戸隠スキー場からの「長野県信濃美術館」

記事を読む

先日、「長野県信濃美術館 東山魁夷館」へ立ち寄って参りました。
(訪れたには3月初頭でしたので少し時間が空いてしまいました…)
 
なぜ、大阪市内の会社の大阪在住の社員がそんな遠方へ?って感じですか?
個人的な趣味ですが、冬場はスノーボードをするために福井・石川・岐阜・長野・まれに新潟・・・。と北陸方面へのスキー場へ毎週末のように往復しておりました。
 
togakushi
 
今回は、戸隠スキー場。
スキー場の規模は大きめで、斜度も変化に富んでいて面白いです。
毎年、行っていますが飽きないですね。
有名な戸隠そばのお店も点在しています。お蕎麦好きの方にもおすすめです。
あとは、戸隠神社に戸隠忍者・・・。
 
今回のスキー場のお話はここまでとして^^;
(私がスノーボードの話を語りだすとそれだけで終わってしまいます)
 
zenkoujiJPG
スキー場の帰りに善光寺へ観光してきました。
正しくは「友人が」ですが。
 
私はというと、友人を後目に善光寺から徒歩10分ほどの美術館を訪れたというわけです。
 
kaii_gaikanJPG
 
東山魁夷館では「風景との対話」と題された展示が開催されておりました。
(期間によって展示内容は変わります)
 
今回の主役である「東山魁夷」の簡単な説明を。
 
「東山魁夷」1908-1999
昭和から平成時代の日本画家。
結城素明に師事し、昭和8年にドイツへ留学。
数々の賞を受賞。静謐な風景画が印象的。
神奈川県出身。東京美術学校(現東京芸大)卒。本名は新吉。
 
とまぁ、ここでは略歴まで。
詳細な内容はグーグル先生の方が詳しいですのでそちらへお任せして。
 
正直なところ、東山魁夷の作品を私はあまり扱ったことがなく(高価な作品が多いです)、
今回の展示を見るまでは、名前こそ知っているが実物には馴染みがないという作家でした。
 
kaii
展示「風景との対話」だけあって、風景作品がメインです。
 
神秘的な自然の表現方法は実物の作品でみるとやはり圧倒されるものがあります。
「青」や「緑」の自然の美しさ、そして、そこに浮かび上がる「白」の雪を帯びた木々など、
見ていてその景色に引き込まれる感じは、実際に作品を観ないと伝わらないものだと思います。
 
今回の展示で面白かったのが「スケッチ・下図」です。
 
魁夷以外の日本画家も作品を完成させる前にスケッチや下絵を書く場合は多いです。
ですが、大抵の展示は本画のみか、下絵が一点あれば良いほうではないでしょうか?
一つの作品に対して、スケッチ・写生が数点、小下図、大下図と展示があったのはとても興味深く、また、作者の作品を描く際の考えや迷い、拘りを垣間見ることが出来ました。
 
魁夷の作品を購入するとなるとそれ相応の金額を覚悟しなければならないですが、
こういった美術館で作品を見るだけでしたら、非常にリーズナブルです。
自然風景の絵が好きな方には特に実物を見て頂きたい!お勧めしたい作家です。
 
長野県信濃美術館以外にも実は魁夷の作品を展示している美術館は幾つかありますので、
機会がありましたら、是非!
 
長野県信濃美術館 東山魁夷館
http://www.npsam.com/
 
戸隠スキー場
http://www.togakusi.com/

,

~Nの休日~ 広島・福山の新スポット神勝寺「禅と庭のミュージアム」

記事を読む

こんにちは!担当のNです。
 
さて今日は、私のある休日をお届けます。
実はこの夏に運転免許を取得した超ペーパードライバー。
練習がてらのプチ旅行ですヽ(^o^)丿 不慣れな運転に内心かなりビビりってましたよ…
それはさておき、今回の目的地は広島県の福山です。いざ出発!
 
~~高速にのり運転すること3時間~~
 

広島・福山の新スポット神勝寺「禅と庭のミュージアム」へ行って参りました。
上の画像をクリックで公式HPへ飛ぶことができます。
 
 

 
約7万坪もの広大な敷地で、お庭の散策をはじめ、座禅や写経の体験、白隠禅師の禅画の鑑賞などなど。
禅と聞くとかたっ苦しいイメージが(・。・; そんな方も気軽に禅の世界を体験できるスポットですよ。
 
いざ境内を散策!
色づく紅葉が映えるお庭を見るやいなや「紅葉すげー!めちゃきれい!庭ひろっ!」もう語彙力のなさ丸出しで連呼・連呼・連呼(汗)
言葉では伝わらない美しさがドーンと入ってきてテンションのあがります。
 
 
▼ここからは私の拙い説明ではなく、写真でどうぞ!▼
 
 

