※クリックで拡大表示できます

掛軸 心地覚心像 希品 (HP085)

  • 作家-
  • 時代-
  • 全体縦184cm×横54.5cm
  • 内寸縦92cm×横37cm
  • 本紙絹本
  • 状態-
  • 箱有
  • 価格800,000円(税込)

こちらは、頂相(ちんぞう)と呼ばれる、禅僧の肖像画です。

禅宗では、弟子が一人前になると、印可(師が弟子に法を授けた証明)の証として師の肖像画を弟子に授ける習慣があり、日本では鎌倉時代以降、多く制作されました。

描かれている心地覚心(しんちかくしん 1207~1298)は、鎌倉時代、現在の長野県松本市生まれの臨済宗の僧侶です。

ちなみにこの作品自体は、南北朝~室町時代(15世紀前後)頃制作されたのではと推定されます。

*****

心地覚心の略歴です。

1225年に出家、得度。19歳(あるいは29歳)の時、東大寺で受戒(仏教に帰依する誓いを立てること)し、その後高野山で真言密教を学びます。1242年には京都・深草の極楽寺で道元(1200~1253)から受戒。1249年から宋に渡り、6年の間各地を歴遊、杭州の護国仁王寺の無門慧開(著作である禅の公案集「無門関」で有名)より印可されました。

1254年に帰国後、1258年には、和歌山県由良の西方寺(現在の興国寺)の開山になり、その後最期までここを中心に法を説きます。ちなみに覚心が宋から連れ帰った弟子たちの貢献により、ここが日本における尺八と醤油の発祥の地となりました。

また、覚心を普化宗(ふけしゅう)の日本における開祖とする説があります。これは禅宗の一派で、唐の普化が開祖。尺八を吹奏することを禅の修行とし、宗徒は虚無僧(こむそう)と称して全国を遍歴しました。江戸時代に栄えましたが、浪人がこの姿を隠れ蓑として復讐の徒となるなど弊害が生じ、天保年間の頃特権が剥脱、明治維新により廃宗されました。

覚心の諡(おくりな、死後の名称)は、法燈円明国師。

スタッフD



◆絹本
◆箱・太巻有
◆本紙にイタミ・折れ・剥離あり

商品のご購入やその他のお問い合わせはこちらまで
お気軽にご連絡ください。

代表06-6251-1355 メールでお問い合わせ

ご自宅での訪問買取と宅配買取がご利用いただけます。
お気軽にお問い合わせ下さい。

ふるい(物)、ごよー(は)えん

買取専用0120-261-540

FAX 06-4708-5039 受付時間9:00-18:00(日祝も受付可能)

買取のお問い合わせ