※クリックで拡大表示できます

掛軸<佚山黙隠>福禄寿画賛 本紙に百福寿印譜集あり(HP552)

  • 作家佚山黙隠
  • 時代江戸前・中期
  • 全体縦196cm×横39cm
  • 内寸縦113cm×横32cm
  • 本紙紙本
  • 状態時代を考慮して、状態は標準的です。
    シミ、表具にヤブレ、少しイタミ、本紙に折れ、ヨレ、イタミがあります。
  • 箱有り
  • 価格200,000円(税込)

【佚山黙隠】1702–1778
江戸時代中期の書家・篆刻家・画家。森本氏。名は脩来(修来)、字は正蔵。出家後は佚山と名乗った。法諱は黙隠。常足道人と号した。浪華の人。
今体派の篆刻の一派である初期浪華派に数えられる。印籍を多く刊行した。
若いころから書を新興蒙所の高弟牧夏嶽に学び、ひたすら篆書をし、門下で最も名を成したという。寛延元年(1748年)、長崎に遊学。このときの師は不明であるが沈南蘋風の画法を学ぶ。宝暦4年(1754年)に帰郷し天王寺東門の黄檗宗見友寺に住し後に京都誓願寺中西林庵に移った。佚山の篆刻は装飾的と評される。趙宦光の『説文長箋』によって篆文の研究を行っている。大学頭林信充を縁故に自著『古篆論語』・『金剪府』を幕府に献上した。花鳥図・墨竹図に巧みで文房趣味を持っていた。享年77。京都下立売の法輪寺に葬られる。

ホームページ掲載商品は送料無料!
◆ご購入の流れ ◆利用規約(お支払い・送料等)

商品のご購入やその他のお問い合わせはこちらまで
お気軽にご連絡ください。

代表06-6251-1355 メールでお問い合わせ

ご自宅での訪問買取と宅配買取がご利用いただけます。
お気軽にお問い合わせ下さい。

ふるい(物)、ごよー(は)えん

買取専用0120-261-540

FAX 06-4708-5039 受付時間9:00-19:00(日祝も受付可能)

買取のお問い合わせ