たんとう、西洋画に目覚める?

記事を読む

みなさんこんにちは!ついにホームページのブログにも登場、フェイスブックのおちゃらけブログでおなじみの“たんとう”でございます。
このゴールデンウィークのできごとはフェイスブックのほうで紹介しておりますので、よかったらこちらも読んでみてくださいね♪

 

 

さてさてワタクシたんとう、ツイッターの更新などもコソコソとやっているんですが、今日はこんな絵がタイムラインに流れてきて「お?」となりました。

 

 

B20Qvt-CAAEviHw[1]

 

タイムラインをざ~っと流しているところだったのでそのときはちゃんと見てなかったんですよね。

 

よくよく思い返してみると、
(あれ?西洋画なのに床にお布団敷いてたな??なんか女の子しんどそうだった気がするしな。もっぺん見てみよう)

文面にコンスタンチン・フラヴィツキー『皇女タラカーノヴァ』(1864)とあったので早速検索。
するとこれ、床にお布団敷いてるんじゃなくてまさに洪水真っ只中でベッドのてっぺんまでお水が迫ってきているまさにその場面だったんですね。

 

検索結果にはこの絵が帯になったこんな本の紹介も。

 
20140902_1332441

 

 

おぉっ、おもしろそうっ・・・!!

 

 

作者の中野京子さんはロマノフ家の他にもハプスブルク家やブルボン王朝を題材にした12の物語シリーズ、怖い絵シリーズなど、歴史や謎解きを練りこんだ本をたくさん書いてらっしゃるようです。

 

名画で読み解く ハプスブルク家12の物語

 

 

これまで正直あまり西洋画には興味がなかったのですが、ちょっと興味のわいてきたたんとうです。

 

日本画ではよく風刺画や故事成語、縁起物を組み合わせたり、同じ内容の絵を何人もの画家がそれぞれの表現で描いたりしますが、西洋画ってそういう観点でいうと描くものの視点が違うような・・・?

 

美しさを追及しているという点はもちろん日本画だろうが西洋画だろうが共通している部分ですね。でもその内容としては、西洋画はもっともっと人間味を生々しく絵の具に塗りこめている気がします。しかもそれが風俗画でも風刺画でもなくて、生きている人間の正負の感情を美しさというキャンバスにドカーンと表現しているというか・・・わたくしたんとう、ただ今自分の語彙力の無さに打ちひしがれております。

 

中野氏の著書を読んだら、乏しい語彙力をどないか搾り出してまたブログにしますね♪(多分)

 

 

そうそう、よかったらツイッターもお付合いください!面白い画題をみつけたときや日常の何気ない一言、ぼちぼち~っと更新中です。
えんのツイッター

 

 

ではでは、よい週末を~!

,

Japanese art~Yumeji Takehisa~

記事を読む

Hello everyone!
How do you do? I’m a newcomer.
I’m glad to meet you in this blog.
 
(★This Japanese page is here! 日本語 Click!!)
 
 
Today’s topic is an art.
 
 
We deal with a lot of hanging scrolls and pictures in frames.
There are various kinds of Japan or of other countries.
I will introduce you a part of our items.
 
若草の少女1
(TITLE: “a girl of green grass”)
 
Do you know the person Yumeji Takehisa?
Looking at the picture, you may notice about him…
 
I’ll talk a little about Yumeji.
Please scroll the page.
 


 
Yumeji Takehisa (16/9/1884-1/9/1934)
He was born in Okayama Prefecture. He was a Japanese poet and painter.
He is representative of ‘Taisho Roman’.
‘Taisho Roman’ refers to a trend of thoughts or cultural events that convey the atmosphere of the Taisho period.
His real name is Shigejiro. He dropped out of Waseda Vocational School.
 
He was good at Bijin-ga (portraits of beautiful women) and also, he drew many illustrations in magazines and newspapers.
At that time, he was known as a painter of the new wave.
 
 
Point 1
The expressions which Yumeji used in his art works:
・the mood of Japanese people in the period
・the elements of romanticism of Fujishima Takeji and Aoki Shigeru
・aestheticism, retro-culture and exoticism
 
His life was to drift from place to place,
and so his works (Japanese painting/oil painting/watercolor painting/woodblock printing) expressed the nostalgia and the feelings of aspiration.
 
