骨董男子?写真を撮る。

記事を読む

弊社の9Fのギャラリーでの新しい企画が現在進行中です。
今までは、購入しなくても楽しめる、書画販売会といった感じで何度か企画展を行ってきましたが、
ちょっと変化をつけた企画を弊社ならではのカタチで皆さんに提供できたらと皆で奮闘しています。
 
「骨董品、美術品は難しそう」のイメージを打破できる、楽しい企画になる予定です。
11月あたりに開催予定となっていますので皆様、期待してお待ち頂ければと思います。
 
この新しい企画に先立って、色々写真を撮っています。
アラフォー男子(もう男子ではなくだたのオッサンか…)があーでもない、こーでもないと唸りながら撮った写真がコチラです。
 
 

 
ワタクシ、「超~かわいぃーんですけどぉぉーー」と心のなかで叫んでいました。
最近の女子高生は言わないのでしょうか?
イントネーションは「超~↑↑ かわいぃーん↓↓ですけどぉぉーー↑↑↑」的な感じです。もういいですか?書いてて恥ずかしいので。
久しくそんな年代の女子との会話を交わさなくなったので、彼女たちは、完全にTVのなかの存在だったりします。
 
骨董の器に、クッキーのアヒルさんを砂糖菓子を水に見立てて浮かべてみました。
完全にお菓子の主張が強すぎて、器に目が行かないような気もしますが、そこは「あえて」ということにしておいてください。
 
一緒に写真を撮っていた男子(彼もアラフォーのオッサン)と二人で「これ、マジで可愛くないですか!?」と薄暗い撮影ブースで言い合っているさまは、きっと「株式会社 縁」の闇の部分なのでしょう。そっとしておいてください(汗)
 
お付き合いのあるプロのカメラマンは何名かいるのですが、やはりそこは「プロフェッショナル」料金も「プロフェッショナル」。
もちろん出来上がってくる写真も言うまでもなく「プロフェッショナル」です。
プロ、プロと連呼していますが、憧れと敬意の表れですので、決して料金に対する不満とかではないです(笑)
 
とは言え、弊社の台所事情はそこまで、ブルジョアではありません。毎日、ステーキだー。お寿司だー。フォアグラだーとは、贅沢できません。
家庭料理よろしく、そこそこ美味しい料理で日々の食事を済ませ、ここぞという時にだけ良い店にお出かけするわけです。
 
弊社が広告媒体や商品の写真を用意する場合は、大半が社内の人間です。
専門的なカメラの知識や技術のある者はおらず、それでも試行錯誤しながら写真を撮っています。
アマチュアの割には、それっぽい写真が撮れているんじゃないかなーと自画自賛していたりします。
 
 
さて、骨董品、特に皿や茶器などの食器に類するものは、どこまでが「食器」であって、どこからが「鑑賞品」になるのでしょうか。
少なくとも、私にはその区切りをつけるべきボーダーラインはわかりません。
 
はっきりと区分けできる基準は恐らくないと思いますし、そもそもそこに無理やりはめ込むようなものでもないですが、ずっとショーケースに展示されているだけの食器はやはり食器ではなく、芸術品であり「鑑賞品」といって差し支えないと思います。
 
ただ、ひとつ答えがあるとすれば、それは「所有者の思い」だと思います。
普段使いしたいという「思い」があれば、たとえ1億円オーバーの中国の青磁の器も、ちょっと高価な食器となるわけです。
 
「思い」には勘違いや先入観、固定観念が付き纏います。
その辺りをもっと柔軟な「思い」にできるような試み、企画を皆さんに提供できたらと思っています。
それが、あのファンシーな写真かいっ!というツッコみは受け付けま・・・・・・・・・・す!(笑)
 
 

担当 加藤

,

FUJI ROCK FESTIVAL ’18 と SA toilet

記事を読む

こんにちわ!連日続く猛暑でへたり気味の冷子です。
 


先日、フジロックに行ってきました!
豪快に有休を使わせてもらって、同僚の皆さまには感謝しかないです!
 
大阪から車で約10時間。。。長い。。。
2時間に一度ぐらいサービスエリアで休憩しました。
 
普段、あまり遠出などしないので、サービスエリアに降りるだけでワクワク!
何よりトイレの綺麗さにビツクリしました!
 
