,

育児中でも楽しめるアート散歩

記事を読む

こんにちは、この4月に育休明けで戻ってまいりましたamacoです。
久しぶりに会社へ戻ると、色々と配置が違っていたり、世の中の変化と共に、仕事内容にも変化があり、戸惑うことばかり・・・脳内がすっかり老化していて、脳裏に隠れてしまった仕事内容の記憶を呼び起こすのに、悪戦苦闘しております。
世の中の4月職場復帰のママ方も私のように、バタバタしておられたのではないでしょうか?もうそろそろ、落ち着かれたかんじでしょうか?私は、まだまだドタバタです・・・
同じ立場の方々、共に頑張りましょう!
 
育休中に、僅かな時間をカフェやギャラリー訪問に費やすことが多かったので、
そのレポをこちらで少しご紹介しようと思います。
赤ちゃん連れのママでもアートを楽しめるということを共有できたら嬉しいです。
 
さて、まずは、大阪市西区のとあるカフェのレポです。
大阪の阿波座にお店を構えて15年くらいになるそうですが、内装も雰囲気もなんとも
落ち着ける居心地抜群のお店です。頻繁に通っていた赤ちゃん広場(乳児とママに開放している市営の無料施設)の近くだったので、店構えが素敵でとても気になっていました。
 
中に入ると、インテリアも凝っていて、椅子やテーブルが統一されているものとは違い、とても個性的で、しかしまとまり感があって、音楽もセンスがいいかんじでした。
 

娘とモーニングを食べ終わった後、トイレに入ると——–
ありました、ありました!!噂では聞いていた、あるモノが!!!!!
 
それは、なんと、あの奈良美智さんのイラスト!しかも手書き!!!!
 
店内にも奈良美智さんの美術展のポスターがやたら貼られていて、どんな関係があるのかしら??と妄想でワクワクしていましたが、SNSなんかで取り上げられている通り可愛いイラストでした。
 

お店の方に、「奈良さんの手書きなんですか?」とお伺いしたところ
 
「そうなんです。打ち上げでうちのお店を使っていただいた時に、描いてくださったんです!」と。
 
 
世界的に有名な奈良美智さんのこのイラストを目当てに、全国からお客様がいらっしゃるそうです。
お酒が入って、リラックスされた際に描かれたこの落書きスケッチ。
美術館に展示されているものとは、また違う、美智ワールドをこっそり覗きにいってみてはいかがでしょうか?
必ずトイレをご使用されることをお忘れなく!(トイレの壁に描かれたイラストなので)
 
大阪・阿波座 ダイニングカフェ martha<マーサ>
大阪府大阪市西区江戸堀3-8-16
 
奈良 美智(なら よしとも、1959年12月5日- )は、日本の画家・彫刻家。世界的に評価されている美術作家で、ニューヨーク近代美術館(MoMA)やロサンゼルス現代美術館に作品が所蔵されるなど日本の現代美術の第二世代を代表するひとり。 特徴的なこちらを見返す人物をモチーフにしたドローイングやアクリル絵具による絵画で知られる

 
 
 
 
そして、お次は、弊社の位置する南船場よりすぐ近くのmaisonというギャラリーです。
こちらは丼池繊維会館というビルの中に構えられていて、プロダクトデザイナーである柳原照弘氏がオーナーです。自身で手掛けた建築デザインで、シンプルでありながら、空間の魔術師のような素敵なビルの中にあります。 あまり派手な宣伝広告をされておらず、問屋街にひっそりと看板を出されていて、知らない人はきっと通りすぎてしまうような場所にあります。(そこがまたいいんです!)
毎月第3土日には、2日限定でテーマに沿った展示・インスタレーションなども行われています。
 

通常の会期展示に何度か足を運んだことがあるのですが、特に印象深かったのは、
Aliki van der kruijisさんの作品です。Alikiさんはオランダ出身のアーチストで今回、
「有田焼創業400年事業」の一環として有田焼とコラボをされた作品を展示販売されていました。彼女は、Creative Residency In Arita/Sagaの招致アーティストとして2017年9月から3か月間有田に滞在し、高度な技術を持った職人や陶磁器に関する様々な分野の知識をもった研究員の支援を受け、試行錯誤を繰り返しながら制作活動を行われたそうです。ギャラリーの方にお話しを伺うと、Alikiさんのお爺さんが天気を毎日細かく記録されていて、その資料にヒントを得て、雨の雫のモチーフ(実際、雫の跡をかたどったものを作品化されています)を器やテキスタイルに転写させたMADE BY RAINの製作をおこなったそうです。
 

