ENjoy Antique

縁の社員が日常で琴線にふれたモノやコトにスポットライトを当てます

ドキドキは作れる!大人のバレンタイン

記事を読む

ぐっと寒くなった今週、ついに我が社の路面店舗がオープンしました!
 
ちょっぴり古い伊万里のお皿や掛軸などが、気軽に手に取って見ていただけます。
落ち着き空間でまったりと、目の保養にも◎
 
接客大好きわたくしオデ子も、時折店頭に立っておりますので、是非是非お立ち寄りくださいね。
 
***
 
さて、今年もバレンタインデーが終わり、ホワイトデーを待つばかりですが、これを読んでいる乙女・オトメンたちは、どんな贈物をしたんでしょう?
 
わたしは、2月14日はいつも、ナイスミドル&シニアなメンズたちが群がる取引場へ商品の仕入れに行っていますので、毎年のように逆義理チョコをいただいており、食いっぱぐれ無しのバレンタインを過ごさせていただいております。ありがとうございます。
 
チョコレートと言えば。
 
漫画を読むのが大好きなわたし、現在進行形で買い集めている漫画のひとつに、“薬屋のひとりごと” という作品があります。薬や毒に詳しいことを買われた女官が、宮廷内外の奇妙な事件を解き明かしていくミステリーです。
薬屋のひとりごと

こちらで販売中)

 
その一節に、媚薬を作ってくれと頼まれた女官が、カカオを使った菓子を作るシーンがあるのですが、そのカカオに媚薬効果があることを知らず、いい匂いにつられて他の女官たちがつまみ食いしてしまい、大わらわ…酒や薬など、刺激物に慣れていない者には絶大なる効果があるのだ、というストーリーでした。
 
確かに聞いたことのある話です。「チョコレートは昔媚薬だった」
古くは、古代マヤやアステカ文明時代から、当時のお金持ちたちが愛用していたんですって。
 
日本へは、江戸時代後期に初めてやって来たとされています。それは、オランダ人から長崎の遊女への贈り物だったようですが、果たして効能など知る由もない日本人遊女へのチョコレートの贈り物、オランダ人さんの思惑やいかに?…想像するのもロマンがあるってもんです。
 
チョコレートの媚薬成分を現代的に紐解くと、恋愛ホルモン → フェニルエチルアミン(PEA)という成分 が効果をもたらしているそうなのです。ナンチャラアミンとかウンタラテロンとか… カタカナの嵐に翻弄されながらそんなことを調べていて分かったことがあります。チョコレートや甘いものが苦手な酒飲みたちへ朗報です。
 
赤ワインには、フェニルエチルアミンが多く含まれている!
ていうか、チーズには、チョコの10倍、フェニルエチルアミンが含まれている!
要するに、赤ワイン×チーズがバリバリ最強No.1じゃん!!!
 
ってことらしいんです。
大朗報ですよ。
 
我が家は、あまり甘いもの食べない根っからの酒のみ夫婦なので、毎年のバレンタインといえば、赤ワインとチーズに鴨の生ハムを楽しむのが恒例です。いやあ、本能的に恋愛ホルモンを察知していたとしか言いようがありませんね!
 
↓今年のワインはこちら。だいたいいつもジャケ買いです。
コンテは12か月熟成でございます。
赤ワイン
***
 
オデ子お気に入りのワイン屋さんも近くにあって、お買い物に最適!
是非、心斎橋 暮らしのこっとうへ足をお運びくださいませ~~~
(新店舗について、詳しくは こちら

「経年美化」ってすてき

記事を読む

こんにちは。スタッフのnyanです。
 
緊急事態宣言も延長され、まだまだステイホームが呼びかけられていますね。
この機会におうちでの暮らしを見直されて、家を購入される!なんて方も多くなっていると聞きました。
その中でも、ヴィンテージの家具は今とても流行りだそうで、ジャンルは違えど古いものを扱っているものとして嬉しい事です。
 
かくいう私も、お部屋への意欲がぐっと高まり、ずうーーっと憧れていましたヴィンテージの トライバルラグ を購入しました!
 
こちらです。↓ ※手前の1枚です。
トライバルラグ
トライバルラグとは 「部族の絨毯」 という意味で、主に西~西南アジアの遊牧民の移動生活の中から生まれたものです。1点1点手作業によって織り上げられており、全てが世界にひとつのオリジナルです。なのですごくお値段もはるんですよね~。
 
お店で写真を撮らせてもらって、、2週間何度も何度も眺めて、、えいっ!!と勢いをつけて購入を決意…!
 
トライバルラグとひとくちに言っても、民族によってそれぞれ柄が異なり、柄に込められている願いも違うそうです。私が購入したこちらのラグはバルーチ族という民族が織ったもので、濃い色を組み合わせたのシックな色調、ベージュをアクセントとして入れ込むのが特徴のひとつです。そのベージュは「暗闇に光る宝石」と呼ばれているそうで、、かっこいい!
 
