古伊万里 染付 雪輪竹笹文 木瓜形 向付 (8.26)

江戸中期頃の作。

濃淡さまざま描き分けた呉須の色合いと、明るく白い肌の対比が何とも味わい深い向付です。
主張しすぎず、食卓を上品に演出してくれることでしょう。

※写真はイメージです。1客ずつの販売となります。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【ひとことウンチク】

胴(器の側面)の下方にふわふわとしたような円形の模様がありますが、それが雪輪(ゆきのわ)文。

雪は「五穀の精」と呼ばれ、雪が多く降ると雪解け水が豊富になり、その年は豊作が見込めるため、古くから縁起がよいものとされてきました。
特にオランダから顕微鏡がもたらされ、雪の結晶が観察できるようになってから、六角形の変形したかたちとして意匠化されました。

雪輪文はまた、円がところどころ欠けた文様で「未熟なためもっと精進します」という謙虚さを表すともされるため、特に季節を問わず年中お使い頂くことができます。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  • 作家-
  • 全体縦10x横10.3x高さ6.8cm
  • 内寸-
  • 価格5,000円(税込)

商品のご購入やその他のお問い合わせはこちらまで
お気軽にご連絡ください。

代表06-6251-1355 メールでお問い合わせ

ご自宅での訪問買取と宅配買取がご利用いただけます。
お気軽にお問い合わせ下さい。

ふるい(物)、ごよー(は)えん

買取専用0120-261-540

FAX 06-4708-5039 受付時間9:00-18:00(日祝も受付可能)

買取のお問い合わせ