His poem ‘Yoimachi-gusa’ was set to a melody, became a popular song and was sung nationwide.
In 2002, it was used in commercial.
Have you watched the commercial? It was the alcoholic drinks’ commercial.
 
Yumeji was active in many spheres. He made a design of convenience goods and advertisements.
 
 
Point 2
His own romantic relationships had been used in many creative works.
 
Yumeji was in love with many women, for example Tamaki, Kasai Hikono and Sasaki Kaneyo etc…
He seems to have loved Hikono the most.
She passed away when she was 25 years old. (The cause of her death was tuberculosis.)
And thus he could not get over her death for a long time.
 
But his wife in the family register was Tamaki only.
 


 
All right, let’s begin this main subject!
Our company has dealt with the following works.
 
 
First, this picture is ‘Oto-shushoku(鴨東秋色)’.
 
It was made in the late Taisho period.
 
(※This photo is woodblock printing.)
鴨東秋色2

 
‘Oto(鴨東)’ is the east part of Kamo river in Kyoto.
Yumeji stayed in Kyoto for 2 years since the autumn of 1916.
It seems this picture was painted then.
 
Is this model Hikono?
I think it is a beautiful lady and has a fair complexion.
The belt of a kimono is cute!
I felt a little lonely from this landscape in autumn but I felt peace of mind from this beautiful lady!
 
 
Next, it is ‘Kurofune-ya(黒船屋)’ ,which is the most famous in his works.
‘Kurofune-ya’ means the black ship inn.
This work was painted in 1919.
 
(※This photo is woodblock printing.)
kurofuneya-yumeji
                            [Our company’s collection ASK]
 
Just like this, the lady’s body is showing loose S-shape.
This is the characteristic of Yumeji’s Bigin-ga.
The black cat’s body is limber too.
 
 
And one more thing,
There is such an item in our company too!

 
 
aa
                            [Our company’s collection ASK]
 
It seems to be a sketch book. This book has considerable pages.
 
You can see words that this book was painted at the temporary residence in Hanasaki-cho, Yokohama when Yumeji was 30 years old in 1914.
 
yumejibook
 
Is this designs or rough sketches of magazines?
 
It is believed that Yumeji had a habit to keep a sketch painted at the moment of inspiration and when seeing things with his eyes.
Perhaps this book may be a part of his works…! (But the details are unclear.)
 
a
 
Many women were painted.
There is a tired woman in this book.
 
 
Turning up a pages steadily,
I found it.

 
 
b
 
You can see English words. Is it an item for foreign countries?
There is the theme of baseball in the upper left-hand corner of the photograph.
Can you see an English sentence “Sliding to second base, Safe?”?
It seemes that the steal succeeded!
 
 
There are many things that I still want to tell you,
but that’s enough for today.
 
 
 
Yumeji’s works were left as lithographs and woodblock prints.
If you are interested in them, please do have a look this page.
 
★This page is our store page.
https://stores.ebay.com/en-corporation/_i.html
 
Would you like to participate in auction?
 
 
Now, my desk is filled with Yumeji(‘s books).
I may have got to know more about him…
 
Thank you for reading our blog until the end.
image1
 

,

春の遠足〜京都へ〜

記事を読む

こんにちは。縁のブログ更新です~
 
先日、友人と春の京都へ行きました。
京都は、なんだか「また行きたいな」と思える場所ですよね。
電車もバスもあって京都市内はとっても移動が便利ですが
これくらいなら〜と思い、ついつい歩き回ってしまう担当tsunです。
 

今回は、住所でいうと東山区。観光名所が多いスポットです。(ex.清水寺や八阪神社など)
六波羅蜜寺→三十三間堂というコースでいきました。
上記写真は、ふらっと立ち寄った豊国神社の桜(^^♪
河原町からちょっと東に歩いて、京都駅の方へ南下して向かうイメージですね。
 
 
さて、まずは真言宗の六波羅蜜寺へ!
 
