幸運をもたらす神獣、四霊

記事を読む

皆様、いかがお過ごしでしょうか?担当のC・Kです。
 
いったん収まったと思われたコロナが徐々に猛威を振るい始めています。
このようなときは自分と家族、友人など大切な人の無事を祈って思わず神頼みをしてしまいますね。今回は、そんな神様ではないですが、少し関係ある神獣についてのお話です。
 
突然ですが、皆様は『四神(しじん)』をご存知でしょうか?
 
東西南北、各方位を司る有名な神、神獣です。
それぞれ、東の青龍西の白虎南の朱雀北の玄武を指します。
元は中国から伝わったものですが、日本でも多くの人に信仰されています。最近では、ゲームや漫画にも登場するので、ご存知の方も多いと思います。
 
では、『四霊(しれい)』をご存知でしょうか?
 
四神と同じく、想像上の四体の神獣ですが、ややマイナーかも知れませんね。正確にいうと中国の古い書物『礼記』(儒教において最も大切な書物、五経のひとつ)に記された、四体の神秘的な動物のことをいいます。四瑞(しずい)ともいいます。
 
それぞれ・・・
 
麒麟(きりん)
 
動物園にいる首の長い動物ではありません(むしろこちらはこの麒麟に似ているとされ、名づけられました)。鹿の体、龍の顔、馬の蹄、黄金の体毛を持った一角獣です(2、3本の角を持って描かれることもあります)。某ビール缶でご覧になられた方が多いと思います。
 
麒麟
 
鳳凰(ほうおう)
 
梧桐(日本ではアオギリ)に住み、五色の羽を持っている鳥です。実は花札の12月の月札に登場します。
鳳凰
霊亀(れいき)
 
仙人たちの桃源郷である蓬莱山を背負った大きな大きな亀です。
霊亀
応龍(おうりゅう)
 
蝙蝠、もしくは鷹の翼を持つ龍です。
霊亀
それぞれ略して、麟(りん)、鳳(ほう)、亀(き)、龍(りゅう)とも呼ばれます。
 
『四神』が方角を司る守護神であるのに対し、『四霊』はこの世のあらゆる動物たちの長とされています。『四霊』という言葉に「霊」という漢字が使われているので幽霊的な怖いものを連想してしまった方もいると思います。しかし、この「霊」は幽霊的な意味ではありません。
 
あらゆる物の中で最も優れたものをさす言葉で「万物の霊長」という言葉があります。『四霊』の「霊」もこれと同じで、あらゆる動物たちの中で最も優れた力を持つという意味になります。
 
つまり、『四霊』は 何か善いことが起こる前兆、吉兆の徴となるような特徴をもつ伝説上の動物たち のことを指すのです。『四霊』の中でも特に、麒麟と鳳凰は優れた治世に現れ、見た者に幸運をもたらすとされています。
 
このブログを読んでくださった方々にも幸運が訪れることをお祈りしています。
 
 
最後に、弊社のホームページでは現在、浄光鶴亭作『桐鳳凰図』 を掲載販売しています
(販売ページ:https://www.art-en.jp/hp047/)。
 
浄光鶴亭の鳳凰図は2016年に開催された展覧会「わが名は鶴亭」に展示されました『桐に鳳凰図』宝暦三年九月(個人蔵)の他には確認されていません。かなり貴重な作品となっています。
 
ぜひ一度、ご覧くださいませ。

,

おみくじ引きましたか?

記事を読む

こんにちは!
大吉を引けない男、【きち川】と申します。
 
皆様はお正月におみくじを引きましたか?
僕は今年も大吉を引くことが出来ず、
「半吉」という中途半端な結果に終わりました。。。
 
さて、冷静におみくじを見つめていると
「半吉」とは何番目に有難いおみくじなのか?という疑問が湧いて来たので
本日はおみくじについて調べてみました!
 

 
《順番と区分け》
 
【大吉・吉・中吉・小吉・凶】等の吉凶の語で表されます。
この順で運勢がよいとするのが基本ですが「大吉」の次を「中吉」としたり、
区分けを増やして
【大吉・吉・中吉・小吉・半吉・末吉・末小吉・平・凶・小凶・半凶・末凶・大凶】
とする神社も存在します。
 
うーん、やっぱり「半吉」は中途半端ですね(°▽°)!
そして「吉」は以外と有難いおみくじだったのですね、、、
中位なのだと、完全に侮っていました٩( ᐛ )و笑
 
さらにさらに!
【大大吉(大々吉)・大大凶(大々凶)】
大吉を細分した
【向(むこう)大吉・凶後(のち)大吉】
吉凶の変動が大きいことを示す
【未分(いまだわかれず)・吉凶未分・吉凶交交(こもごも)】
がある神社もあるそうです!!
 
