掛軸紹介 <菅楯彦> 撞木橋図

記事を読む

【掛軸紹介】
撞木橋図
<菅楯彦>
《表具》 長さ 188㎝ 横幅 47㎝
《本紙》 長さ 124㎝ 横幅 35.5㎝
 
◆共箱(二重箱) 外寸 長さ 58㎝ 横幅 10㎝ 奥行 9.5㎝
 
◆封筒に入った菅真人(菅楯彦の甥)の手紙付き
 
菅楯彦 撞木橋図
 
とても勉強熱心だった<菅楯彦>。
漢学・国学・仏教美術史・宗教史を学び、その豊富な知識から
一時大阪陸軍地方幼年学校の美術と歴史の先生をしていたようです。
師について有識故実を学んだ彼の講義は、さぞおもしろかったに違いありません。
 
彼の好奇心は多岐に渡り、この頃に松原三五郎に洋画も学んだとか。
フランスでの美術展に出品した「春宵宜行」(現在ポンピドゥーセンターに収蔵)は高く評価され、
フランス政府買い上げとなりました。
 
 
歴史画を描くときの作風とはちょっと趣が違うこの絵は、なんとなく洋画のような雰囲気を醸しだしていますね。
どんな作風も自分のものにしてしまえる巧者、楯彦のまた違った一面を見ることができる作品です。
 
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
【菅楯彦】1878-1963
明治11年、日本画家菅盛南の長男として鳥取に生まれる。
本名は藤太郎。幼いころ父とともに大阪に移住。
11歳の時に父が病に倒れ、学校を中退し、「盛虎」と号して絵筆で一家の生計を支えた。
特定の師につくことなく独学で四条派、狩野派、土佐派、浮世絵などを模写研究し、
独自のスタイルを確立。
浪花の風俗を愛し、自らを「浪花御民(なにわみたみ)」と称し、
はんなりとした情緒ある作風が特長。
「最も大阪らしい画家」と呼ばれ、今なお多くのファンが存在する。
晩年には日本画家として初の日本芸術院賞・恩賜賞を受賞。
昭和37年には初の大阪名誉市民に選ばれた。
昭和38年、85歳で死去。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 
 
こちらは「心斎橋 暮らしのこっとう」 掛軸展示販売コーナーにて、販売中です。ぜひ、本物をお近くでご覧ください。
 
「心斎橋 暮らしのこっとう」
美想空 EN art gallery & space
大阪市中央区南船場4-8-6 渕上ビル9F (株式会社縁)
 
ギャラリーは現在、ご予約制となっております。お気軽に下記までご連絡ください。
【予約制オープン】月~金曜 13:00-17:00
TEL:0120-261-540 Mail:info@art-en.jp
SNS:@kurashinokotto へダイレクトメール
 
 
菅楯彦 撞木橋図
菅楯彦 撞木橋図
菅楯彦 撞木橋図
菅楯彦 撞木橋図
菅楯彦 撞木橋図
菅楯彦 撞木橋図
菅楯彦 撞木橋図
菅楯彦 撞木橋図
菅楯彦 撞木橋図
菅楯彦 撞木橋図
菅楯彦 撞木橋図
菅楯彦 撞木橋図
菅楯彦 撞木橋図
菅楯彦 撞木橋図

掛軸紹介 <橋本関雪> 秋山吟客図

記事を読む

橋本関雪

【掛軸紹介】
秋山吟客図
<橋本関雪>
《表具》 長さ 214㎝ 横幅 42㎝
《本紙》 長さ 151㎝ 横幅 30㎝
 
◆共箱(白沙村荘主人自稿)
 
橋本関雪 秋山吟客図
 
山景のオレンジ色と、人物の鮮やかな朱色が映えるこの作品は、なんとも詩的な感じを受けます。
 
写生より写意、外形より内面や精神を重視しようとする<橋本関雪>の芸術の根底テーマは、こうした南画作品をきっかけに色濃くあらわれていったように思えてなりません。
 
 
南画とは、中国の高級官僚が知的修練のひとつとして余技に描いた絵画(文人画)のことをいいます。
「写実」よりも、描き手の内面や想念を描き出す「写意」を本質とする南画は、詩文を伴うことも多く、関雪も前半期の作品には自作の詩が書きこまれているものがみられます。
 
 
本作は、人物の表情から読み取れるものを自身の内面に照らし合わせ、存分に精神世界を味わえる作品ではないでしょうか。
シンプルな作風であればあるほどその自由度は高く、どんな境遇にある人にも寄り添ってくれることでしょう。
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
【橋本関雪】1883-1945
明治16年、兵庫県生まれ。本名は関一。
片岡公曠に師事、竹内栖鳳に入門。
文展で連続特選となり、大正8年の第1回帝展から審査員。
中国や日本の古画を研究し、特に動物画に格調ある画風を確立した。
帝室技芸員、芸術院会員。
昭和20年2月26日死去。63歳。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 
関雪は12歳で四条派の片岡公曠に師事、20歳で竹内栖鳳に入門し、四条派の画技を習得し、天分を大きく伸ばしました。
栖鳳がヨーロッパ旅行で得た見聞を描いた作品を、展覧会で目にしたことがきっかけで入門を思い立ったと伝えられています。
 