京の町を友人と話しながら歩いていると、体感時間が短い!
私、こちらの六波羅蜜寺は初めてでした。
お寺に入ると、団体の観光客の方もちらほら。
まず目に入ってくるのは、こちら!!
 

ずんっ!!!!
「十一面観音立像」です。
ちょっとアップで撮りすぎましたかね?笑
なかなかの大きさです。
こうやってまじまじと見ると仏像ってかっこいいっ!
 
天気のいい日でしたので、観音様もツルッとして見えますね。
十一面観音像は、国宝になっているものもありますし、掛軸の画題にももちろんあります。
 

六波羅蜜寺で有名なのは、空也上人像ですね。
そして、平清盛像も有名。こちらは宝物館に入ると、見ることができました。
空也上人は、この六波羅蜜寺の開基者とされています。
口から南無阿弥陀仏と念仏を唱えている様子は、皆さん歴史の教科書で一度は見たことがあるのではないでしょうか。
平清盛像は、歴史上の人物として、傲慢な人というイメージがありますが、ここの像を見ると、とても穏やかな表情です。(宝物館内の撮影はNG。百聞は一見にしかずと言いますし、ぜひ行ってみてください)
その他にも平安鎌倉時代の仏像を見ることができます。
 
美術館に行くことはあっても、仏像をメインで!ということが今まであまりなかったので新鮮でした。
ちょっと仏像のおもしろさに気づけてきたかも…!
 

テクテクと歩き、桜がきれいだったので、ふらりと「豊国神社」へ。
あの豊臣秀吉が祀られています。
 
そしてようやく、蓮華王院三十三間堂へ。
京都国立博物館にはよく行きますが、お向かいの三十三間堂には実は行ったことがなかった担当です。
館内は靴を脱いで、しまっておく靴箱まであり、きれいに整備されていてびっくり!
 
本堂へ入って、すぐにまたびっくり!
ずらーーーーーっと並ぶ千体の千手観音立像と千手観音坐像。
それはそれは見事なものです。
1001体ご本尊ですって。それぞれよく見ると、表情が全然違います。
 
(写真撮影はこちらもNGでしたので、実際に行って感じてください!ぜひ!回し者ではありませんよ。笑)
1001体の他にも、前列には、風神・雷神像や、大体がインド起源の28体の仏像(毘沙門天など)が立ち並んでいました。
 
拝観料600円を悠々と超える満足感でしたが、実は、千手観音像は1001体揃って見ることはなかなかできないそうです。常に修復や美術館へ貸し出されているのだとか。
一度は、揃っているのを見てみたいですね。
 
最後は京都駅でお茶してこの日は閉幕。
長くなりましたが、最後までご拝読いただき、感謝ですm(__)m
みなさんもふらり、京都へ行ってみてください。
結構歩いて、いい運動にもなりますよ~。最近は素敵なカフェもありますし(^^)
私は、京都に限らずですが、他にも仏像を見にいこうかと思案中です~。
あ、普段扱っている掛軸の作者のゆかりの地に行くのもいいですね~。
 
それではまた。
担当tsunでした。

かけじく画題うんちく 【五月掛け ~ 騎馬武者図 源義家】

記事を読む

バイヤーA です。
もうすぐ5月ということで、五月掛けの画題としてよく描かれる「源義家」の図について解説します。
 
【源 義家】(みなもと の よしいえ)
平安時代後期の武将。
八幡太郎(はちまんたろう)の通称でも知られる。
後に鎌倉幕府を開いた源頼朝と室町幕府を開いた足利尊氏などの祖先に当たる。
 
源氏の英雄・源義家は掛軸の画題として頻繁に描かれています。
多くは馬に跨り大弓持ち。
一騎で描かれている時と共を連れている場合もあります。
 
源義家01
 
源義家02
一人で座しているバージョンもありますね。
 
源義家03
掛軸に描かれている侍としては他者を寄せつけ無い程、圧倒的に出番が多いです。
「掛軸の侍=源義家」と思っていただいても良いくらい…。
 
部類の強さを誇った軍神は縁起の良い画題とされ、五月掛けは勿論、「勝運」の験担ぎとして通年掛けられる画題としても床の間に飾られて、日本国民に長年愛されています。
戦前までの時代で掛軸がまだ多くの家にかけられていた頃には、一家に一幅はあったのではないでしょうか。
 
源義家04
五月兜も義家のモデルが基本。一度は見た事があるかと思います。
 
それほど有名で沢山の画家が描いた侍が「源義家」です。
一幅は持っていたい画題の掛軸と言えますね!