 
彼女のインスタグラムの作品説明に、<地表に降り落ちる雨粒が作り出す模様を釉薬に定着させ、地球の織り成す自然の様相を陶磁器に落とし込むことに成功した>と掲載されていました。自然を織り込んだアートは、完全な創造物とはまた違う、融合の美というか
華やかではないけれど、神秘的な魅力がありますね。

他にも、陶石のオブジェ作品にこんなエピソードも記されていました
<Alikiが有田で滞在中に訪れた採石場で、人間が採掘して山がまるごと消えてしまった風景に衝撃を受け、採石場で拾得した有田焼の原料である陶石に有田町内でみつけた格子柄の着物文様を転写することで、山ごと掘り尽くしてきた際限の無い人間の底知れなさを端的に表している。>
最後の石の画像がそのメッセージのものですが、説明を聞くまでは、ただの石のオブジェかと思ってみていたのが、なんだかその当時の採石場で働く人たちのシーンが頭に浮かんで
少し複雑な想いになりました。

 
有田のリブランディング、先入観や価値観の違う外国人を受け入れ、その観点を新たな形で表現する場を与える懐の深さが、なかなかです!
こういう発案が実行できるのも、さすが古きを知り新しきを知る精神の賜物ですね。
最近、古くから受け継がれてきた歴史ある老舗などが、古きを大切に新しいものを受け入れて新たなワールドを築き上げるユニークで斬新な動きが高まっています。
 
日本の巧みな技術を世界からの面白い構想や技とマッチングさせて、あらたなワールドが
広がっていくのをみるのはとても興奮します。
弊社も、骨董品を扱っていますが、新しいものとの融合を試したり、展示したり、
楽しい企画を思案して成長していけたら幸いです!
 
Album Arita Aliki van der Kruijs
2018.3.16~4.1 ◎こちらの展示期間は終了しております
Maison
541-0056 大阪市中央区久太郎町3-1-16 丼池繊維会館
 
以上、また読んでもらえたら嬉しいです!
 
 
担当:amaco

「経年美化」ってすてき

記事を読む

こんにちは。スタッフのnyanです。
 
緊急事態宣言も延長され、まだまだステイホームが呼びかけられていますね。
この機会におうちでの暮らしを見直されて、家を購入される!なんて方も多くなっていると聞きました。
その中でも、ヴィンテージの家具は今とても流行りだそうで、ジャンルは違えど古いものを扱っているものとして嬉しい事です。
 
かくいう私も、お部屋への意欲がぐっと高まり、ずうーーっと憧れていましたヴィンテージの トライバルラグ を購入しました!
 
こちらです。↓ ※手前の1枚です。
トライバルラグ
トライバルラグとは 「部族の絨毯」 という意味で、主に西~西南アジアの遊牧民の移動生活の中から生まれたものです。1点1点手作業によって織り上げられており、全てが世界にひとつのオリジナルです。なのですごくお値段もはるんですよね~。
 
お店で写真を撮らせてもらって、、2週間何度も何度も眺めて、、えいっ!!と勢いをつけて購入を決意…!
 
トライバルラグとひとくちに言っても、民族によってそれぞれ柄が異なり、柄に込められている願いも違うそうです。私が購入したこちらのラグはバルーチ族という民族が織ったもので、濃い色を組み合わせたのシックな色調、ベージュをアクセントとして入れ込むのが特徴のひとつです。そのベージュは「暗闇に光る宝石」と呼ばれているそうで、、かっこいい!
 
