骨董の「紫」②

記事を読む

バイヤーAです。
 
もうひとつ、骨董界で 「紫」が印象的なのは 茶道 でしょうか。
茶道といえば 大徳寺 が頭に浮かびます。
今回は、茶道と密接な関係のある「大徳寺」にまつわる「紫」を紹介します。
 
禅で有名な大徳寺は「大徳寺の茶人面」と称され、茶の湯と大徳寺の関わりはかなり深いです。
大徳寺
大徳寺は京都の「紫野(むらさきの)」にあります。平安時代は貴族が狩りをする場だったのですが、紫野の名称の由来は、むらさきの染料として用いられた紫草が多く自生していたことから、らしいです。
 
そんな大徳寺関連の掛軸には、かならず…「大徳寺派 ○○」「前大徳 ○○」「紫野 ○○」と、老師のお名前の前に位が付きます。
紫野01
紫野02
「紫野」昌道 とあります。
前大徳01
前大徳02
こちらは「前大徳」大徹… ですね。
 
大徳寺派→前大徳→紫野 この順に位は上がり、掛軸の価格も上がります。
 
そして、同じ塔頭(たっちゅう)なら、老師のお年が高い 方が、また歴史的に、より「茶道」と縁の深い塔頭 の方が、価格が高くなります。お軸の状態や他にも多くの事が関係すると価格は変わりますが、「位」だけで新品の物に限りシンプルに判断すると、上記の順になります。
 
最高位は、やはりムラサキの「紫野」。
 
京都の「紫野」には平安京以前から疫病を鎮める為に疫神を祀る神社仏閣が多くあったとされ、現在に至るまで疫病退散の神として崇められています。やはりムラサキの地は古より、疫病を鎮め、邪鬼を払う土地だったのでしょうね。
 
「紫」に関して二話続けてお話させていただきましたが、次回は依然人気の「鬼滅の刃」に戻りたいと思います。漫画の連載が終了したものの、お菓子や関連グッズが巷に増えてきて子供達に財布を狙われている日々です…。
 
それではまた。

,

オデ子の初めて♥クリスマス

記事を読む

気温もぐっと下がって、いよいよ年末ですね。
クリスマスも終わりましたが、わたくしオデ子は今年、初めてをたくさん取り入れたクリスマスでした。
 
 

☆おうちでクリスマス☆
 
毎年小さなパーティーをするのですが、
今年のお料理はナント!ホームベーカーリーで初チャレンジ満載!
 
 
材料をいれてスイッチぽん。
 
 
『ごうんごうんごうん…』
 
 
『ゴッゴッゴッゴッゴッ….』
 
 
『(しーん)…』
 
 
『ガ ガ ガ ガ ガ !』
 
 
『…(しーん)…』
 
 
普段和食ばっかり作ってるオデ子。
ただでさえパン作りって苦手な分野なのに、ホンマに大丈夫!?
と心配になりましたが、よく考えたら苦手やからこそ
こういうプロに任せりゃいいんですよね。
 
 

自家製トマトソースを乗せて焼いたピザと

ふっかふかのロールパン。(2種類も作った!)

我ながら大成功でした。
次は食パンにチャレンジする予定です。

 
そうそう、初めてといえばこーんな綺麗なブルーワインも!

味はいつものスパークリングワインですが、
この綺麗なブルーに女子たち大喜びでした。
 
 
 

☆大阪市内で骨董祭☆
 
いろんな地方で開催しているイベントで、大阪での開催は初めてとのこと。
 
掛軸や日本骨董を多く扱う我が社とはちょっとテイストが異なり
西洋ものや大正~昭和レトロなどもたくさん。
 

↑アンティークレースも人気ですよね!
新しめのものから、時代のある高価な物まで様々。
 

そしてオデ子の大好きなアンティークジュエリーを扱うお店がわんさか!
 
お客さん多くひしめく場内で何周もぐるぐると周り、
どうしても心をつかんで離さなかったプチプライスのジュエリーを買っちゃいました。
 
 
これぞ超絶技巧!ハイクオリティストーン!

・・・というわけではないけれど、身の丈に合ったいい出会いでした。
憧れのアンティークジュエリー、ついに初ゲットです♪

骨董やアンティークは一期一会。
琴線に触れたアイテムがあったら、じっくり脳内会議を開くようにしています。
次に気に入った物に出会えるのはいつになるかわからないですからね!
 
 
11月に開催した「フォトジェニックな骨董たち」は、
みなさんにもお手軽にちょっと古いものたちとの出会いを感じていただける
とても素敵なイベントになりました。
 
 
次の開催ももうすぐ発表になるかも・・・?
もしかして新しい情報も・・・!?
 
