※クリックで拡大表示できます

掛軸<大島来禽>雪中山水図(HP297)

  • 作家大島来禽
  • 時代江戸時代中期
  • 全体縦211.5cm×横54cm
  • 内寸縦134.5cm×横38cm
  • 本紙紙本
  • 状態この作品の制作年から判断し、
    状態は平均的です。
    イタミとシミがあります。
  • 極箱(高森碎巌)
  • 価格お問い合わせくださいませ。

【大島来禽】
生没年不詳。江戸時代中期の画家。京都出身。本姓は奥田。名は蘿井(らい)。
篆刻家であり画家であった高芙蓉(1722-84)の妻となる。絵を夫にまなび、文人画風の絵にすぐれた。清時代の絵画に強く影響を受けた山水画や花鳥画を残している。


【高森碎巌】1847-1917
近代南宋画の大家。上総の国(千葉県)長南町に生まれる。幼名宗之助、名は敏、字は子訥、通称有造、翠巌・菊梁・朶香・遂頑居士・自知斎・七松園・双松庵 等の別号を持つ。江戸に出、服部蘭台に儒学を学び、17歳で渡辺崋山の高弟山本琴谷に師事。格調を持った山水花鳥画を得意とし、後に与謝蕪村に私淑したと言われている。南宋画に対する研究、眼識は当代随一と称され鑑識、鑑定家としてもその重きを為した。船会社や司法省に勤務するが、画業に専念、公の展覧会には出品せず画作を続ける。南画会の結成に参加。日本美術協会会員。

ホームページ掲載商品は送料無料!
◆ご購入の流れ ◆利用規約(お支払い・送料等)

商品のご購入やその他のお問い合わせはこちらまで
お気軽にご連絡ください。

代表06-6251-1355 メールでお問い合わせ

ご自宅での訪問買取と宅配買取がご利用いただけます。
お気軽にお問い合わせ下さい。

ふるい(物)、ごよー(は)えん

買取専用0120-261-540

FAX 06-4708-5039 受付時間9:00-19:00(日祝も受付可能)

買取のお問い合わせ