ENjoy Antique

縁の社員が日々の生活の中で、街の中で見つけた”古い物”を取り上げます

掛軸紹介 <山口草平> 天神祭 船渡御図 夏季風俗画

記事を読む

【掛軸紹介】
天神祭 船渡御図 夏季風俗画
<山口草平>
《表具》 長さ 131㎝ 横幅 60.5㎝
《本紙》 長さ 36.5㎝ 横幅 44㎝

山口草平 天神祭 船渡御図 夏季風俗画

天神祭りは日本各地の天満宮で催される祭りで、
菅原道真の命日にちなんだ縁日です。

大川(淀川)に映る篝火や提灯灯り、奉納花火などが祭りを彩り、
「火と水の祭典」とも呼ばれています。

大阪天神祭は日本三大祭、大阪三大夏祭りの一つ。
(日本三大祭:大阪天神祭・京都祇園祭・東京神田祭)
(大阪三大夏祭り:大阪天神祭・生國魂神社生玉夏祭・住吉大社住吉祭)

天神祭りは大阪天満宮が鎮座した2年後、951年に始まったとされています。
古くから庶民に親しまれている、夏の風物詩ですね。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
【山口草平】1882-1961
日本画家。大阪生。名は光四郎。中川蘆月に学び、また独学で水彩技法を修める。挿絵画家としても活躍。また一時大石順教尼(よね)と結婚し、日本画の手ほどきをした。昭和36年(1961)歿、78才。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

こちらは7月6日(土)の「心斎橋 暮らしのこっとう」 掛軸展示販売コーナーにて、販売予定です。
ぜひ、本物をお近くでご覧ください。

山口草平 天神祭 船渡御図 夏季風俗画
山口草平 天神祭 船渡御図 夏季風俗画
山口草平 天神祭 船渡御図 夏季風俗画
山口草平 天神祭 船渡御図 夏季風俗画
山口草平 天神祭 船渡御図 夏季風俗画
山口草平 天神祭 船渡御図 夏季風俗画
山口草平 天神祭 船渡御図 夏季風俗画
山口草平 天神祭 船渡御図 夏季風俗画
山口草平 天神祭 船渡御図 夏季風俗画

掛軸紹介 <菅楯彦> 催馬楽 宴楽図 古代歌謡 風俗画

記事を読む

【掛軸紹介】
催馬楽 宴楽図 古代歌謡 風俗画
<菅楯彦>
《表具》 長さ 149㎝ 横幅 74㎝
《本紙》 長さ 46.5㎝ 横幅 57㎝

菅楯彦 催馬楽 宴楽図 古代歌謡 風俗画

催馬楽とは古代歌謡の一つで、
各地の民謡・風俗歌に外来楽器の伴奏を加えた形式の歌謡。
遊宴や祝宴、娯楽の際に歌われた。

風俗画をよくする、菅楯彦らしい作品です。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
【菅楯彦】1878-1963
日本画家。鳥取県生。独学で画を学ぶ。
大和絵、円山四条派、狩野派、浮世絵など幅広く研究。
歴史画や大阪の風物をよくする。
日本美術院恩賜賞受賞。大阪美術会会員。四天王寺舞楽協会会長。大阪市名誉市民。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

こちらは7月6日(土)の「心斎橋 暮らしのこっとう」 掛軸展示販売コーナーにて、販売予定です。
ぜひ、本物をお近くでご覧ください。

菅楯彦 催馬楽 宴楽図 古代歌謡 風俗画
菅楯彦 催馬楽 宴楽図 古代歌謡 風俗画
菅楯彦 催馬楽 宴楽図 古代歌謡 風俗画
菅楯彦 催馬楽 宴楽図 古代歌謡 風俗画
菅楯彦 催馬楽 宴楽図 古代歌謡 風俗画
菅楯彦 催馬楽 宴楽図 古代歌謡 風俗画
菅楯彦 催馬楽 宴楽図 古代歌謡 風俗画
菅楯彦 催馬楽 宴楽図 古代歌謡 風俗画
菅楯彦 催馬楽 宴楽図 古代歌謡 風俗画
菅楯彦 催馬楽 宴楽図 古代歌謡 風俗画
菅楯彦 催馬楽 宴楽図 古代歌謡 風俗画
菅楯彦 催馬楽 宴楽図 古代歌謡 風俗画