 
まだ秘密です!乞うご期待♪

テイクアウト×骨董 – 蛸のつぼのたこ焼き

記事を読む

テイクアウト×骨董 – 蛸のつぼのたこ焼き

大阪の飲食店さん応援企画!
テイクアウトグルメを骨董の器に盛りつけて、お店の味を目にも美味しくおうちで堪能しよう☆
 
【テイクアウトグルメ × 心斎橋暮らしのこっとう 第6弾】
大阪といえば、たこ焼き!
一度は骨董に盛っとかなあかんやろ?ということで・・・
 
伊万里の七寸皿「蛸のつぼ」さんのたこ焼きを盛り付けました。
 
蛸のつぼ×心斎橋暮らしのこっとう
蛸のつぼ×心斎橋暮らしのこっとう
見てください、六人の唐人さんがぷりぷりのたこ焼きを愛でています。
 
蛸のつぼ×心斎橋暮らしのこっとう
幸せな図ですね♡
 
 
蛸のつぼ×心斎橋暮らしのこっとう
蛸のつぼ×心斎橋暮らしのこっとう
蛸のつぼ×心斎橋暮らしのこっとう
蛸のつぼ×心斎橋暮らしのこっとう
▲[商品詳細]
江戸後期 伊万里 色絵 唐人図 七寸皿
φ22×h3.5cm
@ 3,800円(税込) 【在庫6点】
 
 
【★2020年5月末受付分まで★5,000円以上のお買い上げで送料無料キャンペーン中!】
商品にご興味あればご連絡くださいね。お取り置き、発送可能です。
電話:06-6251-1355
フォーム:こちらまで
 
※通常の送料は全国一律1,000円です。
※離島、一部地域は追加料金がかかる場合がございます。
 
 
「蛸のつぼ」さんは、普段はお店の中で自分で焼けるセルフたこ焼き屋さんです。
 
蛸のつぼ×心斎橋暮らしのこっとう
定期的に食べたくなるのは、関西人のサガですね〜。
弊社の隣のビルの地下で営業されています♪
 
▼詳しくはこちら▼
蛸のつぼ 南船場店
ぐるなび / インスタグラム
 
 
【株式会社縁は、南船場エリアのお店を応援しています】
ホームページのお知らせページで、南船場のテイクアウトができるお店を紹介しています。
こちら でぜひチェックしてみてください。

【鬼滅の刃・小噺 その③ 】 鬼滅の花

記事を読む

こんにちわ。バイヤーA です。
  
今子供達と一緒に観ているアニメ「鬼滅の刃」ですが「作画が綺麗だな〜」という印象がとても強いです。水のエフェクトや花などの色彩が素晴らしく、暗い夜のシーンが多い為(鬼は夜行性)、闇の黒と明るい色が対比されてとても見映えが良いのです。
  
夜に 藤の花 が綺麗に咲いているシーンも美しかったですね。
鬼滅03

(出典:劇場版「鬼滅の刃」無限列車編公式サイト)

 
物語の中では「藤の花」は鬼を退け、鬼の弱点のひとつとされています。
  
実際にはどうなのでしょうか?
文献等も調べてみましたが、古来からそのように云われている事実はありません。
しかし、藤の花を知ると「鬼が嫌いそうだな〜」という事が想像できます。
藤01
藤の花は「紫色」です。
紫色は古来・聖徳太子の飛鳥時代より最も高貴な「位」の色とされました。
そんな藤の花は平安時代にブームになり、天皇や貴族に愛され、和歌に詠まれたり絵画のモチーフにも度々なっています。
藤02
花のツルが伸びて咲くことから家系の繁栄につながるといわれ、また甘い香りの花はマメ科特有の構造で、蝶が舞っているような形をしています。
藤03
上から降り注ぐように甘く豊かな香りの花を咲かせる様は繁栄を象徴し、嫋やかに垂れている姿は、振り袖姿の女性を想像させるような美しさです。
  
その縁起の良さから苗字や地名にも多く取り入れられました。当時、栄華を極めた藤原氏も「藤」の字がつきますね。前回私がブログでお話しした「酒呑童子」を討ち取った侍の中にも藤原氏の侍は存在しています。
  
更に鬼が嫌がる理由として、藤の花はマメ科であるという事も関係してるかもしれません。
藤は結実するとエンドウ豆のような大きなサヤが出来るようです。意外ですね!
藤04
豆は炒って食べられるみたいですが、味は微妙らしいです…
江戸時代には、飢饉時の大事な食糧だったそうですが、マメ科の中でも毒性が強いほうなので、生では危険のようです。
  