※みくじ箋の吉凶の量の比率は、神社仏閣によって様々であり、近年は凶を減らしたり、なくすところもあるとのこと。
 
優しい気遣いですね♪♪
是非とも大吉を増やして欲しい、、、(*゚▽゚*)笑
 
 
《おみくじを引いた後》
①結ぶ
引いた後の神籤を、境内の木の枝などに結ぶ習慣がありますよね。
「結ぶ」が恋愛の「縁を結ぶ」に通じることから江戸時代から行われ、その後、神様との「縁を結ぶ」として木に結びつけられるようになったそうです。
 
※「凶のおみくじを利き腕と反対の手で結べば、困難な行いを達成つまり修行をしたことになり、凶が吉に転じる」という説もあるそうです!
 
②持ち帰る
カバンやお財布に入れて時々見返すと良いそうですね♪♪
 
③もう一度引く!笑
すぐさまおみくじ売り場に引き返すのはNGです( *´艸`)
 
しかし!!
日を改めれば、引きなおすことは何の問題も無いようです(((o(*゚▽゚*)o)))
 
おみくじの有効期限は
「自分の解釈次第」なのだそうです♪♪
気を引き締めて、後日挑戦しましょう\\٩( ‘ω’ )و ////
 
 
調べてみるとおみくじの世界は奥が深い。。。
知らないことを知るのは楽しいですね(*゚▽゚*)
 
今後は掛軸の画題等、身近なテーマについて調べていこうと思います!
 
 
以上、担当の【きち川】でした。

落款一問一答 【木村松亭】

記事を読む

弊社バイヤー山中による、『落款一問一答』講座!
今回のお題は【木村松亭】です。
 
落款一問一答 木村松亭
 
村の「寸」。
気を付けの状態から両腕を真横に横に広げて、右手をぐーっと上から左へ伸ばす感じ。
 
落款一問一答 木村松亭
 
松亭。
松は「木」の上に「公」がきています。松はパーツが上下になりがち。
 
亭は口が下にめり込んでいます。
 
 
こちらの掛け軸はブログでも紹介しています。ぜひ、全体図をご覧ください。
<木村松亭> 阿波踊り図
 
販売はこちら。
商品販売 <木村松亭> 阿波踊り図
 
販売は現在、メールとお電話にて受け付けております。お気軽にご連絡くださいませ。

期間短縮した「ゴッホ展」に想う – 世界に影響を与えた葛飾北斎

記事を読む

スタッフの C・K です。
 
数年前、アメリカのライフ誌が選んだ「この1000年で最も重要な功績を残した世界の人物100人」に載った唯一の日本人葛飾北斎が話題になりました。
 
美術界に名を遺す芸術家たちは、北斎の絵をまねて絵を描いたり、インスピレーションを受けて作品を世に残しました。昨今のコロナウイルスの影響で期間短縮に追い込まれた展覧会「ゴッホ展」のフィンセント・ヴィレム・ファン・ゴッホ も、葛飾北斎に影響を受けた一人です。
 
見比べてみましょう。
 
まずは、葛飾北斎の名所浮世絵揃物『富嶽三十六景』全46図中の1図、「神奈川沖浪裏」(かながわおきなみうら)。
神奈川沖浪裏
そして、ゴッホの『星月夜』です。
星月夜
少しわかりにくいですが、富士に覆いかぶさろうとする波の感じと『星月夜』のうねるような空が似ています。
 
他にも、葛飾北斎から影響を受けた画家、作曲家は多数います。
 
しかしながら、先ほど載せた「神奈川沖浪裏」が含まれる『富嶽三十六景』に最も影響を受けた人物といえば、アンリ・リヴィエール という画家でしょう。
 
アンリ・リヴィエールはフランス出身のポスト印象派の画家です(ポスト印象派についての説明はまずおいておきます)。日本では「フランスの浮世絵師」と呼ばれているそうですが、あまり知られていません。
 
彼は「エッフェル塔三十六景」というものを製作しています。
エッフェル塔三十六景01
こんなものや・・・・・
エッフェル塔三十六景02
富嶽三十六景を見たことがある人なら既視感を覚えることでしょう。
フランスの象徴、エッフェル塔を、富岳三十六景の富士に見立てたのですね。
 
また、北斎の富嶽三十六景は、描かれた富士のほかにもう一つ富士の形を作った対比構図で有名ですが、こちらの作品にもエッフェル塔の形が見られます。船のレッカーやエッフェル塔から漏れ出た光の線です。
 
まねて描かれた作品の対比はとても面白いです。どんな構図をまねたのか、アレンジした部分はどこか見ていると飽きません。
 
浮世絵好きの方は、ご自分の好きな絵図がどんな風に真似されたか対比してみてはいかがでしょう?
全国の美術館の再開も間近と期待しつつ・・・

たんとうの夏、日本の夏。

記事を読む

最近睡眠の質が悪く疲れ気味のたんとうです・・・。寝てる間の室温管理って難しいですよねえ。

 

昨日は弊社の程近くに位置する難波神社にて、恒例の氷室祭が催されていたのでコッソ~リ楽しみに行くつもりだったのですが、、、

 

嗅ぎ付けた我が社の社員。

 

 

ある者は仕事を持ち越して。

 

 

一同、とつげき~!!!

ad68957fefd5e4e60201fc7785ea734d[1]
まずはこれですよねえ♪

外で食べるジャンクフードは格別であります。

 

そうこうしていると、特別ステージで和太鼓の演奏が始まりました。

 

 

たんとうも大大だーい好きなノーベルの「男梅」のCMは、毎年氷室祭で奉納太鼓をされている、この「倭太鼓飛龍」さんなんだそうです!!