ちょっとくすんだ色味が落ち着いていて私もとても気に入っています。
 
ちょうどこのラグの購入を悩んでいた時期、某鑑定団の番組でトライバルラグが登場しました。私のラグよりもずっと大きく立派なもので、数百万円の鑑定額がついており、驚きでした。その時、持ち主の方は汚さないようにと壁につってかざっていらっしゃったのですが、鑑定士の方が、是非床にしいて乗ったり踏んだりして使ってくださいとおっしゃっていました。
 
その時に紹介していました 【経年美化】 という言葉にハッとしました。使うことで劣化するのではなく、美化させていく…という考え方がとても素敵で感銘を受けました。
 
弊社のバイヤーも日頃、表具はもちろん紐1本に対しても、新しい綺麗なものに変えてしまうのではなく、その時代のものをそのまま伝えていきたい、と語っていたことを思い出し、経年美化という言葉を聞いた時、そういうことかと腑に落ちました。
 
時代を大事に古いものを扱っていきたいと改めて思う機会でした。
みなさんにも共感していただけましたら幸いです!

,

幽霊考察

記事を読む

こんにちは!
 
本格的な梅雨に入ってきたこの頃ですが、皆様いかがお過ごしでしょうか!このじめーっとした季節を乗越えればもう夏です!
楽しみがいっぱいの夏ですよ!
 
みなさん夏といえばなにを思い浮かばれますか?
 
「夏は海で海水浴場にバーベキュー!」
「ビアガーデンでビールをグビグビ
「夏祭りに花火大会♪」
 
なんて思われてる方が多いのではないでしょうか。
わたしは骨董という仕事柄か、この季節になると出会うことが多くなるものがあります。
 
それは………
 
そう、幽霊ですʕʘ‿ʘʔ
 
といっても幽霊の掛軸ですが、見るたびに「おー、怖っ!」と背筋がゾクッとてしまいますね。
 
足のない幽霊を初めて描いたとされるのが円山応挙というのは有名な話ではありますが、今回はそんな幽霊についてのお話をしようと思います。
 
そもそも幽霊ってなんぞや?という話ですが
【幽霊】とは亡くなった人が成仏できず、生きていたときの姿でこの世に表れた姿とされるもの
 

そうそう、このイメージ!
うらめしや~と言いながら出てくるあいつですね。
 
日本の幽霊ってどれも足がないのが印象的ですよね!
そして絵画で幽霊と一緒に描かれることが多いのが柳の木です。
 
 


幽霊と柳。この2つが描かれるのにも理由があるそうです。
柳という字は「木」と「卯」と書いて、「卯」は太陽がのぼる東の方角、つまり陽の気を表しています。対して幽霊は見るからに陰ですよね。この2つを描くことによって陰陽調和がなされています。
 

 
幽霊と柳、「陰」と「陽」の考え方の根底にある
陰陽五行思想は江戸の人々の暮らしに深く根付いていた古代中国の自然哲学で、江戸時代の人々のモノの考え方を理解する上でとても重要になってきます。
 
↑うーん、なるほど( ̄∇ ̄;)
 
陰陽五行と江戸時代の関係はとても長~いお話になってしまいそうなので、またの機会にでもお話できればと思います。
 

ちなみに江戸時代の幽霊画は魔除けの縁起物としても重宝されていました。陰気で怖いものがあると悪鬼や魔物が寄りつかないという考えがあったようですね!毒をもって毒を制すといったところでしょうか。たしかに怖~い幽霊の絵が飾ってあれば入りたくなくなるのもわかるような…(・_・;
 

いまでこそ幽霊=怖いというイメージですが、江戸時代の人々にとっては幽霊=魔除けのありがたいもの、だったのかもしれませんね。
 
今回は幽霊についてのお話でした。
そしてヤフオク!で前回好評だった納涼特集。今年もやります!(*゚▽゚*)
 

人気の幽霊画をはじめガイコツや妖怪など、弊社商品を出品しておりますヤフオクにて納涼特集を開催する予定です。
 
時期に関しましてはブログ、ツイッター、インスタにて通知致しますので、みなさんこの機会に是非ご覧になってくださいね。
 
それでは担当Nでした。次回の更新もお楽しみに♪

ドキドキは作れる!大人のバレンタイン

記事を読む

ぐっと寒くなった今週、ついに我が社の路面店舗がオープンしました!
 
ちょっぴり古い伊万里のお皿や掛軸などが、気軽に手に取って見ていただけます。
落ち着き空間でまったりと、目の保養にも◎
 
接客大好きわたくしオデ子も、時折店頭に立っておりますので、是非是非お立ち寄りくださいね。
 
***
 
さて、今年もバレンタインデーが終わり、ホワイトデーを待つばかりですが、これを読んでいる乙女・オトメンたちは、どんな贈物をしたんでしょう?
 