このように藤の花は 魔を滅する=「魔滅(まめ)」のマメ科の植物であり、美しさの内には毒を含み、さらに神様・天照大神の祖先とされる天皇・貴族らが愛でた 高貴で清廉な花であるが故に鬼は藤を嫌った
  
鬼滅の「藤の花」の設定は納得出来るな〜と感じ入った次第です。
  
ところでこの「藤の花」、4月~5月の花で花言葉は「優しさ」「歓迎」「決して離れない」だそうです。花が連ねて咲く様子から「愛が深まる」意味もあるようです。
  
外出自粛のこの時期、室内で軸装された花々で季節を感じ、愉しむ事が出来るのもまた掛軸の魅力でもあります。弊社HPでも、今後は「季節の掛軸」を紹介していく予定ですので是非楽しみにしてください〜

美術品の強い味方

記事を読む

こんにちは!担当のNです。
 
長い梅雨もそろそろ終わりが見え、カラッとした天気も増えてきましたね。
 
気候が変わりやすい季節は、美術品にとっても湿気が大敵になります。特に書物や着物などは湿気を嫌うことから 桐箱 とは相性がよく、大切に保管するために欠かせない存在です。
 
桐箱には 調湿性耐火性 が高いという特性があり、劣化や破損、火災や水害から守る役割があります(燃えにくい、水が入りにくい、湿度が一定に保たれるといった効果です)。ほかにも 防腐虫が嫌う 成分を含むという高性能ぶりです。
桐箱
日本人は古来より物を大切に扱うという習慣があり、美術館や博物館などで収蔵している美術品をはじめ、沢山の品々が次の代へと受け継がれてきました。
 
また、現代では、お歳暮やお中元の食品なども桐箱に入っていたりと、用途の幅がとても広く万能の保存箱と言えますね。大切な品々を長く愛用するためのお供に、桐箱を使ってみてはいかがでしょうか。
 
弊社オークション(こちら)で、掛軸の時代箱〜現代の箱までの取り扱いがあります。お気軽にご利用ください。

,

2018年新春の初詣 ~帰省~

記事を読む

新年あけましておめでとうございます。
 
旧年中は大変お世話になりました。
本年も、株式会社縁、社員一同一丸となって顧客サービスの向上に努めて参ります。
皆様ご愛顧の程、どうぞ宜しくお願い致します。
 

最近のブログは、弊社スタッフが交代で更新しております。
2018年一発目は、私、大卍犬太(だいまんじいぬた、仮名)から、新年らしい話題を。
 
この年末年始は実家で過ごし、初詣は毎年のように行っている出雲大社にお参りして来ました。
 

縁結びで有名な出雲大社、ご祭神は大国主命(おおくにぬしのみこと)大黒様です。
その創建は古事記にも記されているほど古く、神無月と呼ばれる10月は出雲では神在月と呼ばれ、全国から八百万の神が集まってくると言われる(中世からの俗説らしいですが)ほど、重要な神社とされています。
 

1月3日には「吉兆(きっちょう)さん」という神事が行われます。鬼面をかぶった番内(ばんない)を先導役に、吉兆幡(ばん)というのぼり旗を立てた山車が牽かれ、大社境内や町内を練り歩いて厄を払うというものです。
 
さて、初詣のお約束、おみくじを引きました。
実は、出雲大社のおみくじには、吉、凶などとは書かれていません。
神様からの訓告を読んだ本人の受け止め方にもよるからか、よく当たると言われているようです。
 

今年は「売買 大いに利あり」「営利上最も利益が多い年」だそうです!
会社のブログに載るのを狙っていたかのようなご神託(笑)
かといって暴利をむさぼることなく、お求めやすい価格でご提供。皆様には目一杯お買い上げいただくことで利益を上げたいと思っております(恵比須顔)
 
その後少し境内を歩いたのですが、大黒様がサメに皮を剥がされたウサギを助けたという
因幡の白兎の伝説から、あちこちにうさちゃんのオブジェが配されています。
 

でも、さすがにここには密集しすぎ!?と思ったのですが(笑)、
その中にどこかで見たポーズをしたうさちゃんが・・・。
 

欅坂46の「不協和音」ウッチャンのポジションですね!
皆さん紅白見ましたか?(笑)
 

最後に、近くのお茶屋さんで、紅白ぜんざいとお抹茶をいただきました。
 
 
と、今回はこの辺で・・。最後までお読みいただき、ありがとうございました!
大卍犬太でした。