,

~Nの休日~ 広島・福山の新スポット神勝寺「禅と庭のミュージアム」

記事を読む

こんにちは!担当のNです。
 
さて今日は、私のある休日をお届けます。
実はこの夏に運転免許を取得した超ペーパードライバー。
練習がてらのプチ旅行ですヽ(^o^)丿 不慣れな運転に内心かなりビビりってましたよ…
それはさておき、今回の目的地は広島県の福山です。いざ出発!
 
~~高速にのり運転すること3時間~~
 

広島・福山の新スポット神勝寺「禅と庭のミュージアム」へ行って参りました。
上の画像をクリックで公式HPへ飛ぶことができます。
 
 

 
約7万坪もの広大な敷地で、お庭の散策をはじめ、座禅や写経の体験、白隠禅師の禅画の鑑賞などなど。
禅と聞くとかたっ苦しいイメージが(・。・; そんな方も気軽に禅の世界を体験できるスポットですよ。
 
いざ境内を散策!
色づく紅葉が映えるお庭を見るやいなや「紅葉すげー!めちゃきれい!庭ひろっ!」もう語彙力のなさ丸出しで連呼・連呼・連呼(汗)
言葉では伝わらない美しさがドーンと入ってきてテンションのあがります。
 
 
▼ここからは私の拙い説明ではなく、写真でどうぞ!▼
 
 

 
そして、、、
今回、一番の楽しみにしていた白隠禅師のコレクションが並ぶ「荘厳堂」へ!
所蔵する約200点のコレクションから常時30~40点ほど入れ替えで展示されているようです。
白隠といえば躍動感あふれる達磨(ダルマ)でしょう!もちろんたくさん見てきましたよ(^o^)
どれもユニークで笑みがこぼれてしまいそうな作品ばかりです。
 
【白隠慧鶴】
臨済宗中興の祖と称される江戸中期の禅僧。
妙心寺派・大徳寺派にあたる大応派、「応燈関一流」の法脈に連なりながら独自の禅風で知られた。
独特の書画はのちに禅画と呼ばれる禅僧余技画の先駆者としても評価が高く、釈迦や達磨、菩薩などの仏教的なものに留まらず、七福神やお福など庶民信仰にもとづくもの、また猿や鼠を擬人化したものなど様々です。
 

作品の説明もわかりやすくスーッと自分の中に入ってきた気がします)^o^(
そしてZENの世界は奥が深いなーとしみじみと感じました。
 

 
お餅を食べて一息。自然のなかで食べるとより一層うまいっ!
 
 
さて今回の旅は広島県の神勝寺をご紹介しました。いかがでしたでしょうか?
運転に不慣れなたんとうは終始落ち着かない様子でしたが無事に帰阪できてホッとしております^_^;
 
今回は滞在時間が短く境内のすべてをご紹介することはできませんでしたが、
日常をリセットし、自然のなかで禅の世界とアートを堪能できるスポットとしては必見ですよ!
 
縁ではZENの世界を南船場からインターネットを通じて世界へ発信しています。
禅語をはじめとした作品も数多く取り揃えておりますので「これから禅を学びたい」という方も気軽にご購入いただけます。
 
【 縁 eBay store】
https://www.ebay.com/sch/en-corporation/m.html?isRefine

 
ご不明な点などございましたら、お気軽にお問合せください。
 

では本日はこのへんで。次回の更新もお楽しみに~♪担当のNでした。

,

ヨーロッパ4か国(ドイツ・スイス・オーストリア・チェコ)周遊の旅

記事を読む

皆様、こんにちは!しばらくぶりの登場、大卍犬太です。
 

今年のゴールデンウィークは、お御世代わりによる、大変特別な長期休暇でしたが、皆様はいかがお過ごしでしたか?
 

私は、ヨーロッパ4か国(ドイツ・スイス・オーストリア・チェコ)周遊の旅に出かけてきました。

航空券・ホテル・列車の手配も、全てのスケジュールを自分で組む、わがまま放題の一人旅です。とは言え貧乏性なのでしょうか、かなり詰め詰めのハードなスケジューリング。
8泊11日で(空港のあるフランクフルトを除いて)8都市訪問、列車での移動距離がおそらく2,400kmを超えるくらい(北海道一周が約3,000kmだそう)で、iphoneの万歩計では合計150km近く歩いていました。
 

その全部をここで語ることはできませんので、一応仕事に関係あるところも行きましたよ、とのお話を。
 
***
 
私自身、弊社で毎月開催している「心斎橋 暮らしのこっとう」の準備を担当しています。
 
そこで販売しています古伊万里が日本初の磁器で、明から清へ王朝が交代する混乱の時期に中国の磁器のヨーロッパへの輸出が途絶えた時、その代替えとしてオランダ東インド会社によって輸出され、王侯貴族の間で競って収集されていたということは、商品知識を学ぶ中で知っていました。
 