わたしは、2月14日はいつも、ナイスミドル&シニアなメンズたちが群がる取引場へ商品の仕入れに行っていますので、毎年のように逆義理チョコをいただいており、食いっぱぐれ無しのバレンタインを過ごさせていただいております。ありがとうございます。
 
チョコレートと言えば。
 
漫画を読むのが大好きなわたし、現在進行形で買い集めている漫画のひとつに、“薬屋のひとりごと” という作品があります。薬や毒に詳しいことを買われた女官が、宮廷内外の奇妙な事件を解き明かしていくミステリーです。
薬屋のひとりごと

こちらで販売中)

 
その一節に、媚薬を作ってくれと頼まれた女官が、カカオを使った菓子を作るシーンがあるのですが、そのカカオに媚薬効果があることを知らず、いい匂いにつられて他の女官たちがつまみ食いしてしまい、大わらわ…酒や薬など、刺激物に慣れていない者には絶大なる効果があるのだ、というストーリーでした。
 
確かに聞いたことのある話です。「チョコレートは昔媚薬だった」
古くは、古代マヤやアステカ文明時代から、当時のお金持ちたちが愛用していたんですって。
 
日本へは、江戸時代後期に初めてやって来たとされています。それは、オランダ人から長崎の遊女への贈り物だったようですが、果たして効能など知る由もない日本人遊女へのチョコレートの贈り物、オランダ人さんの思惑やいかに?…想像するのもロマンがあるってもんです。
 
チョコレートの媚薬成分を現代的に紐解くと、恋愛ホルモン → フェニルエチルアミン(PEA)という成分 が効果をもたらしているそうなのです。ナンチャラアミンとかウンタラテロンとか… カタカナの嵐に翻弄されながらそんなことを調べていて分かったことがあります。チョコレートや甘いものが苦手な酒飲みたちへ朗報です。
 
赤ワインには、フェニルエチルアミンが多く含まれている!
ていうか、チーズには、チョコの10倍、フェニルエチルアミンが含まれている!
要するに、赤ワイン×チーズがバリバリ最強No.1じゃん!!!
 
ってことらしいんです。
大朗報ですよ。
 
我が家は、あまり甘いもの食べない根っからの酒のみ夫婦なので、毎年のバレンタインといえば、赤ワインとチーズに鴨の生ハムを楽しむのが恒例です。いやあ、本能的に恋愛ホルモンを察知していたとしか言いようがありませんね!
 
↓今年のワインはこちら。だいたいいつもジャケ買いです。
コンテは12か月熟成でございます。
赤ワイン
***
 
オデ子お気に入りのワイン屋さんも近くにあって、お買い物に最適!
是非、心斎橋 暮らしのこっとうへ足をお運びくださいませ~~~
(新店舗について、詳しくは こちら

色合い、盛り付け、器のチカラ。

記事を読む

飲み食いだいすきオデ子です。
飲み食い大好きなので、料理を作るのも大好きです。最近はキャンプ飯に興味があるお年頃。
 
さて、先日地元の友人からの口コミで、予約しないと入れないという近所の居酒屋さんにお食事にいってきました。すこしお値段が張る印象だったのでアニバーサリーのお祝いごはんということで。
 
開店直後の夕方早い時間にお邪魔しましたが、店内はとってもいい雰囲気でした。手前のカウンターは整然としていて、板長さんの動きもよく見えます。冷蔵ショーケースも手回り品もよく整頓されていて気持ちがいいです。奥のお座敷に案内してもらったのですが、スタッフさんもよく気が付きストレスなく過ごすことができました。
 
コースでお願いしていたので、おなか一杯!!です。お酒もお料理も美味しくいただきました。
 
でも・・・・実はオデ子 ちょっと残念な気持ち にもなっていたのです。理由はもうタイトルからお分かりでしょう。
 
そう、器です
こんなにも店内やお料理に気を配っておられるのに、器へのこだわりはあまり感じられなかったんです。
写真01
料理を盛るお皿をはじめ、それぞれに設置された手塩皿や醤油皿がさらに寂しい。それによってお料理もなんだか味気なく見えてしまいました。食べたらもちろん美味しいんですよ?
 
