※クリックで拡大表示できます

屏風<森村宜永>吉川英治作太閤記挿画屏風 全7図(HP893)

  • 作家森村宜永
  • 時代大正・昭和
  • 全体縦39cm×横216cm
  • 内寸縦24cm×横16cm
  • 本紙紙本
  • 状態状態は標準的です。
    本紙にシミがあります。
  • 付属品外箱・黄袋有り
  • 価格150,000円(税込)

【森村宜永】
日本画家。名古屋生。東美校日本画科卒。日本画家森村宜稲の子。名は行雄、初めは稲門とも号す。
松岡映丘に師事し、大和絵の第一人者となる。帝展・新文展・日展で入選を重ねた。日本画院顧問。昭和63年(1988)歿、81才。

【吉川英治】1892-1962
日本の小説家。本名、英次。神奈川県生まれ。様々な職についたのち作家活動に入り、『鳴門秘帖』などで人気作家となる。1935年(昭和10年)より連載が始まった『宮本武蔵』は広範囲な読者を獲得し、大衆小説の代表的な作品となった。戦後は『新・平家物語』、『私本太平記』などの大作を執筆。幅広い読者層を獲得し、「国民文学作家」といわれる。

ホームページ掲載商品は送料無料!
◆ご購入の流れ ◆利用規約(お支払い・送料等)

※お申し込みいただいた時点で ◆利用規約 に全て同意頂けたものと致します。

商品のご購入やその他のお問い合わせはこちらまで
お気軽にご連絡ください。

代表06-6251-1355 メールでお問い合わせ

ご自宅での訪問買取と宅配買取がご利用いただけます。
お気軽にお問い合わせ下さい。

ふるい(物)、ごよー(は)えん

買取専用0120-261-540

FAX 06-4708-5039 受付時間9:00-19:00(日祝も受付可能)

買取のお問い合わせ