 
そして、、、
今回、一番の楽しみにしていた白隠禅師のコレクションが並ぶ「荘厳堂」へ!
所蔵する約200点のコレクションから常時30~40点ほど入れ替えで展示されているようです。
白隠といえば躍動感あふれる達磨(ダルマ)でしょう!もちろんたくさん見てきましたよ(^o^)
どれもユニークで笑みがこぼれてしまいそうな作品ばかりです。
 
【白隠慧鶴】
臨済宗中興の祖と称される江戸中期の禅僧。
妙心寺派・大徳寺派にあたる大応派、「応燈関一流」の法脈に連なりながら独自の禅風で知られた。
独特の書画はのちに禅画と呼ばれる禅僧余技画の先駆者としても評価が高く、釈迦や達磨、菩薩などの仏教的なものに留まらず、七福神やお福など庶民信仰にもとづくもの、また猿や鼠を擬人化したものなど様々です。
 

作品の説明もわかりやすくスーッと自分の中に入ってきた気がします)^o^(
そしてZENの世界は奥が深いなーとしみじみと感じました。
 

 
お餅を食べて一息。自然のなかで食べるとより一層うまいっ!
 
 
さて今回の旅は広島県の神勝寺をご紹介しました。いかがでしたでしょうか?
運転に不慣れなたんとうは終始落ち着かない様子でしたが無事に帰阪できてホッとしております^_^;
 
今回は滞在時間が短く境内のすべてをご紹介することはできませんでしたが、
日常をリセットし、自然のなかで禅の世界とアートを堪能できるスポットとしては必見ですよ!
 
縁ではZENの世界を南船場からインターネットを通じて世界へ発信しています。
禅語をはじめとした作品も数多く取り揃えておりますので「これから禅を学びたい」という方も気軽にご購入いただけます。
 
【 縁 eBay store】
https://www.ebay.com/sch/en-corporation/m.html?isRefine

 
ご不明な点などございましたら、お気軽にお問合せください。
 

では本日はこのへんで。次回の更新もお楽しみに~♪担当のNでした。

おうちで絶景を楽しもう!版画でエア旅行

記事を読む

こんにちは!バイヤーMです。
 
私達が取り扱っている絵画、掛軸には、その場の風景を切り取った作品が多数あります。
 
飾るとその場所に行った気分になったり、作品の場所に行ったことがある人は懐かしむことが出来ます。これから下記のような風景を切り取った作品を紹介していき、旅行気分を味わって頂きたいと思います。
 
今回は、京都の法観寺の、八坂の塔周辺の風景です。
 
作者は、井堂雅夫先生。
作品名は 「八坂の夏」で、木版画作品です。
八坂の夏
八坂の塔周辺には、京都らしい風情をしたお店が多くあり、観光を楽しむことが出来ます。
また、有名な清水寺も近くにあります。
お寺巡りをし、近くのカフェでゆっくりするのも良いですね。
 
画題の話に戻ると、民家?宿?の二階の窓から見た八坂の塔の風景に見えます。
中々難しいと思いますが、作品と同じ場所を探し、そこから八坂の塔を眺めて見るのも一つの楽しみ方だと思います。
絵画はいろんな楽しみ方が出来るので楽しいですね。
 
これから別の楽しみ方も見つけたいと思いますし、たくさんの方の楽しみ方を聞き、面白い楽しみ方があればまたブログ、SNSで紹介していきたいと思います。

鬼滅の刃・小噺 その① – 鬼滅の神仏

記事を読む

こんにちわ。バイヤーA です。
 
今までは出張が多く、ほとんど家に居ない事が多かった私ですが、最近は家族と一緒にステイホーム活動しています。
 
そんな時に小学生の息子と娘が「このアニメを一緒に観たい!」と勧めてきたので普段アニメはあまり見ないのですが、一緒に観てみる事にしました。「鬼滅の刃」という少年漫画です。主人公達が鬼を討ち払うストーリーで、今とても人気があるみたいですね。
鬼滅01

(出典:「鬼滅の刃」公式ポータルサイト)

 
今も昔も私達日本人にとって「鬼」は身近な存在で、人々は病魔退散・邪気払い・厄難除災の為に神仏に願い、そして掛軸に描き、それらを退けてきました。
 
江戸時代以前からも多くの神仏が描かれており、先日別のスタッフがこちらのブログで紹介した「鐘馗」もその代表格です。もう一人、忘れてはならないのがお不動さんの名前で親しまれている「不動明王」です。
不動明王01
不動明王は、五大明王の中心となる存在で、大日如来の化身であり「厄難除災の仏様」と言われています。
 