*****
 
わたくしオデ子、コロナ自粛の最中に在宅ワークの一環として “我が社の器をつかって手料理を盛ってみよう”という試み をしておりましたので、その絶大な効果を身をもって知ることとなりました。
写真02
わたしが作る田舎のお母ちゃん料理も、なんだか ゴージャスに美味しそうに演出してくれる手仕事の器たち
写真02
盛り付けは苦手なのですが、せっかくの器だからとそれとなくカッコ良く盛ってみたり、冷蔵庫にあった残りもの野菜であしらいを添えてみたりと、料理のモチベーションを底上げしてくれる存在でした。
 
*****
 
近くに行くと必ず寄るタニタカフェのお重ランチは、真っ白でモダンな器と近代の九谷や染付などを可愛く取り合わせて目に鮮やか。体に良いたくさんの品目を少しずつ食べることができ身も心も満足感を得られます。
写真02
次の写真は、若い大将が魚屋に勤めていた経験とコネを活かしひとりで切り盛りしているお店での一枚。器は渋いドコロを取り入れたりインテリアには高麗青磁の壺なんかもあるほど。しかし店内ではレゲエが流れ暖かい照明も相まってなんとも居心地のいい世界観をつくっていて、この料理ならこの器を使いたい!という大将のこだわりを感じました。
写真02
*****
 
選び方ひとつで味すら変えてしまい兼ねない、器。安い値段で気軽に扱える100均や量販店のお皿にも、もちろん魅力はあります。
 
対して 手仕事のお皿、骨董のお皿ってそれぞれが2つとない一点モノ。
 
忙しい経営、日々の生活の中で消費的に使うのは気が引けちゃうかもしれません。でも形あるものいずれは朽ちます。それならば道具として役目を全うしてもらうのも悪いことじゃないと思うんです。
 
株式会社縁と、私たちが運営していますSNSの各コンテンツは、あなたの一点モノの器デビュー、骨董の器探しを、応援します!
 
お店で骨董のお皿使ってみたいけど、高いと経費的にキビシいし数もそろってないと困る…
そんなオーナーさん、店長さん!ぜひ一度我が社に足を運んでみてください。
心斎橋 暮らしのこっとう ご紹介ページこちら
 
興味はあるけど難しそうだし、ナントカ焼とかよくわからないなあ…
そんなkotto女子の予備軍のあなた、まずはインスタから見てみませんか?
心斎橋 暮らしのこっとう オフィシャルインスタグラムこちら
 
料理って苦手なんだよね~、レシピとかよくわかんないし…
そんなアナタにはこれ!オデ子のズボラな料理風景をみて勇気を持ってください。
株式会社縁 オフィシャルYouTubeチャンネル
コンテンツ「おおざっぱりょうり女子と溶け込む骨董」:こちら

,

大阪府北部地震

記事を読む

こんにちは。バイヤーのYです。
 
皆様、地震は大丈夫でしたでしょうか?
 
私の自宅も大阪市北区なので震度6弱ということでしたが、何かが倒れるなどの被害も全くありませんでした。
 
 
娘が散らかしたおもちゃは散乱しておりますが…

 
今回の地震は有馬-高槻断層帯で発生されたと言われていますが、この断層帯では、422年前に慶長伏見地震(1596年)が発生しているそうです。
 
ちょうど豊臣秀吉の時代で伏見城が倒壊し、その関連の話は歌舞伎「増補桃山譚」や落語などで語られています。
 
浮世絵にもなっているのでご紹介します。
 

c 江戸東京博物館

 
上の画像は歌川国貞筆の伏見町地震夜語という浮世絵版画です。倒壊した家屋を背景に畳と屏風が置いてあり主人公と思われる役者が座っています。
 

月岡芳年筆 伏見大地震之図です。
 
逃げまどう女性達、秀吉にかけよる加藤清正などが描かれています。

 
当時は耐震なども整っておらず、1000人以上の犠牲者が出たようです。
 
今回は大阪北部地震でも一部断水やガスが停止するなど起こり、生活用品が売り切れるなどあったようです。
 
我が家でもタオルや非常食などをまとめた鞄を寝室に置いていますが、いつ来ても対応できるように準備しておかないといけないと再認識しました。