※クリックで拡大表示できます

掛軸<奥村恭法>双幅 仏画 親鸞絵伝(HP428)

  • 作家奥村恭法
  • 時代江戸時代後期
  • 全体縦190.5cm×横57.5cm
  • 内寸縦105cm×横41.5cm
  • 本紙絹本
  • 状態状態は標準的です。
    シミ、少しイタミがあります。
    箱破損
  • 箱有
  • 価格350,000円(税込)

【奥村恭法】1865-?
日本画家。慶応元年(1865)尾張生。名は環次郎。鬼頭道恭に巨勢派を学び、仏画を能くした。享年未詳。

【親鸞絵伝】
親鸞上人一代の伝記を絵画化したもの。本願寺3世の覚如が1295年(永仁3)に二巻本を撰述し、法眼浄賀に絵を描かせたのが最初で、以後各門派により盛んに制作され、布教に用いられた。永仁本の原本は今日伝わっていないが、京都・東本願寺蔵、円寂・宗舜筆の康永本(4巻、1343)、同弘願本(4巻、1346)、千葉県照願寺本(4巻、1344)、西本願寺蔵の『善信上人絵伝』(2巻)などの絵巻の遺品がある。また三河の真宗寺院を中心に掛幅画も流行し、遺品では愛知県妙源寺本、同如意寺本などの諸本がとくに知られている。

【親鸞上人】1173-1263
鎌倉初期の僧。浄土真宗の開祖。日野有範の子。比叡山で天台宗などを学び、29歳のとき法然に師事し、他力教に帰した。師の法難に連座して越後に流され、ここで恵信尼と結婚し、善鸞と覚信尼をもうけた。のち、許されて常陸・信濃・下野などを教化し、浄土真宗を開き、阿弥陀による万人救済を説いた。著「教行信証」「愚禿鈔」など。見真大師。法名は善信。

(HP428) Shinran Eden by Okumura Kyoho
This item is listed on ebay

ホームページ掲載商品は送料無料!
◆ご購入の流れ ◆利用規約(お支払い・送料等)

商品のご購入やその他のお問い合わせはこちらまで
お気軽にご連絡ください。

代表06-6251-1355 メールでお問い合わせ

ご自宅での訪問買取と宅配買取がご利用いただけます。
お気軽にお問い合わせ下さい。

ふるい(物)、ごよー(は)えん

買取専用0120-261-540

FAX 06-4708-5039 受付時間9:00-19:00(日祝も受付可能)

買取のお問い合わせ