父、海関は明石藩の儒者で、兵庫県師範学校や神戸中学校の教諭を務めた人でした。
漢学・漢詩の塾を開き、多くの人材を育てた海関のもとへは、中国の政治家や学者が出入りするという環境で育ちました。
父からの薫陶を得て、中国の古典・歴史・文学といった深い教養に根ざした関雪の初期の作風は、四条派の熟達した技法を駆使して中国古典の世界をテーマとして描く、いわば和技漢才という独自の世界観を生み出し、高い評価を受けました。
 
大正10年、38歳の時に長男を伴ってのヨーロッパ旅行は8ヶ月にもわたりました。
フランス・イタリア・ドイツ・オランダ・イギリス等欧州各地でみた西洋美術は、その後の絵画観に大きな影響を与えたようです。
帰国して間もなく、写生のため中国へも渡りました。
 
この頃から関雪の南画制作がさかんに行われるようになったと思われています。
東洋と西洋のさまざまな画風・表現に触れて、関雪は「僕の行く可き途は南画より他にない。」という境地に至ったことが、自著からもうかがえます。
四条派~南画~動物画と画風を変えた関雪の中期にあたる時期は、「新南画の時代」として位置づけられています。
 
清代最後の文人とも、中国近代で最も優れた芸術家ともいわれる呉昌碩や、書画家としても一流で篆刻家でもある銭痩鉄との交流は、彼の生涯に多大なる影響を及ぼしたに違いありません。
人生において60回も中国を訪れた関雪の、南画や中国文化に対する愛着には、並々ならぬものがあったようです。
 
 
橋本関雪 秋山吟客図
橋本関雪 秋山吟客図
橋本関雪 秋山吟客図
橋本関雪 秋山吟客図
橋本関雪 秋山吟客図
橋本関雪 秋山吟客図
橋本関雪 秋山吟客図
橋本関雪 秋山吟客図
橋本関雪 秋山吟客図
橋本関雪 秋山吟客図
橋本関雪 秋山吟客図
 
 
こちらの掛軸は、弊社9階ギャラリー「美想空 EN art gallery & space」にて販売中です。ぜひ、本物をお近くでご覧ください。
 
「心斎橋 暮らしのこっとう」 掛軸展示販売コーナー
美想空 EN art gallery & space
大阪市中央区南船場4-8-6 渕上ビル9F (株式会社縁)
 
ギャラリーは現在、ご予約制となっております。お気軽に下記までご連絡ください。
【予約制オープン】月~金曜 13:00-17:00
TEL:0120-261-540 Mail:info@art-en.jp
SNS:@kurashinokotto へダイレクトメール

掛軸紹介 椿樹小禽図

記事を読む

【掛軸紹介】
椿樹小禽図
《表具》 長さ 211㎝ 横幅 100 ㎝
《本紙》 長さ 191㎝ 横幅 88,5㎝

長さ2メートルを超える超大作!
画像の通り、色合い、書き込みも素晴らしく
非常に出来栄えのよい作品です。

署名、落款には『翠香』とあり、
作風などから、村田翠香ではないかと推察されますが、
弊社の資料では作者を断定することができませんでした。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
【村田翠香】
三木翠山、北野恒富師事。
名:春江子。1901年、高知に生まれる。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

作者が特定できない作品も多く、力不足を感じることも多いのですが、
今回のように『名品』だと思える商品を紹介することで
丁寧にお客様の手元にお届けできるように尽力してまいります。

掛軸紹介 <中曽根晁子> 夕涼み図 夏季風俗画

記事を読む

【掛軸紹介】
夕涼み図 夏季風俗画
<中曽根晁子>
《表具》 長さ 143.5㎝ 横幅 67㎝
《本紙》 長さ 44㎝ 横幅 52㎝

中曽根晁子 夕涼み図 夏季風俗画

川床で宴会を楽しむ風景が描かれています。
見ているだけで涼しく、楽しい雰囲気を感じられます。
夏を楽しむ風俗画ですね。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
【中曽根晁子】
加藤英舟師事。別号・晁二。旧号:晁子。
高知の人。院展3回入選。 元院友。兵庫県展2回入選。大美3回入選。大礼博入選。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