ちょっとくすんだ色味が落ち着いていて私もとても気に入っています。
 
ちょうどこのラグの購入を悩んでいた時期、某鑑定団の番組でトライバルラグが登場しました。私のラグよりもずっと大きく立派なもので、数百万円の鑑定額がついており、驚きでした。その時、持ち主の方は汚さないようにと壁につってかざっていらっしゃったのですが、鑑定士の方が、是非床にしいて乗ったり踏んだりして使ってくださいとおっしゃっていました。
 
その時に紹介していました 【経年美化】 という言葉にハッとしました。使うことで劣化するのではなく、美化させていく…という考え方がとても素敵で感銘を受けました。
 
弊社のバイヤーも日頃、表具はもちろん紐1本に対しても、新しい綺麗なものに変えてしまうのではなく、その時代のものをそのまま伝えていきたい、と語っていたことを思い出し、経年美化という言葉を聞いた時、そういうことかと腑に落ちました。
 
時代を大事に古いものを扱っていきたいと改めて思う機会でした。
みなさんにも共感していただけましたら幸いです!

ラベルレス生活 – LOHACO Water を購入

記事を読む

こんにちは、つめ子です。
 
最近は、エコバッグを持っている方が本当に多くなりましたね。
 
先日も、仕事帰りに会社近くのスーパーに寄ると、職場の後輩にバッタリ会いました。
育休中のお嫁さんの代わりに買い物をし、エコバッグいっぱいに食材を詰めた彼の姿に、日本の明るい未来を感じました。
 
最近は、ペットボトルのラベルレス商品も増えてますね。
エコ&分別も楽なので、早速、会社の飲料水をラベルレスに切り替えてみました。
ラベルレス01
アスクルのオリジナル天然水 “LOHACO Water” を購入。
 
量は少し少ないですが、何せ見た目がオシャレですね!
お味は…、美味しい!オリジナル商品ってイマイチ~…なイメージが昔はあったのですが、それこそ昔の話ですね!まろやかで普通~に飲めます!
ラベルレス02
キャップにQRコードが有り、写真を撮ったらサイト(こちら)に繋がり、お水のアレコレや注文画面がでてきます。シンプルでいいですね!是非お勧めです!!
 
 
QRコードと言えば、弊社のQRコード もございます!
QRコード
ご自宅に眠れる骨董品、ございませんか?
骨董品かも分からないけど、昔から家にあるし価値があるかも…?
そんな時は気軽に オンライン査定
スマホがあれば、ご自宅にいながら簡単オンラインで、無料査定も行えます!
 
まずはQRコードを読み取っていただき、LINEの友達登録 をよろしくお願いいたします♪

七草粥の習慣と七草の意味

記事を読む

皆さま、明けましておめでとうございます。
担当のC・Kです。
 
まだまだコロナが流行っています。
皆さま、お正月はいかがお過ごしでしたでしょうか?
おせち料理は召し上がられたのでしょうか?
 
お正月の食事といえば、真っ先におせち料理が思いつきますが、本日、1月7日の食事といえば 「七草粥」 でしょう。もしかしたら、おいしいおせち料理を食べた後に、質素とすら思える七草粥を食べるのが嫌いな方もいるかもしれませんね。
 
今回は、七草粥について語っていきたいと思います。
 
***
 
春の七草は、皆さまよくご存じだと思いますが 「セリ、ナズナ、ゴギョウ、ハコベラ、ホトケノザ、スズナ、スズシロ」 ですね。
 
では、この七草粥の習慣はいつから始まったのでしょうか?
 
今に残る日本の数々の習慣、文化は、大陸(中国)からもたらされたものが日本に合うように変化したり、土着のものと結びついて形になったものです。七草粥もその一つ。
 
中国、漢の時代、新年に日にちを動物や人に見立てて、占いを行っていました。1日は鶏、2日は犬、3日は猪、4日は羊、5日は牛、6日は馬、7日は人、8日は穀。そして、唐の時代になると、「1月7日(人の日)」に、「七種菜羹(ななしゅさいのかん)」という七種類の野菜を入れた汁物を食べて、無病息災を祈る風習が始まります。
 
そんな風習が平安前期頃、日本に伝わります。日本では、お正月に若菜を摘んで食べる「若菜摘み」という風習がありました。「若菜摘み」という言葉は、日本最古の書物「万葉集」にも登場するほどです。この「若菜摘み」と「七種菜羹」が結びつき、今の七草粥へとつながっていったと言われています。
 
しかし、まだこの頃は七草の種類までは決まっていませんでした。
七草粥

(七草粥 ウィキペディアより)