そして宮殿に「磁器の間」を作り飾り立てていたのが、各地にそのまま残っているということで、それらを見に行って来たのです。
 

訪問したのは、3か所。
まずは、オーストリアの首都ウィーンにあるシェーンブルン宮殿(1750年頃完成)。次に、ドイツ・ドレスデンの、ツヴィンガー宮殿(1732年完成)。最後に、ドイツ・ベルリンの、シャルロッテンブルク宮殿(1699年完成)。
 
この中で、ヨーロッパで最大の東洋磁器コレクターであり、ヨーロッパ初の磁器マイセンを完成させるに至ったザクセン選帝侯フリードリヒ・アウグスト1世(アウグスト強王)の宮殿が、ツヴィンガー宮殿です。そちらの紹介をしましょう。
 

庭園も含めて全体(一度では入りきりませんでしたが)はこんな感じ。
 

 
建物は、第2次世界大戦の際の空襲で甚大な被害を受け、その後復元されたのだそうです。現在内部は、アウグスト強王のコレクションを中心に、武器・絵画・陶磁器などの美術館・博物館として公開されています。
 
その中の、陶磁器博物館へ。
 


 

こんな風に、綺麗で整然とした内部なのですが・・・。
 


 

壁一面、古伊万里の磁器がビッシリ!!
 


 

どれも繊細な筆致で描き込まれており、いかにも高そう・・・。
 


 

アウグスト強王の東洋磁器の収集熱を表す有名な逸話のひとつとして、自軍の兵士600人と、プロイセンの王が所有していた中国磁器151点を交換した、というのがあるのですが、その一例「竜騎兵の花瓶」として展示されていました。
 

こちらに収められているコレクションは約2万点ということで、もちろんまだまだあるのですが、ここまで来て逃せないのは、マイセンです。そちらに飛びます(実際は、電車で30分くらいの距離)。
 
***
 


 

マイセンの旧市街には、色とりどりの建物が立ち並び、今回訪れた中で一番かわいい街並みと感じました。
 

アウグスト強王は、東洋磁器の収集に飽き足らず、錬金術師ヨハン・フリードリッヒ・ベトガーを幽閉。白磁製法の研究を強制しました。ベドガーが幽閉されたのが、アルブレヒト城です。15世紀に建てられ、現存するドイツ最古の城なのだそうです。
 

 

内部の装飾の荘厳さに歴史を感じます。
 


 

磁器焼成の研究がされていた場所らしく、様々な実験器具が。
 


 

高温焼成のための窯の設計図も。
 


 

研究がうまくいかず飲んだくれるベドガーの図があると、ネットか何かの情報を見ていたのですが、それらしいのがこれしかなかったんですよねぇ。手にはメスシリンダーみたいなのを持っているし、真面目に研究している風にも見えますが笑
 

結局、ベドガーは1709年に白磁の製造に成功。翌1710年にヨーロッパ初の硬質磁器窯「マイセン」が誕生したのです。それから1864年まで、マイセン磁器工場はこのアルブレヒト城内にありました。
 

現在の「国立マイセン磁器製作所」は、徒歩20分くらいの場所にあります。
 

 

予想に反して、すごく近代的な建物。内部では、制作の工程を見学できたり、歴代の作品が展示されていたり。
 
でも、一番驚いたのが、アウトレットショップで売られていた、柿右衛門を模した感じのコーヒーカップのお値段。
 

 

1,290ユーロが、1,030ユーロに値下げでお買い求め安く・・・って、約12万6千円・・・高いわ!!
 
 

以上、今回の旅行のごく一部のご紹介、大卍犬太でした。

,

赤口の日のお礼参り

記事を読む

先日、宝塚市にある安産祈願の寺、中山寺に腹帯のお礼参りに行って参りました。
 

しかしこの日は六曜でいう赤口の日。
何をするにも大凶とされていますが、11時から13時は吉なのです。(ちなみに婚姻届も赤口の日の1時前に提出しました(^_^;))
急いで向かい正午過ぎに無事到着です。

ちょうど七五三シーズンで着物の子どもたちが多く見かけられます。
 
 

入口の門には大きな仁王像がお出迎え。
近年に修復されたようで鮮やかな赤色をしていました。(古いもの好きの私としては修復前がみたかった!)
 