冬場は温水が出る、、なんてのは当たり前。
今どきのトイレは、空いている場所がひと目でわかるITトイレ。
 
満空状況モニターが設置されてるトイレが非常に多くて、どこが空いているのかが一目でわかるようです。
他にも変わったトイレがないか、調べてみたのでご紹介します。
 
NEXCO中日本 
おもてなしトイレプロジェクト推進中!
https://www.c-nexco.co.jp/special/toilet/
 
二分以上待たせないトイレや、お姫様気分が味わえるプレミアムトイレ、清掃依頼ボタンがついてるトイレなどなど、
行ってみたくなるトイレが沢山!!!!
サービスエリアに行くのが楽しくなるような様々なトイレがある事に感動しました。
 
 
当たり前と感じる日々の暮らしに、色んな人の努力があって今暮らせているのですね。
ありがたいです。
 
フジロックの話じゃなくてトイレの話になってしまいましたが
結果、人への感謝を改めて感じられる旅になりました。
 
 
私達の会社では、骨董品を販売しております。
当たり前の日々に、ほんの少し、喜んでもらえるような品々をお届け出来るように
頑張ります!どうぞよろしくお願いします!

人気絶頂の中、鬼滅完結 -【鬼滅の刃・小噺 その②】鬼の代表格とは?!

記事を読む

こんにちわ。バイヤーA です。
 
前回少しお話ししましたが、今子供達と一緒に観ている「鬼滅の刃」。なんと私でも知っているあの「ワンピース」の人気に勝るとも劣らない勢いなんですねー。元々は連載物で、去年にアニメ化されて一気にブームが来ているようです。
 
先日も、単行本20巻発売に長蛇の列ができたとか、週刊少年ジャンプ24号で最終回を迎え、早くも鬼滅ロスの声が出るとかで、社会現象を起こしていますね。
 
そんな「鬼滅の刃」のラスボス的存在、鬼を束ねる頭領「鬼仏寺無惨(きぶつじ・むざん)(なんと難しい名前…) が人気のようです。
鬼滅02

(出典:プレミアムバンダイ 鬼滅の刃 ポートレイトバスタオル)

男前ですね…
スタッフの一人から聞いたのですが、小学生の漢字の書き取りテストで「無残」と書かないといけないところ「無惨」と答えてしまう生徒が増えているという小さな社会現象が起こっているようです。
 
凄いですね…
そういう事で、私も自分の子供達に「鬼仏寺無惨」の人気を確認してみました。
 
私「日本で一番有名な鬼は何〜?」
小1&小4「ムザン!!(即答)」
私「ブッブーw 答えは○○童子!」

 
子供らは「童子?誰?知らんわ…」的な冷たい反応でしたが、私も職業柄という事も有りますし、新しい知識として教えました。皆さん、お分かりでしょうか。○○童子とは…
 
「酒呑童子(しゅてんどうじ)です。
 
丹波国に住んでいたと伝わる鬼の頭領で、酒が好きだったことからこの名で呼ばれていたようです。本拠とした大江山では洞窟の御殿に棲み、数多くの鬼共を部下にしていたという逸話が残っています。昔から書画の題材としても多く登場しています。特に版本や絵巻で有名です。
酒呑童子01
酒呑童子02
室町時代に書かれた「御伽草子」、「酒呑童子」。日本の怪物退治譚の代表作ですね。江戸時代には浄瑠璃にもなり、後々の時代の鬼退治物語に影響を与えている事は確かなようです。
 
ステイホームのこの時期、暫く子供達と一緒に「令和の鬼退治」を楽しませていただこうかと思います〜。
 
今日はここまで
 
一言噺)新潟県では酒呑童子は美男子(無惨の様に?!)であったという記録が残っています。
今も昔も主人公のライバルに求められるものは一緒なのかもしれませんね。

ヤフオク!で特集を行っています

記事を読む

弊社では、yahoo!JAPANのネットオークション「ヤフオク!」に骨董品、主に掛け軸を出品しております。
基本的には1000円のスタートから行っている商品が大半ですので、気軽に芸術作品に触れて頂ける場として好評を頂いています。
 
ヤフオク!「縁」ストアブース
 
新しい試みとして、特集というカタチで、各画壇の作品や特定の画題などで作品を集めて出品を行っております。
いつもとは違った、反響を頂いているようで好評のようです。
 
個人的な趣味もあり、私が集めて担当させて頂いた「こわーいガイコツ特集」ですが、先日、好評!?を頂き、惜しまれつつ終了しました。
アクセス数もこれまで行った特集よりも多かったようです。
 

 
ん?惜しまれつつ…!?
 