 
七草の種類が決められたのは、鎌倉時代、「蔵玉和歌集(ぞうぎょくわかしゅう)」に書かれたことがきっかけだそうです。その後、室町時代になると、立派な行事になっており、江戸時代には、五節句の一つとして、欠かすことの出来ない行事となります。
 
これが、現在までずっと続いているのです。
 
***
 
また、七草、それぞれにも意味があります。
セリ
セリ(芹):競り合うように生えることからこの名がついたとされています。「(競争に)競り勝つ」という意味がかけられています。
 
 
ナズナ
ナズナ(薺):雑草の代名詞、ペンペン草のことです。ナズナには、「なでて汚れを取り除く」という意味があるそうです。
 
 
ゴギョウ
ゴギョウ(御形):ゴギョウとは「人形」のこと。これは、「仏のからだ」を表し、縁起物とされています。
 
 
ハコベラ
ハコベラ(繁縷):「繁栄がはびこる」ことから、縁起物とされています。
 
 
ホトケノザ
ホトケノザ(仏の座):現在はコオニタビラコと呼ばれ、黄色い花を咲かせます。仏様が座っている座のように葉がつくのでこの名前で呼ばれました。
 
 
スズナ
スズナ(菘):スズナは、蕪のことです。神を呼ぶ鈴に見立てられ、「鈴菜」と書くこともあります。
 
 
スズシロ
スズシロ(蘿蔔):スズシロは、大根のことです。「汚れのなき清白」を意味します。
 
 
このように七種、それぞれが縁起の良い食材です。さらに、それぞれ栄養があり、体に良い効能をもたらすものばかりです。千年以上も前から、日本人は、その年一年の健康を願いながら、七草粥を食してきました。
 
今日まで残るその文化を、これからも大切にしていきたいですね。
 
***
 
ここまでご覧いただきありがとうございました。
今年一年の、皆様のご健康とご多幸を、心からお祈りしています。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

【買取コラム】オンラインでお手軽査定!骨董屋の嫁が教える、上手な写真の撮り方

記事を読む

ご高齢の方でも、スマホを使うのに抵抗のない方が増えてきましたよね。
 
遺憾ながら、コロナウイルスの影響が、オンライン活用の後押しになったことは否めません。
骨董屋だからといって、オンライン査定の波に乗らないわけにはいかない!ということで、我が社でも、LINEを使ったビデオ通話査定や、査定したい商品の写真を送ってもらうスタイルでの査定が大好評です。
 
写真を撮って送るだけ~♪とはいえ・・・普段触れる機会なんてほとんどない骨董品、どこをどう撮ったらいいの!?とお困りではありませんか?
そこで今回は、いくつかの骨董品をピックアップして、上手に業者に査定してもらう撮り方 をご紹介していきます!
 
画像で見てみましょう。
(各画像をクリックすると、別タブが開き、画像を拡大して頂くことができます★)
 

*****
 

*****
 

*****
 

*****
 

*****
 
最近はメルカリやヤフオクなど、自分で出品するため撮影するのに慣れている方も多いですよね。
弊社に写真を送ってくださる方の中にも、とても上手に魅力的に撮影している方もおられてびっくりすることがあります。
 
例えばフリマサイトでお洋服を売ってみようとしている自分を想像してみてください。
洋服の例
①ハンガーや床置きで「全体がわかる写真」を撮る
②リボンや刺繍などの「イチオシポイント」を撮る
③ファスナーやボタンなどの「チェックポイント」を撮る
④ブランドタグやお洗濯タグなどの「文字情報」を撮る
⑤ホツレやシミなどの「ダメージ箇所」を撮る
⑥純正の箱や洋服カバーなど、「付属品」を撮る
 
自分が出品する立場でなくとも、買う側ならこういった写真情報があると買いやすいなあ~と思いませんか?私たちが得意な掛軸や骨董品も、お査定のために見せていただきたいポイントは同じなんです。
 
いかがでしたか?
これらのポイントをおさえて、オンライン査定を行っている業者さんをうまく活用!断捨離や遺品整理を少しでもハッピーなものにしていくお手伝いになったら嬉しいです。
株式会社縁 公式お問い合わせ専用LINE
 
こちらは一括査定してもらえるおすすめサイト!
査定をするのは運営会社が審査し契約登録した業者さんばかりなので安心です。わが社も掛軸・骨董カテゴリで参加させていただいています。
SATEeee(サテイー)でかんたん、あんしん、一括査定。
 
※どこの業者さんでも、写真でのお査定はあくまで簡易的なもの(参考額)になります。実物を拝見した際に、写真では判別しづらい傷や欠点、コピー・贋物などがあるとお査定額が前後する可能性がありますので、予めご承知おきのうえご利用くださいませ。