こちらは7月6日の「心斎橋 暮らしのこっとう」 掛軸展示販売コーナーにて、販売予定です。
ぜひ、本物をお近くでご覧ください。

中曽根晁子 夕涼み図 夏季風俗画
中曽根晁子 夕涼み図 夏季風俗画
中曽根晁子 夕涼み図 夏季風俗画
中曽根晁子 夕涼み図 夏季風俗画
中曽根晁子 夕涼み図 夏季風俗画
中曽根晁子 夕涼み図 夏季風俗画
中曽根晁子 夕涼み図 夏季風俗画
中曽根晁子 夕涼み図 夏季風俗画
中曽根晁子 夕涼み図 夏季風俗画
中曽根晁子 夕涼み図 夏季風俗画

掛軸紹介 <菅楯彦> 催馬楽 宴楽図 古代歌謡 風俗画

記事を読む

【掛軸紹介】
催馬楽 宴楽図 古代歌謡 風俗画
<菅楯彦>
《表具》 長さ 149㎝ 横幅 74㎝
《本紙》 長さ 46.5㎝ 横幅 57㎝

菅楯彦 催馬楽 宴楽図 古代歌謡 風俗画

催馬楽とは古代歌謡の一つで、
各地の民謡・風俗歌に外来楽器の伴奏を加えた形式の歌謡。
遊宴や祝宴、娯楽の際に歌われた。

風俗画をよくする、菅楯彦らしい作品です。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
【菅楯彦】1878-1963
日本画家。鳥取県生。独学で画を学ぶ。
大和絵、円山四条派、狩野派、浮世絵など幅広く研究。
歴史画や大阪の風物をよくする。
日本美術院恩賜賞受賞。大阪美術会会員。四天王寺舞楽協会会長。大阪市名誉市民。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

こちらは7月6日(土)の「心斎橋 暮らしのこっとう」 掛軸展示販売コーナーにて、販売予定です。
ぜひ、本物をお近くでご覧ください。

菅楯彦 催馬楽 宴楽図 古代歌謡 風俗画
菅楯彦 催馬楽 宴楽図 古代歌謡 風俗画
菅楯彦 催馬楽 宴楽図 古代歌謡 風俗画
菅楯彦 催馬楽 宴楽図 古代歌謡 風俗画
菅楯彦 催馬楽 宴楽図 古代歌謡 風俗画
菅楯彦 催馬楽 宴楽図 古代歌謡 風俗画
菅楯彦 催馬楽 宴楽図 古代歌謡 風俗画
菅楯彦 催馬楽 宴楽図 古代歌謡 風俗画
菅楯彦 催馬楽 宴楽図 古代歌謡 風俗画
菅楯彦 催馬楽 宴楽図 古代歌謡 風俗画
菅楯彦 催馬楽 宴楽図 古代歌謡 風俗画
菅楯彦 催馬楽 宴楽図 古代歌謡 風俗画

掛軸紹介 <山口草平> 天神祭 船渡御図 夏季風俗画

記事を読む

【掛軸紹介】
天神祭 船渡御図 夏季風俗画
<山口草平>
《表具》 長さ 131㎝ 横幅 60.5㎝
《本紙》 長さ 36.5㎝ 横幅 44㎝

山口草平 天神祭 船渡御図 夏季風俗画

天神祭りは日本各地の天満宮で催される祭りで、
菅原道真の命日にちなんだ縁日です。

大川(淀川)に映る篝火や提灯灯り、奉納花火などが祭りを彩り、
「火と水の祭典」とも呼ばれています。

大阪天神祭は日本三大祭、大阪三大夏祭りの一つ。
(日本三大祭:大阪天神祭・京都祇園祭・東京神田祭)
(大阪三大夏祭り:大阪天神祭・生國魂神社生玉夏祭・住吉大社住吉祭)

天神祭りは大阪天満宮が鎮座した2年後、951年に始まったとされています。
古くから庶民に親しまれている、夏の風物詩ですね。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
【山口草平】1882-1961
日本画家。大阪生。名は光四郎。中川蘆月に学び、また独学で水彩技法を修める。挿絵画家としても活躍。また一時大石順教尼(よね)と結婚し、日本画の手ほどきをした。昭和36年(1961)歿、78才。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

こちらは7月6日(土)の「心斎橋 暮らしのこっとう」 掛軸展示販売コーナーにて、販売予定です。
ぜひ、本物をお近くでご覧ください。

山口草平 天神祭 船渡御図 夏季風俗画
山口草平 天神祭 船渡御図 夏季風俗画
山口草平 天神祭 船渡御図 夏季風俗画
山口草平 天神祭 船渡御図 夏季風俗画
山口草平 天神祭 船渡御図 夏季風俗画
山口草平 天神祭 船渡御図 夏季風俗画
山口草平 天神祭 船渡御図 夏季風俗画
山口草平 天神祭 船渡御図 夏季風俗画
山口草平 天神祭 船渡御図 夏季風俗画