そうです。もともと、集めていたのは、9Fのギャラリーで企画展として怖い絵、ドクロ、骸骨などを集めたものをしたいという思いがあったのです。
照明は暗くして、作品へのスポットライトの当て方もちょっと幽霊が浮かび上がるように、BGMは「荒城の月」やら、聖飢魔IIの「蝋人形の館」なんかを流してやろうかと・・・ヌハハ・・・我が輩、いや、ワタクシは考えておりました。
 
諸事情がありまして、今回に関してはボツ企画となってしまいました。
その集めた作品が売りに出されることとなり「こわーいガイコツ特集」となったわけです。
点数もまだ集まりきっていなかったので数十点のみだったのは、志半ばといった感じでした。
 
ボツ企画となり、せっかく集めた作品達を手放す気持ちは、切なく、本当に私の心のなかでだけ「ドナドナ」が流れ響いていたというわけです。
好評は頂いたようですが、私だけは複雑な心境で「惜しまれつつ終了」という表現とさせていただきました。
 
いやーまさしく、こわーいガイコツ特集だけに「恨めしや~」なんつって。
 
・・・。
 
かなり強引な締めになってしまいましたが、ヒンヤリしたでしょうか。
それでは、お後がよろしいようで。
 
ちなみに、こわーい骸骨特集のアクセス数は冗談抜きで【666】だったんですよ・・・。
不吉でしょう?ヒンヤリしましたか?
 
 
担当:加藤

,

東京出張からの~「奇想の系譜展 江戸絵画ミラクルワールド」

記事を読む

お久しぶりです。
オデ子です。キャリア歴=ほぼ年齢。
はい。重度の花粉症です。
 
去年までは、かの噂高い飲むヨーグルトでなんとかアレルギー症状を抑えられて喜んでいたのですが、今年はなんだかえらくキツイです。
みなさんの花粉対策、どんなことしてますか?
 
 
さて先日3月13日、お仕事の一環で東京に行きました。
 
我が社の社員たち、東京滞在においてはこれは外せませんね。
 
 

どーん
 
 

プチ社員研修@東京都美術館~!
(撮影:オデ子)
 
東京出張で時間ができると、社員たちはよく上野へ足を運んで勉強しております。
今回は「奇想の系譜展 江戸絵画ミラクルワールド」に行って参りました。
 
 
平日だというのに沢山のお客様で賑わっていました。
奇想の画家たちの作品を集めたというだけあって、生々しいようなおどろおどろしいような、グロテスクとも言い換えられそうな表現をしている絵画も多数。
 
でも不思議と魅入られてしまうんですよね。
河鍋暁斎が大好きな私としてはどれもじっくり見たい作品ばかり。
 
中でも、順路の道すがらに遭遇した株式会社縁のスーパーエースバイヤーとあーだこーだと話しながら観覧した岩佐又兵衛は面白かったですね。
 
彼の画風の幅は確かに広い!
とてもびっくりしました。
 
岩佐又兵衛ゾーンに突如現れる、記名無しの水墨画。
 
 
え?この絵誰!?
名前書いてないしポップもない・・・
岩佐又兵衛とは全然絵が違うような気がするし・・・
んんっ?落款だけ押してあるぞ?
 
(何やら調べるスーパーエースバイヤー)
 
 
ああっ!!!
これも岩佐又兵衛や!!!!
この落款と号、覚えとかなアカーン!!!!
 

とまあ、兎にも角にも仕入れへの糧にしようとする姿勢に脱帽。笑
株式会社縁の社員たち、美術鑑賞の楽しみ方は様々でございます。
 
 
しかし普段、掛軸を目の前に広げて数センチの距離で筆致を確認することもある我が社のデイリーワーク。
 
いざこういう美術館に行ったりすると、いつもと同じ距離で見ようとしてよくガラスに頭ぶつけます。よね?
 
 
わたしだけでしょうか・・・。
古物商あるあるだと信じたいところです。
 
 

おまけ★
お客様にお手紙をかくためにいつもミュージアムショップでは便せんをGETしています。
今回はコチラ!
 

