※クリックで拡大表示できます

掛軸<波島>松前絵師が四条派を学んだ頃の稀品!書画展観図(HP383)

  • 作家波島
  • 時代江戸時代後期
  • 全体縦196cm×横63.5cm
  • 内寸縦136cm×横59cm
  • 本紙紙本
  • 状態表具上部に一部イタミがありますが、
    全体的に状態は良いです。
    箱と軸先にイタミがあります。
  • 箱有
  • 価格350,000円(税込)

わいわい・・・ガヤガヤ・・・
そこかしこの会話が音になって目に飛び込んでくる、そんな作品です。
総勢72名描かれた参加者模様は、何を考えているのか、何を話しているのかが鮮明に分かるほど、表情豊かに描き分けられています。筆致から生まれる、完成された柔らかな空気感は、師事していたという松村景文の画風を確かに彷彿とさせ、それでいて人物・無機物の細部に至るまで全く隙のない再現と描き込み。見るたびに新しい発見があり喜楽に富んだこの逸品、是非お手元で時間を忘れてご鑑賞ください。

スタッフ原



***************************************************************************************************
【波島】
江戸時代後期頃の画家。詳細不明。勘定奉行・石黒太左衛門の兄で身体が不自由だったと伝えられている。蠣崎波響に学び、京都に出て松村景文に師事。大坂堂島で妻を迎え、松前に戻ってからは桜庭姓を名乗った。落款に「波嶌」「波島」「波嶋」があるが、同一人物であるかは不明。

作風から、京都で松村景文に師事していた頃の作品かと思われます。

ホームページ掲載商品は送料無料!
◆ご購入の流れ ◆利用規約(お支払い・送料等)

商品のご購入やその他のお問い合わせはこちらまで
お気軽にご連絡ください。

代表06-6251-1355 メールでお問い合わせ

ご自宅での訪問買取と宅配買取がご利用いただけます。
お気軽にお問い合わせ下さい。

ふるい(物)、ごよー(は)えん

買取専用0120-261-540

FAX 06-4708-5039 受付時間9:00-19:00(日祝も受付可能)

買取のお問い合わせ