※クリックで拡大表示できます

【売約済】古伊万里 染付 松柳東屋牡丹文 輪花 六寸皿 (17.05)

  • 作家-
  • 時代江戸中期
  • 全体直径18.5x高さ3cm
  • 内寸-
  • 本紙-
  • 状態良好
  • -
  • 価格売約済

江戸中期頃の作。

大きすぎず小さすぎず、使いやすい平皿です。
呉須の濃淡と底の「角福銘(かくふくめい)」が、時代があり貴重な品であることを物語っています。

※写真はイメージです。1客ずつの販売となります。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【ひとことウンチク】

中国磁器の影響により、1630年代頃から伊万里焼の底に、吉祥の意味を込め、□に「福」の文字を入れた「角福銘」が描かれるようになりました。
肥前の各窯で自由に描かれたものですが、時代によって少しずつ形が変化して行きました。

最初期は、よく印鑑に用いられるような、篆書(てんしょ)体が用いられ、1670年代頃から草書体へと変遷。
「福」の字の中の「田」が渦を巻く「渦福(うずふく)銘」が出現しました。
渦福の描き方は丁寧なものから粗雑なものまでさまざまで、18世紀後半には描かれなくなって行きました。
そして、1800年頃には「田」が×印になるものが現れました。

こちらの商品の「福」は、渦福銘。1700年代前後のものと判断できますね。

<2021年10月22日時点で在庫3点となっております>
※骨董の器という商品の性質上、同じ柄のものが複数ございます。細部が掲載写真と異なっている部分があることをご了承ください。ご購入前に個別に写真にて状態確認をしていただくことが可能です。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

この他の商品は「心斎橋 暮らしのこっとう」
公式SNSアカウント でも、ご紹介しています。


Instagram   Facebook   Twitter

ホームページ掲載商品は送料無料!
◆ご購入の流れ ◆利用規約(お支払い・送料等)

商品のご購入やその他のお問い合わせはこちらまで
お気軽にご連絡ください。

代表06-6251-1355 メールでお問い合わせ

ご自宅での訪問買取と宅配買取がご利用いただけます。
お気軽にお問い合わせ下さい。

ふるい(物)、ごよー(は)えん

買取専用0120-261-540

FAX 06-4708-5039 受付時間9:00-19:00(日祝も受付可能)

買取のお問い合わせ