災難を砕いて魔を取り除き、苦悩に立ち向かう勇気や迷いを断ち切る力を与えてくれます。
邪気を降伏させる為、鬼の様な憤怒の形相で常に火焔の中にあり、その燃え盛る炎であらゆる障害と一切の悪を焼き尽くします。また、厄難除災だけで無く、出世や勝負事・商売繁盛の成就のご利益もあります。
 
どんな人でもご利益のある仏様ですが、とくに辛いとき、逆境を乗り越えたい時にお願いと勇気が頂けるのではないでしょうか。
不動明王02
今、多くの神社仏閣で「コロナウイルスの終息を願い…」祈祷や沈静法要が行われています。
 
どうかこのような皆様の願いが届けられ、一日も早い終息が迎えられるよう、私も願っております。

一禅一悟(2)

記事を読む

こんにちは!縁の某です。

 

今回も禅語の解説、「一禅一悟」です。

 

1

今日の言葉は・・・「三級浪高魚化龍」(さんきゅうなみたこうして うおりゅうとかす)です。

 

中国最古とされる王朝、夏王朝を開いた兎(う)が、黄河の治水をした際、龍門山に三段の爆布ができました。これを見事に登り切った鯉が龍になるという伝説からきた言葉です。目の前に立ちはだかる難問に挑み、それを超えたものが到達する境地があるのだ、という教えです。

 

端午の節句に立身出世を願って鯉のぼりを立てるのは、ここからきています。また、後漢書・李膺(りよう)伝の中に、若手官僚の登用を図った李膺が行った厳正な試験に合格した者を「登龍門」と呼ぶとあり、ここから登竜(龍)門という言葉ができました。

 

端午の節句や、誕生・出世・栄転などの茶会に掛けられる言葉です。

 

http://page3.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/c552716586

 

 

 

“One Zen word, one enlightenment” by En corporation

 

Zen words are master’s invent to give hints to disciple as a chance of spiritual awakening.

En will help your enlightenment (?) by giving you a short explanation of Zen words.

 

Today’s word is “三級浪高魚化龍” (Sankyu Nami Takoshite Uo Ryu To Kasu).

 

“Fishes which swim up a three-stage waterfall become dragons.”

 

This phrase is based on a legend recorded in Houhan Shu (The History of the Late Han Dynasty)of China. When Yu who was a legendary emperor of Xia Dynasty executed flood prevention for the Yellow River, a three-stage waterfall was created at Longmen mountains. A lot of fish tried to swim up the waterfall but only carp could finish and thus became dragons. It teaches that there is a state of mind which only those who practised hard could reach.

 

Japanese custom of decorating Koinobori or carp streamer for Boy’s Day celebration in May to wish for the healthy growth of boys is based on this legend.

 

This scroll is often hanged in May or at tea ceremony to celebrate birth, success in life, or promotion.

 

http://www.ebay.com/itm/252360712284

,

「冬が寒くって 本当に良かった」~和歌山へみかん狩り~

記事を読む

「冬が寒くって 本当に良かった」
そんな曲が似合う季節がやってきましたね!
 
バタバタと忙しい12月ですが、週末は和歌山へ遊びに行ってきました。
お天気もよくドライブ日和!
 
車内カラオケを楽しんでいたらあっと言う間に到着!
 

 
友人との待ち合わせ場所は「エバーグリーン」と言うスーパーでした。
和歌山ではこのスーパーが至る所にあって、どのエバーグリーンか探すのに迷いました。
 
無事合流し、メインイベントのみかん狩りへ!!
 

見渡す限りみかん!みかん!みかん!
寒さも忘れて、みかん狩りを楽しみました
 

 
もらった袋はパンパンになって、結局トロッコで運んでもらうレベルになりましたw
 

 
畑の方に、美味しいみかんの見分け方を伝授してもらいました。
見分け方のコツは、、、、内緒です♡ 


 
その場で、甘いみかんをたくさん食べてお腹いっぱいになったんですが、
最後に「焼みかん」を食べさせてくれて、クリビツテンギョウ!!!!
 
ほっかほかで香ばしくてめちゃくちゃ美味しかったです!!

みかんを焼くなんて、、
ちっとも思いつかない食べ方に感動しました。
 
 
私の会社では、掛軸やお茶道具など色んな骨董品を取り扱っています。
購入されたお客様の「骨董品」の使用目的も様々で、自由な嗜み方に勉強させてもらう毎日でございます。
 
みかんの食べ方にも、まだまだ新しい発見がある時代。
骨董の嗜み方は、さらにたくさん見つかりそうですね!
 
インスタグラムで
#フォトジェニックな骨董たち
と検索いただくと、
かわいい骨董品たちをご覧いただけますよ
 
@photogenic.kotto
「フォトジェニックな骨董たち」
次回の骨董市は2018年の春頃予定です。お楽しみに!!
  
 
担当 ☆冷子☆