※クリックで拡大表示できます

【売約済】掛軸<吉井勇>短歌「比叡晩秋」懐紙 (HP108)

  • 作家吉井勇
  • 時代大正・昭和
  • 全体縦127.5cm×横61.5cm
  • 内寸縦35cm×横47.5cm
  • 本紙紙本
  • 状態少しシミあり
  • 共箱
  • 価格売約済

【吉井勇】1886-1960
東京生まれの歌人・作家。20歳で与謝野鉄幹が主宰の新詩社に入り、雑誌「明星」に短歌を発表。新詩社退社後、森鴎外監修のもと、雑誌「スバル」を創刊。歌集の出版、小説や戯曲の発表など精力的に活動するが、家庭内の不和などから、現在の高知県香美市に隠遁。後に京都に移り、再起。活躍した。

吉井勇 比叡晩秋
*************************
【読み】
雷すでに
起こらずなりぬ
秋ふかく
大比叡の山
しづまりたまへ
*************************

商品のご購入やその他のお問い合わせはこちらまで
お気軽にご連絡ください。

代表06-6251-1355 メールでお問い合わせ

ご自宅での訪問買取と宅配買取がご利用いただけます。
お気軽にお問い合わせ下さい。

ふるい(物)、ごよー(は)えん

買取専用0120-261-540

FAX 06-4708-5039 受付時間9:00-18:00(日祝も受付可能)

買取のお問い合わせ