 

入口門には江戸時代の黄檗宗の名僧、高泉禅師揮毫の中山寺の板額、
 
 

羅漢堂の上には真言宗の泉智等上人の板額、
 
 

本堂の上には江戸時代の大名、阿部正識公の板額。
 
 
中山寺は真言宗の寺ですが、宗派や身分を超えて古くから愛されていたことが感じられますね!

無事、新しい腹帯をお返しし帰路に着きました〜。
 

担当:Y太朗

オデ子のアフターコロナ ゲーム編 ~ナゾの鑑定人、松永久秀~

記事を読む

収束、そして共存という形で落ち着きを見せる新型コロナウイルス。
 
それでも満員電車には不安を感じたり、人が多く集まりそうなところへはなかなか足が向かない今日この頃です。先日お仕事中のランチで立ち寄ったレストランでは、バイキングを楽しむ利用者への防疫ルールが徹底されていて、なるほどと思う反面息苦しさも感じてしまいました。
 
まだまだ気が抜けない地球人たち。がんばっていきましょう!
 
さて今回はゲーム編。
骨董屋の社員なのにオデ子はいつも1ミリも関係ないことばっかり書いているなァと思っているでしょう。今日は一味違いますよ!
 
いま我が家の旦那氏が 「仁王2」 というのにハマっていてよく観戦しています。
舞台は1555年の美濃。登場人物として歴史上の人物がたくさんでてきます。
 
タイトル

(出典:仁王2 公式サイト – コーエーテクモゲームス)

 
柴田勝家や前田利家、今川義元に本田忠勝、服部半蔵!
成り上がるまえの豊臣秀吉も!ってことは織田信長や明智光秀も!
豊臣秀吉はメインストーリーの主軸で、キャラモデルに竹中直人さんを起用しています。
綺麗どころでは波瑠さんも出ていますよ。
豪華声優陣の中、波瑠さんは演技もとてもお上手でした。
 
アイテムのディテールや設定も凝っていて、ついつい説明書きをじ~っと読んでは
「へぇえええ!おもしろいねえ!」「ここに書いてる〇〇って誰だろう?調べてみよう!」となります。
骨董界のスーパーサイヤ人(と勝手に呼んでいる)、本阿弥光悦の名前もたくさんでてきます。
説明書き
床の間の掛軸は字を変えたりできます。
ちょっと表装がヘンです。壁からお軸が生えてます。
掛軸
屏風絵がかっこいいアジト。
アジト
さてこの仁王2。
道中でたまに茶器をもらうんです。茶碗とか茶入れとか。
そう、こんなのとか
茶碗
こんなのとか。
茶入れ
これもらったからといってお茶点てて飲むわけではなし。じゃあどうするのかというと
飾るんです!アジトに飾るとステータスが上がるんです!!なんでやねんっ!
飾り棚画像
しかも出来のいい作品であればあるほど効果が高いというしくみ。
はァ~あれですかね、お気に入りの物や人が丹精込めて作った素晴らしい作品というのはそれを見る人のモチベーションやパフォーマンスに影響するという考え方でしょうか。
 
しかしこの茶器。効果のほどは鑑定してもらわにゃなりません。
誰が鑑定するんでしょう?
時代的におかしなるからここは光悦じゃなさそう。
ここはやはり千利休か!
と推理しながら茶室に向かうとそこにいたのは
まつなが
えーーーーーー!誰ーーーー!?
 
名前には「松永久秀」とあります。
そういえばボスでも出てきたような…。
 
でもなんで千利休をおさえて彼なんでしょう。
歴史も地理も大の苦手な骨董屋スタッフのオデ子。
松永弾正久秀という人物について知らな過ぎたので調べました!
 
最近では大河ドラマ「麒麟がくる」でも吉田鋼太郎さんの怪演が話題になっていたようですね。
信長協奏曲では古田新太さん、軍師官兵衛ではミッキーカーチスさん、信長のシェフでは笹野高史さん。こうやってキャスティングされた俳優陣を並べただけでもクセの強い人物だったのかなあ~…と想像しちゃいますね。
 
いくつか読み漁ってみましたが、博識で腕が立ち、豪気でしたたか、建築や芸術にも才能があって、ハイソサエティな感覚の持ち主、ケチだけど茶の湯を好み、お気に入りの茶器をたくさん持っていた…。裏切者だという位置づけにされているが実は忠義を尽くしていたのかも?という研究も出始めている…。
 
なるほど、あなたはこだわりが強くセンスがあり審美眼をもつ人物だったのですね。
道理でしょーもないお茶碗鑑定してもらったら「変なもん見せんなー!!パリーン」て割られるわけですわ。(悲しい)
鑑定中
 
コロナ後ゆっくり動き始めたわが社の 買取事業部 はそんなこと絶対にいたしませんのでどうぞご安心を!
 
