用0120-261-540

FAX 06-4708-5039 受付時間9:00-18:00(日祝も受付可能)

買取のお問い合わせ