おうち時間にお花を添えて – ハナミズキ

記事を読む

こんにちは。
担当のC・Kです。
 
皆さまいかがお過ごしでしょうか?
自粛期間中、運動不足解消の為に散歩に出かけていましたが、ふとこちらの花をよく見かけました。
 
なんのお花かご存じでしょうか?
ハナミズキ01
正解は ハナミズキ です。歌手一青窈さんの有名な曲もありますね。
 
色はこちらのピンクのほかに白や赤があります。花のように見えますが、これは実は、総苞片 (そうほうべん) と呼ばれる葉っぱ。春に大きくなり、色づきます。一番の見頃は4月中旬~下旬です。
 
また、10月頃にむけて赤い実をつけ、晩秋には紅葉を楽しむことができます。
ハナミズキ01
この花について調べてみると、原産国は日本ではなく、北アメリカでした。
 
ハナミズキは、1912年、当時の東京市長・尾崎行雄がアメリカ・ワシントン市の親日家たちにサクラの苗木を送った返礼として、1915年に日本に送られたそうです。別名を アメリカ山法師(やまぼうし)と言い、アメリカから渡来したときに、日本の山法師に似ているのでとりあえずこの名前がつけられたようです。
 
西洋では、ハナミズキについてこんな伝説が語られています。
 
ハナミズキはイエス・キリストを磔にする十字架の材料にされたといわれています。昔、太くしっかりした幹だったそうです。ハナミズキの木はそれを深く悲しみました。すると、その後、今のように幹は曲がって細くなり、総苞片は十字架の形、中央の花はイエスの冠のように、実はイエスの血の色の赤となったそうです。
 
今も伝説を人々に伝えているのです。
 
このように、日本だけでなく、アメリカでもハナミズキは愛されているようですね。

コンビニスイーツ×骨董 – ファミリーマート その2

記事を読む

コンビニスイーツ×骨董 – ファミリーマート その2

海外からも評価が高いというコンビニスイーツ骨董に盛って、さらに美味しくいただいちゃおう企画☆
 
【コンビニスイーツ×心斎橋暮らしのこっとう】 ファミリーマート 第2弾です!
 
心斎橋暮らしのこっとう×ファミリーマート2
☆黒みつしみうま生どら焼 with
☆ファミマのNEWアイスコーヒー
 
心斎橋暮らしのこっとう×ファミリーマート2
いつ行っても売り切れだった大人気の生どら焼、ようやく買えました〜!
 
心斎橋暮らしのこっとう×ファミリーマート2
たっぷりのクリームとあんこに大満足。
しっとりした生地に黒蜜がしみしみで、甘くて本当に美味しいです♡
 
心斎橋暮らしのこっとう×ファミリーマート2
ごちそうさまでした♪
 
 
使った器はコチラ↓↓↓
 
心斎橋暮らしのこっとう×ファミリーマート2
▲商品詳細▲
江戸後期 伊万里 金彩色絵 白鷺と花 五寸皿
φ15.4×h3.3cm @ 2,500円(税込) <在庫3>
 
心斎橋暮らしのこっとう×ファミリーマート2
スイーツを食べたらちょっとアンニュイな白鷺ちゃんがお目見えの五寸皿。
まわりのお花と金彩がより白鷺ちゃんを引き立ててますね。
 
心斎橋暮らしのこっとう×ファミリーマート2
心斎橋暮らしのこっとう×ファミリーマート2
心斎橋暮らしのこっとう×ファミリーマート2
 
商品にご興味あればご連絡くださいね。お取り置き、発送可能です。
過去のブログで気になった商品も、お気軽にお問い合わせください。
 
心斎橋 暮らしのこっとう
電話:06-6251-1355
フォーム:こちらまで
 
商品販売ページでは他の器も販売しております。
こちらもお電話かメールで受け付けておりますので、お気軽にご連絡ください。