掛軸紹介 <山口草平> 天神祭 船渡御図 夏季風俗画

記事を読む

【掛軸紹介】
天神祭 船渡御図 夏季風俗画
<山口草平>
《表具》 長さ 131㎝ 横幅 60.5㎝
《本紙》 長さ 36.5㎝ 横幅 44㎝

山口草平 天神祭 船渡御図 夏季風俗画

天神祭りは日本各地の天満宮で催される祭りで、
菅原道真の命日にちなんだ縁日です。

大川(淀川)に映る篝火や提灯灯り、奉納花火などが祭りを彩り、
「火と水の祭典」とも呼ばれています。

大阪天神祭は日本三大祭、大阪三大夏祭りの一つ。
(日本三大祭:大阪天神祭・京都祇園祭・東京神田祭)
(大阪三大夏祭り:大阪天神祭・生國魂神社生玉夏祭・住吉大社住吉祭)

天神祭りは大阪天満宮が鎮座した2年後、951年に始まったとされています。
古くから庶民に親しまれている、夏の風物詩ですね。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
【山口草平】1882-1961
日本画家。大阪生。名は光四郎。中川蘆月に学び、また独学で水彩技法を修める。挿絵画家としても活躍。また一時大石順教尼(よね)と結婚し、日本画の手ほどきをした。昭和36年(1961)歿、78才。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

こちらは7月6日(土)の「心斎橋 暮らしのこっとう」 掛軸展示販売コーナーにて、販売予定です。
ぜひ、本物をお近くでご覧ください。

山口草平 天神祭 船渡御図 夏季風俗画
山口草平 天神祭 船渡御図 夏季風俗画
山口草平 天神祭 船渡御図 夏季風俗画
山口草平 天神祭 船渡御図 夏季風俗画
山口草平 天神祭 船渡御図 夏季風俗画
山口草平 天神祭 船渡御図 夏季風俗画
山口草平 天神祭 船渡御図 夏季風俗画
山口草平 天神祭 船渡御図 夏季風俗画
山口草平 天神祭 船渡御図 夏季風俗画

掛軸紹介 <小川千甕> 群盲撫象図

記事を読む

【掛軸紹介】
群盲撫象図
<小川千甕>
《表具》 長さ 222㎝ 横幅 46.5㎝
《本紙》 長さ 136.5㎝ 横幅 33.5㎝

小川千甕 群盲撫象図

群盲象を評す。
目の見えない人が各々に象を触り、感想を語り合う様子が描かれています。
「一部だけを知り、すべてを理解したと錯覚してしまう」という、インド発祥の寓話です。

柔らかいタッチで、可愛らしさを感じる象の絵ですが、意味を知ることで掛軸の見え方が変わってきますね。
初歩的な画題かもしれませんが、これからも知識を深め、楽しみながら商品を扱っていきたいと思います。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
【小川千甕】1882-1971
明治-昭和時代の日本画家。
京都出身。本名は多三郎。代表作に「炬火乱舞」など。
仏画師である北村敬重に師事し、浅井忠に洋画もまなぶ。
大正4年川端竜子,小川芋銭らと珊瑚会を結成。
油絵から日本画へ移行し院展に「田面の雪」「青田」などを出品。
昭和7年日本南画院に参加。
昭和46年2月8日死去。88歳。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

こちらは8月3日(土)の「心斎橋 暮らしのこっとう」 掛軸展示販売コーナーにて、販売予定です。
ぜひ、本物をお近くでご覧ください。

小川千甕 群盲撫象図
小川千甕 群盲撫象図
小川千甕 群盲撫象図
小川千甕 群盲撫象図
小川千甕 群盲撫象図
小川千甕 群盲撫象図
小川千甕 群盲撫象図
小川千甕 群盲撫象図
小川千甕 群盲撫象図

掛軸紹介 <竹内栖鳳> 秋陽図

記事を読む

【掛軸紹介】
秋陽図
<竹内栖鳳>
《表具》 長さ 132㎝ 横幅 59.5㎝
《本紙》 長さ 36㎝ 横幅 46㎝

竹内栖鳳 秋陽図

葉の落ちた木の枝に、雀が二羽。
小さく描かれている雀がとても可愛らしいですね。
秋の季節を感じる掛軸です。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
【竹内栖鳳】1864-1942
号:棲鳳、棲風。幸野楳嶺師事。嶺四天王。近代日本画の先駆者。
京都画壇を代表する大家。帝室技芸員。第1回文化勲章受章者。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

こちらは8月3日(土)の「心斎橋 暮らしのこっとう」 掛軸展示販売コーナーにて、販売予定です。
ぜひ、本物をお近くでご覧ください。

竹内栖鳳 秋陽図
竹内栖鳳 秋陽図
竹内栖鳳 秋陽図
竹内栖鳳 秋陽図
竹内栖鳳 秋陽図
竹内栖鳳 秋陽図
竹内栖鳳 秋陽図
竹内栖鳳 秋陽図
竹内栖鳳 秋陽図
竹内栖鳳 秋陽図

掛軸紹介 <加藤君鳳> 群猿図

記事を読む

【掛軸紹介】
群猿図
<加藤君鳳>
《表具》 長さ 207㎝ 横幅 66.5㎝
《本紙》 長さ 130㎝ 横幅 51㎝
 
◆共箱(二重箱) 外寸 長さ 77㎝ 横幅 10㎝ 奥行 9㎝
 
加藤君鳳 群猿図
 
北海道で多くの動物を飼いその生態を観察して写生に努めた師、望月金鳳は、
門弟たちに「拙くても自分で研究した絵を描け」と言っていたようです。
 
 
猿の画で広く知られる森派の流れをくむ<加藤君鳳>の群猿図。
 
猿たちの語らいが聞こえてくるような、楽し気な様子に惹きこまれます。
しばし群猿たちを眺めていると、きっとお気に入りの一匹がみつかるに違いありません。
 
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
【加藤君鳳】1892-?
大正~昭和初期の日本画家。
明治25年、東京生まれ。円山四条派。
望月金鳳の門に学び動物・花鳥画を得意とする。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 
 