気軽に査定してみてほしいな~
家にあげるのちょっと恥ずかしいな~
って思っている方はオンラインビデオ査定がおすすめですよ♪
新しく始まったコチラのサービス、ぜひ使ってみてくださいね!
 
ご利用者様増えてます!
スマホとLINEで簡単オンライン査定
 
まずは友達登録から。
 
【ステップ1】
QRコード
LINE内の「友だち追加」から「QRコード」を選択し、スマホのカメラをQRコードに向けて読み取り、「追加」をタップ!
 
 
【ステップ2】
 
あいさつメッセージが届いたら登録成功!選べる査定方法はなんと5種類。
 
①写真査定
②オンラインビデオ通話
③ご訪問査定
④持ち込み査定
⑤宅配査定
 
①ならご予約不要!そのまま写真を送ってもOKです。
 
 
【ステップ3】
 
内容に従ってスタッフから返事が届きます。ご要望や不安なことなど、何でも聞いてくださいね!
 
お電話でのお問い合わせは、
0120-261-540
フリーダイヤル ふるいもの ごよーはえん
までお気軽にどうぞ★
 
(受付時間は現在平日9:00~17:00となっておりますのでご了承ください)
 
お買取りのご依頼、心よりお待ちしております。

,

「冬が寒くって 本当に良かった」~和歌山へみかん狩り~

記事を読む

「冬が寒くって 本当に良かった」
そんな曲が似合う季節がやってきましたね!
 
バタバタと忙しい12月ですが、週末は和歌山へ遊びに行ってきました。
お天気もよくドライブ日和!
 
車内カラオケを楽しんでいたらあっと言う間に到着!
 

 
友人との待ち合わせ場所は「エバーグリーン」と言うスーパーでした。
和歌山ではこのスーパーが至る所にあって、どのエバーグリーンか探すのに迷いました。
 
無事合流し、メインイベントのみかん狩りへ!!
 

見渡す限りみかん!みかん!みかん!
寒さも忘れて、みかん狩りを楽しみました
 

 
もらった袋はパンパンになって、結局トロッコで運んでもらうレベルになりましたw
 

 
畑の方に、美味しいみかんの見分け方を伝授してもらいました。
見分け方のコツは、、、、内緒です♡ 


 
その場で、甘いみかんをたくさん食べてお腹いっぱいになったんですが、
最後に「焼みかん」を食べさせてくれて、クリビツテンギョウ!!!!
 
ほっかほかで香ばしくてめちゃくちゃ美味しかったです!!

みかんを焼くなんて、、
ちっとも思いつかない食べ方に感動しました。
 
 
私の会社では、掛軸やお茶道具など色んな骨董品を取り扱っています。
購入されたお客様の「骨董品」の使用目的も様々で、自由な嗜み方に勉強させてもらう毎日でございます。
 
みかんの食べ方にも、まだまだ新しい発見がある時代。
骨董の嗜み方は、さらにたくさん見つかりそうですね!
 
インスタグラムで
#フォトジェニックな骨董たち
と検索いただくと、
かわいい骨董品たちをご覧いただけますよ
 
@photogenic.kotto
「フォトジェニックな骨董たち」
次回の骨董市は2018年の春頃予定です。お楽しみに!!
  
 
担当 ☆冷子☆

うつわのはなし

記事を読む

弊社で開催しておりました「心斎橋 暮らしのこっとう」。
 
現在は予約制・不定期開催となっておりますが、私もうつわが好きなのでときどき覗いていました。
古い物なのに、古さを感じさせない、絵画もですが、未来を生きてるんじゃないかと思うところがあります。
ギザギザ器
こちらは、心斎橋 暮らしのこっとうで購入したものです。
フチの網の柄とギザギザの形、外側のテラコッタカラーがかわいい!
現代でも通用するデザイン、不思議ですね。
 
サイズが小さいのでどうしよう、と思ったのですが、かわいいものはかわいいと購入。
意外とちょっとしたおかずを盛るのに活躍しています。
 
香港の器
こちらは弊社の商品ではないのですが、去年香港へ研修旅行に行った時に購入しました。
色々なビックオークションを見学した研修旅行でしたが、合間を縫ってPMQで物色。
 
PMQ
PMQは香港のクリエイターやデザイナーが集まる複合施設です。
お豆腐のパックみたいなものがそのまま焼き物になったようなお皿でとてもユニーク。
 
うつわが変わるだけでも日々の食卓が楽しくなりますね!
インスタでは日々うつわやお皿をご紹介していますのでぜひご覧ください!
 
「心斎橋 暮らしのこっとう」オフィシャルインスタグラムアカウントは: こちら