 

 

テレビをつける習慣がない我が家なのでCMを見たことはないのですが、それを聞いて勝手に親近感が沸くたんとう。

 

ちなみに株式会社縁の社長および専務も男梅の大ファンで、会社のお菓子ボックスには常に男梅シリーズが陳列されております。ありがたや~

 

もう彼ら、とにかくカッコエエんです。

写真 2016-07-21 19 27 15

女性もかっこええ。

 

 

 

写真 2016-07-21 19 40 36

素敵なお背中の男性陣・・・

 

 

 

写真 2016-07-21 19 46 03

タオルは持ってますか~!?と観客を楽しませる演出も。

 

b46266e213693d2aa8a656252ac24260[1]

 

 

なんとフィナーレは太鼓に乗るッ!

余談ですが、学生時代は吹奏楽部に所属していたたんとう。とある学校で演奏された曲で和太鼓が使われていて、この長ーい撥で叩く和太鼓の音がなんとも言えず好きだなあと思った記憶が蘇りました。

 

演奏中しつこく「かっこいい・・・ああ。。。かっこいい・・・・・」と呟き、同行した家人に白い目で見られるたんとう。

 

それになんといっても、夏の夕方に暑さの残る空気の中、神社から響く太鼓の音。これ、これ、これですよ。暑いのも人混みも苦手だけど、神輿や地車、太鼓に笛の音、威勢のいい掛け声・・・心ときめかずにいられない私は結局お祭り女なのかもしれませんな。

 

 

古いものが廃れていく時代でも、こういうのを好きだなあと感じる日本人の心は廃れないものなのですね。難波神社なんか特に、御堂筋という都会のど真ん中に位置する神社ですから、行事なんかを見ていると現代と歴史が交わる神秘的な場所だなあと感じます。

 

きっと骨董もそうなんです。小さな豆皿を手にとって眺める。それだけで、その手の中には歴史が交錯し現代と過去のヒトの思いが出会う、素敵な空間になっている。もっと沢山の人に感じて欲しいなあ。

 

pics[1]

 

たんとうの今夏目標完遂にはあと、浴衣・花火・蚊取り線香!

夏は苦手と言っておきながらしっかり楽しむことは忘れないのです。

 

 

 

 

,

アートな旅 in New York!!

記事を読む

こんにちは!
 
最近少しずつ寒さが和らいできましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか?
暖かくなってきたせいか、毎日眠気に襲われる担当nyanでございます。
 
さて、今回は私の旅のおはなしをさせていただきます。
昨年の秋にはなりますが、ニューヨークの旅に出かけました!
ずっと憧れていた街に行くことができ、感無量!
食と食と食と…観光にアート、お買い物と満喫してまいりました(^^)
 
その中でも美術館はニューヨーク近代美術館(MoMA)へ。
 
MoMAへ向かう地下鉄からもおしゃれな道案内が。

 
入口もガラス張りでスタイリッシュ!
様々な言語の「ようこそ」の文字も絵になります。

 

 
まず現れたのは巨大なクモのオブジェ。

上の方にいる小さいクモは2階の窓から覗けました。
ユニークな展示ですね。

 
2階にはグリーンのかわいいヘリコプターも。
1946~1973年にアメリカで生産されたヘリコプターで、この年代のミッドセンチュリーなモノが私の大好物です。

 
3階が改装中だったようで、お目当てのアンディウォーホルが見つけられず…悔しい!
その上の階には紹介しきれない程の名画が展示されていました!
どれもこれもガラスの向こうではなく、目の前で見ることができ、
全館写真OKなのもうれしいポイントです。
 
ゴッホの「星月夜」

 
ピカソは他にもいろいろな画風の作品が展示されていました。

 
MoMAといえば、ヘンリマチスの「ダンス」

 
ポロックの「One:Number 31」
有名と知らず、友人の服と柄がかぶってる!と撮りました…(^^;)

また、6階では『Items:Is Fashion Modern?』と題したファッションの特別展が行われていました。
今までのファッションの名作のアイテム達が展示されていて、ファッション好きな私にとってはたまらない展示でした。

 
最後は素敵な中庭で休憩。まさに都会のオアシス。

 
夕方頃MoMAを出ると、大行列が!
この日は金曜日だった為、UNIQLO FREE FRIDAY NIGHTS で、17時からの入館は無料となっていました。
さすが世界のユニクロ!

 
2時間くらいかなと予定を立てていましたが、思った以上に隅々楽しめたので4時間ほどたっぷりとMoMAを堪能しました!
 
ニューヨークは美術館だけではなく、歩いているだけでもアートがたくさんあり、カメラを持つ手が止まりませんでした。
その紹介はまたの機会に。