※クリックで拡大表示できます

掛軸<塩川文麟>三幅対 郭子儀・春秋山水図 塩川文麟添え状有(HP388)

  • 作家塩川文麟
  • 時代江戸時代後期・明治
  • 全体縦210cm×横56.5cm
  • 内寸縦124.5cm×横42.5cm
  • 本紙絹本
  • 状態この作品の制作年から判断し、
    状態は良いです。
    全体に所々小さなシミと本紙に少し折れとイタミがあります。
  • 二重箱
  • 価格85,000円(税込)

塩川文麟の作品には稀少といえる、極彩色の作品です。さらに三幅対の上作で保存状態も良好となれば、探してもそうそう見つかる物ではありません。どうぞ細部まで刮目していただきたい。

郭子儀は武将として自らが大成、さらに長寿を全うし子孫たちも皆出世したという逸話から、長寿富貴や子孫繁栄の縁起高い画題として古くから好まれてきました。この作品は主軸に描かれた郭子儀と子供たちの穏やかな表情が、見る者にも温かな空気を感じさせます。目に鮮やかな配色もさることながら、実物を前にするとそれぞれの着物に描き込まれた模様にも感嘆することでしょう。

左右に配された春秋山水は、コントラストのくっきりした主軸に比べ、ソフトなアウトラインです。そこには少し大きめに人物が描かれており、その表情まで読み取ることができます。仕事に励む彼らですが、汗を流しつつも朗らかな表情をしていることが分かり作品全体の雰囲気を後押しします。平和と安定の象徴を、まさに三幅対の中に見事に表現したまたとない逸品です。

スタッフ原



********************************
【塩川文麟】1801-1877
江戸時代末から明治初期の日本画家。幼名は隼人、字は子温もしくは士温、号は初めは雲章、後に文麟、別に可竹斎や泉声答斎や木仏老人などがあります。通称は図書。

【郭子儀】
中国、唐朝に仕えた軍人・政治家。玄宗、粛宗、代宗、徳宗の4代に仕えた。客家人。安史の乱で大功を立て、以後よく異民族の侵入を防いだ。盛唐〜中唐期を代表する名将。憲宗の皇后郭氏は子儀の孫である。

ホームページ掲載商品は送料無料!
◆ご購入の流れ ◆利用規約(お支払い・送料等)

商品のご購入やその他のお問い合わせはこちらまで
お気軽にご連絡ください。

代表06-6251-1355 メールでお問い合わせ

ご自宅での訪問買取と宅配買取がご利用いただけます。
お気軽にお問い合わせ下さい。

ふるい(物)、ごよー(は)えん

買取専用0120-261-540

FAX 06-4708-5039 受付時間9:00-19:00(日祝も受付可能)

買取のお問い合わせ