こちらは「心斎橋 暮らしのこっとう」 掛軸展示販売コーナーにて、販売中です。ぜひ、本物をお近くでご覧ください。
 
「心斎橋 暮らしのこっとう」
美想空 EN art gallery & space
大阪市中央区南船場4-8-6 渕上ビル9F (株式会社縁)
 
ギャラリーは現在、ご予約制となっております。お気軽に下記までご連絡ください。
【予約制オープン】月~金曜 13:00-17:00
TEL:0120-261-540 Mail:info@art-en.jp
SNS:@kurashinokotto へダイレクトメール
 
 
加藤君鳳 群猿図
加藤君鳳 群猿図
加藤君鳳 群猿図
加藤君鳳 群猿図
加藤君鳳 群猿図
加藤君鳳 群猿図
加藤君鳳 群猿図
加藤君鳳 群猿図
加藤君鳳 群猿図
加藤君鳳 群猿図
加藤君鳳 群猿図
加藤君鳳 群猿図
加藤君鳳 群猿図

掛軸紹介 <荒木月畝> 雨後白藤図

記事を読む

荒木月畝_雨後白藤図

【掛軸紹介】
雨後白藤図
<荒木月畝>
《表具》 長さ 214㎝ 横幅 56㎝
《本紙》 長さ 128㎝ 横幅 41㎝
 
荒木月畝 雨後白藤図

雨上がりの白藤を見上げていたら、なんと飛蝗(バッタ)が…。
すぐに愛子を呼んで一緒に見たのでしょうか。
それとも、捕まえて帰ったのでしょうか。

月畝という名前のイメージから、男性だと思われがちな<荒木月畝>。
男勝りな月畝の、優しい母の目線を感じる作品です。

 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
【荒木月畝】1872-1934
栃木県足利生まれ。名は米子。女流花鳥画家。
初め古川竹雲に学び、のち荒木寛畝・十畝に師事。
明治34年日本美術協会で1等賞をうけた「水辺草花」は宮中におさめられた。
読画会翠紅会会員。白光社を起こし展覧会を催す。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 
荒木月畝は、夫と早く別れ、一人の息子を腕一本で立派に育て上げた女丈夫です。
いつも元気よく、大きな作品を仕上げることがなによりの楽しみで、
馬に乗って、野に山によく写生に出ました。

女らしくない画題の作品を描き、人々を驚かせていた彼女も、
晩年は落ち着いて物優しく、教鞭をとった経験から「絵を教えるのがうまい」と評判で、
上流家庭の婦人たちなど、多くの門下生をかかえたとのことです。

 

こちらは「心斎橋 暮らしのこっとう」 掛軸展示販売コーナーにて、販売中です。
ぜひ、本物をお近くでご覧ください。
 

荒木月畝 雨後白藤図
荒木月畝 雨後白藤図
荒木月畝 雨後白藤図
荒木月畝 雨後白藤図
荒木月畝 雨後白藤図
荒木月畝 雨後白藤図
荒木月畝 雨後白藤図
荒木月畝 雨後白藤図
荒木月畝 雨後白藤図
荒木月畝 雨後白藤図

掛軸紹介 <佐藤玄々> 不動明王図

記事を読む

【掛軸紹介】
扇面 仏画 不動明王図
<佐藤玄々>
《表具》 長さ 122㎝ 横幅 66㎝
《本紙》 長さ 29.5㎝ 横幅 54㎝
 
佐藤玄々 不動明王図
 
彫刻家として名をはせた<佐藤玄々>の描く「不動明王」。
描かれた部分は顔の表情だけなのに、すさまじい生命力が伝わってくる
躍動感に満ちた作品に仕上がっています。
この人の創る彫刻はどんなだろう、ぜひ見てみたいと思わせるほどの迫力です。

 
不動明王といえば、炎で煩悩を焼き払い、剣で魔を退散させると言われる「お不動さん」の名で親しまれていますが、
この掛軸は見るたびに、背中がシャキーンとなりそうですね。

 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
【佐藤玄々】1888-1963
福島県相馬市出身の彫刻家。75歳没。
名は清蔵、別号に朝山・阿吽洞。父・伯父は宮彫師。
抜群の写生力と生命力のある作風で、
造形(彫刻)においては日本伝統と、渡仏し「ブールデル」に
学んだ西洋彫刻を融合した独自のスタイルを築く。
帰国後、院展・帝展で活躍。芸術院会員。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 
佐藤玄々は巨匠・横山大観に天才と言わしめた近代木彫の大家です。
スケールの大きいものから可愛らしい野菜や小動物まで、大小様々な作品を手掛けました。

 
日本橋三越本店の巨大な「天女(まごころ)」像や、皇居のお堀にある和気清麻呂像が有名ですが、
戦災ではアトリエが全焼し、多くの作品が焼失しています。

 

こちらは「心斎橋 暮らしのこっとう」 掛軸展示販売コーナーにて、販売中です。
ぜひ、本物をお近くでご覧ください。
 

佐藤玄々 不動明王図
佐藤玄々 不動明王図
佐藤玄々 不動明王図
佐藤玄々 不動明王図
佐藤玄々 不動明王図
荒木月畝 雨後白藤図
佐藤玄々 不動明王図