※クリックで拡大表示できます

掛軸<林杏華>掛軸を持つ美人図 (HP186)

  • 作家林杏華
  • 時代明治・大正・昭和
  • 全体縦168cm×横50cm
  • 内寸縦102.5cm×横37cm
  • 本紙絹本
  • 状態シミ、少しイタミ、折れ
  • 共箱
  • 価格80,000円(税込)

【林杏華】?-?

上村松園及び鏑木清方の門人。大阪府堺に生まれる。実家は堺の旧家で木綿問屋を営んでおり、姉が二人いたという。杏華は始めに上村松園に学んだ後、上京して清方に師事した。結婚をするよう勧められて悩まされたようであるが、独身で大阪に住んで只管絵筆に親しんでいた。明治44年(1911年)6月の第22回烏合会展に「左甚五郎」を出品したほか、大正5年(1916年)の第2回から郷土会展に作品を出品している。この第2回展に「お初」を出品した後、大正12年(1923年)の第8回郷土会展に「浪花の春」を、大正13年(1924年)の第9同展に「十日戎」を、大正14年(1925年)の第10回同展に「楊貴妃に扮して」を出品している。

商品のご購入やその他のお問い合わせはこちらまで
お気軽にご連絡ください。

代表06-6251-1355 メールでお問い合わせ

ご自宅での訪問買取と宅配買取がご利用いただけます。
お気軽にお問い合わせ下さい。

ふるい(物)、ごよー(は)えん

買取専用0120-261-540

FAX 06-4708-5039 受付時間9:00-19:00(日祝も受付可能)

買取のお問い合わせ