バイヤー 葉山
バイヤー 葉山

葉山 隆雄

買取担当 買取担当

大阪府松原市生まれ。1981年に古物商免許を取得して以来、キャリア30年を超える筆頭バイヤー。一ヶ月のほとんどを市場で過ごしていた同氏は、日本絵画のみならず茶道具や仏教美術などあらゆる古物に精通し、その類希な審美眼は業界でも突出している。国内外問わず販路を持っていることで視野の広い相場観があるのも武器の一つ。また、若い世代の育成には特に力を注いでおり、社で活躍するバイヤーは全てその育成の賜物である。実直な性格と言動の持ち味でお客様の心を掴んでいる。

スキル紹介

Q1.バイヤーを目指した動機

A.家電を売るために出入りしていた市場で骨董品が高値で売れていく様子を見てやってみたいと思うようになりました。自分の目で見定めて市場で手に入れたものが、ゆくゆくは美術館や博物館に入るかもしれないのだと思うと居ても立ってもいられず、ついに1本の掛軸を購入しました。当時自分の月給くらいでしたね。その軸は小さな田舎の市場で倍の値段で売れて喜んでいたんですが、もっと大きな市場でさらに10倍になっているのを目撃しちゃって。なんでここで売らへんかったんや~!!と一気に火がついたのをよく覚えています。

Q2.日々の買取業務で心がけていること

A.これはもう正に、僕がいつも言っていることですね。どちらもが嬉しい買取になることです。いい値段を付けられなかったら、お客さんは嫌々売らないといけない。僕らも相場に沿ってギリギリ、それどころか赤字の分かりきった値段をつけることも多くありますから、嫌々買わないといけない。そういう買取はどっちもが嬉しくないんです。僕らはギリギリだけれどお客さんからしたら「安い値段で持っていかれた~!」と思っちゃうでしょうし。そんな思いはさせたくないんですね。だから実は、お客さんと僕ら骨董業界の思いが折り合わないだろうなあというときは値段を言わないこともあります。気持ちよく持っていてほしいですから。

Q3.バイヤーをしていて嬉しいこと

A.もちろん、自分で買った品物が思っていた以上に売れてくれたときです。厳しい世界だけど面白い。僕の中でバイヤー(市場での仕入れ)はチームプレイでスポーツの試合に勝ちに行くような感じ。他のチームに競り勝って、それが売れたときは優勝!ヤッター!そんな嬉しさがあります。買取のそれは勝ち負けではなくて、これまで僕が勉強してきたことの集大成をお見せできるようなそんな場所ですね。

バイヤー 東 宗兵
バイヤー 東 宗兵

東 宗兵

大阪府茨木市生まれ。両親の影響により幼少から歴史・絵画に興味をもち、高校卒業後に渡英、バッキンガム大学で美術史を学ぶ。帰国後は輸入雑貨卸売・小売業に従事するが、当時海外への販路拡大を模索していた葉山夫妻に出会い、のちの株式会社縁設立に参画し同社専務取締役に就任。取り扱い専門分野は日本画及び中国画。戦国・幕末物にも精通している。歴史に埋もれた知る人ぞ知る偉人達の作品を発掘し、大きく世に広めたいという夢がある。

スキル紹介

Q1.バイヤーを目指した動機

A.歴史好きの自分にとっては、実際に過去の偉人たちが遺した物、代々受け継がれてきた品々、普段滅多に見る事の出来ない貴重な文化財に出会える仕事はとても魅力的です。更にそれらを手にとって実物に触れる機会も多々あり、その喜びは何にも代えがたいですね。

Q2.日々の買取業務で心がけていること

A.お客様のお品を見せて頂く際に、「お客様が大事にされてきたお品」としっかり認識して丁寧に取り扱い、お客様の「想い」を常に優先する。

Q3.バイヤーをしていて嬉しいこと

A.仕入れの際に、誰も知らないような自分だけのお宝に出会えた時は嬉しいですね。更にそれがどんな小さな「お宝」であっても、共感いただいて評価して下さるお客様に出会えた時は非常に嬉しいです。

バイヤー 東 宗兵
バイヤー 東 宗兵
バイヤー 山中 健太朗
バイヤー 山中 健太朗

山中 健太朗

兵庫県淡路島生まれ。四国学院大学で日本文学を専攻し国語教員免許を取得するも、かねてよりの趣味であった輸入雑貨卸売・小売業の道を選択。同社退職後、アートに対する興味関心の強さに一目置いていた現専務取締役に誘われ株式会社縁へ入社し、日本画の世界へ。自身の専門分野は古文書、墨跡等。そのほか日々数百本の様々な掛軸と相対する同氏は、無数の作家と作品に向き合い膨大な知識を蓄えるとともに、株式会社縁の主力販売ルートの中枢を担っている。また、彼の描くペン画には社内ファンが多数おり、彼をアーティストにという声もある。

スキル紹介

Q1.バイヤーを目指した動機

A.芸術に触れる仕事がしたかった。特に天文学的な数の作品に出会える仕事は他に無いと思ったから。

Q2.日々の買取業務で心がけていること

A.作品ひとつひとつの良いところ、変わっているところ、面白いところを探すように心がける。

Q3.バイヤーをしていて嬉しいこと

A.毎日新しい知識が増え、自分の成長を実感できるところ。

バイヤー 原 裕依子
バイヤー 原 裕依子

原 裕依子

買取担当 買取担当

宮崎県都城市生まれ。大阪芸術大学在籍中の2008年より宝石や貴金属を取り扱う仕事に従事しバイヤーとしてのキャリアをスタート。業界大手での業務経験を経てその専門知識を買われ株式会社縁へ。入社後はジュエリー全般を専門とする他、金工品や古道具など多様なジャンルに裾野を広げ葉山氏のもと日々勉強中。前職で培った査定眼は瑕の有無や絵画の肉筆・印刷を見分けるものへと昇華され、査定のサポートに一役買っている。親身かつ誠実な接客対応にも定評あり。

スキル紹介

Q1.バイヤーを目指した動機

A.前職もジュエリー全般とはいえ「古物」というジャンルのバイヤーでした。その取扱品である宝石も、良く見ると一つ一つ顔が違い、個性があり、今この瞬間に私が出会って手にするというのは奇跡だなあと思いながら仕事をしていました。縁に入社してからそれは骨董品にも同じことが言えるんだと気づいて、もっともっと出会いたいと思ったんです。

Q2.日々の買取業務で心がけていること

A.お客様の想いをきちんと持って帰ってあげること。宝石や骨董品や古い道具には、お金で計れる価値だけじゃなく強い人の心が宿っています。売っていただいても、お手元に残されても、きちんとそのお品のストーリーや想いを汲み上げて、それが結果的に「縁に任せてみてよかった!」の笑顔になればいいなと思っています。

Q3.バイヤーをしていて嬉しいこと

A.前述に沿ってしまいますが、まずはお客様の笑顔が何より嬉しいです。もしお値段がつかなくても、「使ってもいいんだ!」「じゃあ誰かにあげようかな!」その判断の材料になればわたし達もやりがいがあります。もうひとつはやっぱり、予想してなかったような所からすごい宝物がでてきたときはもちろん嬉しいです。毎日が宝探しですね。

バイヤー 原 裕依子
バイヤー 原 裕依子
FAQ FAQ 査定買取の流れ