大好きな若冲の蛙。
 

シンプル可愛いです。
 
 

ではまたっ!

疫病との闘いの歴史 その③ 【人類が勝利した唯一の感染症】

記事を読む

大卍犬太です。
 
関西3府県の緊急事態宣言が本日解除、北海道と首都圏の1都3県のみが継続の見通しとなりました。
 
史上初の緊急事態宣言の発令前後には、日本も感染爆発に向かってしまうのかと戦々恐々としていましたが、日を追うごとに感染症に対する危機意識が共有され、いわゆる「新しい生活様式」も私たちの身に馴染んできている昨今ですね。
 
新型コロナウイルスとは、人類は今後ずっと付き合っていくしかないといった専門家の意見も聞かれますが、それもそのはず。実は人類史上、その存在を根絶できた感染症はただひとつしかないのです。
 
それが、天然痘
 
天然痘ウイルスに感染すると、1~2週間程度の潜伏期間を経て発症。40℃前後の高熱に見舞われ、全身に発疹が拡がります。それが徐々に膿疱(のうほう、膿がたまったできもの。ニキビもこの一種)となりますが、それは体の表面のみならず内臓にも同じように現れ、重篤な場合は肺の損傷による呼吸困難に陥り、死に至ります。
 
また、回復した場合でも、膿疱がかさぶたとなり、それが落下した後がくぼみとして残ってしまいます。「あばたもえくぼ」ということわざがありますが、あばたは漢字では「痘痕」と書き、天然痘の痕(あと)のことなんですね。
 
***
 
定説では、天然痘の起源はとても古く、インドでは紀元前2000年の仏典にその記述があるとされ、エジプトで見つかった紀元前1157年のミイラにその痕跡があるとされてきました。
 
ところが、近年の研究ではこの説に疑問が生じており、実は16世紀末に発生したのではとの新説が唱えられているようです(参照:NATIONAL GEOGRAPHICの記事)。3~4000年はあるとされてきた歴史が、わずか400年程度まで縮まると、通説とされてきたことがかなり覆ってしまいます。
 
日本の疫病は、6世紀の仏教の伝来と共に朝鮮半島からもたらされたとされており、都が奈良にあった天平年間(729~749)には天然痘の大流行や、政変や反乱、天災、飢饉などに度々見舞われ、国の平安を願った聖武天皇の発願により、東大寺の大仏が造られたとされてきました。
奈良の大仏
でも、この時流行したのは、実は天然痘ではなかったのかもしれませんね。
 
(ただ、直近に書かれた記事を見ても定説の方が引用されていますので、そちらを支持する見解が依然大勢を占めるのには違いないようです。)
 
***
 
世界でも死に至る病気として恐れられていた天然痘の解決の糸口となったのが、イギリスの医師エドワード・ジェンナーによる人類初のワクチンの発見です(1798年に発表)。
 
当時イギリスの農村では、牛の乳搾りをしている人が牛痘(牛の天然痘に似た病気)に一度感染すると天然痘にはかからないといううわさがありました。この話をヒントに、牛痘にかかった人の膿疱をまだ天然痘にかかっていない人に注射して、体内で天然痘の抗体を作らせ予防するという方法を確立したのです。このジェンナーの功績を称え、ワクチン(vaccine)という言葉は、ラテン語で雌牛を意味する”vaca”から名づけられたそうです。
 
そして、ジェンナーの発見から約200年後の1980年、世界保健機関(WHO)により天然痘の根絶が宣言されました。
 
***
 
さて、現在の新型コロナウイルスの感染拡大予防のための政策には、各国温度差があります。
 
ロックダウンと濃厚接触者の徹底追跡がなされる国々や、日本のように店舗営業と外出を自粛ベースで呼びかける比較的ゆるい政策。はたまた集団免疫の獲得を念頭においたほぼ野放しの政策。そして、やっとのことで抑え込められたと外出禁止令を解いた直後にクラスターが発生してしまう国々・・・。
 
世界は、感染拡大と経済への影響、どちらも抑えたいという相反する命題を同時に突きつけられ、模索を続けています。一日も早い抜本的解決策であるワクチンや特効薬の開発が望まれますね。
 
大卍犬太でした。