掛軸紹介 <中曽根晁子> 夕涼み図 夏季風俗画

記事を読む

【掛軸紹介】
夕涼み図 夏季風俗画
<中曽根晁子>
《表具》 長さ 143.5㎝ 横幅 67㎝
《本紙》 長さ 44㎝ 横幅 52㎝

中曽根晁子 夕涼み図 夏季風俗画

川床で宴会を楽しむ風景が描かれています。
見ているだけで涼しく、楽しい雰囲気を感じられます。
夏を楽しむ風俗画ですね。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
【中曽根晁子】
加藤英舟師事。別号・晁二。旧号:晁子。
高知の人。院展3回入選。 元院友。兵庫県展2回入選。大美3回入選。大礼博入選。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

こちらは7月6日の「心斎橋 暮らしのこっとう」 掛軸展示販売コーナーにて、販売予定です。
ぜひ、本物をお近くでご覧ください。

中曽根晁子 夕涼み図 夏季風俗画
中曽根晁子 夕涼み図 夏季風俗画
中曽根晁子 夕涼み図 夏季風俗画
中曽根晁子 夕涼み図 夏季風俗画
中曽根晁子 夕涼み図 夏季風俗画
中曽根晁子 夕涼み図 夏季風俗画
中曽根晁子 夕涼み図 夏季風俗画
中曽根晁子 夕涼み図 夏季風俗画
中曽根晁子 夕涼み図 夏季風俗画
中曽根晁子 夕涼み図 夏季風俗画

長沢芦雪

記事を読む

ご無沙汰しております。スタッフのamacoです。
育休から戻り早1年2ヶ月経過しております。
脳内老化と身体的・精神的老化は、気にしないふりをして
日々骨董と向き合い精進しているつもりでございます。
 
さて、ブログお当番もお久しぶりでございます。
今回は、現代アートではなく、江戸時代中期の絵師
長沢芦雪を取り上げてみたいと思います。
 
 
芦雪は円山応挙の弟子で、師とは対照的に、大胆な構図、斬新なクローズアップを用い、
奇抜で機知に富んだ画風を展開した「奇想の絵師」の一人と呼ばれていますね
(なんて、知ってました?)
 
弊社でも、よくお取扱いする作家でして、江戸絵師ではかな-りの
有名人です。先日もテレビ東京系列「美の巨匠たち」にて、
アートトラベラーの井浦新さんをむかえて特集が組まれていました。
 
 
その内容が個人的にとても感銘深かったので、ご紹介します。
(え、テレビ見たから、必要ないって?まぁまぁ、おつきあいくださいませ)
 

芦雪は、当時京都在住でしたが、応挙の代わりに無量寺というお寺の
愚海(ぐかい)という住職より、絵の依頼を受けて和歌山県串本市へ
やってきました。
襖に画を書いてほしいということで、何を描くのかとおもいきや
毛の際立ち加減まで鮮明に表現した見事な虎を仕上げたのです。
(この作品は、現在、重要文化財として串本応挙芦雪館に展示されています)
 
大胆に描かれた虎には、筆遣いの巧みな術が表現されていて
テレビ越しにもその迫力は伝わってきました。
いろんなサイズの筆を使い、墨の色加減も細かく変えているようです。
 
 
番組後半に、その絵の複製が飾られている無量寺本堂で、夜間に、
和蝋燭の灯りのみで鑑賞するシーンがあったのですが、昼間の太陽光の元で鑑賞する虎とは、
全くの別物のように虎が今にも飛びかかってきそうな臨場感が溢れていました。
 
暗闇の中で、蝋燭の灯りを頼りに描いていた当時の様子が
ふっと頭をよぎる感覚を覚えました。当時にタイムスリップしたかのように・・・・
炎の灯りにより、虎の表情や、逆立った毛が動いて見える錯覚に陥りちょっと怖かったです。
 
芦雪の絵のユニークさに着目していました。
虎の絵の裏面には、可愛らしい猫が描かれていて、
その猫の内なる姿が、虎だったのでは?と観るものを妄想させます。
 
そして、迫力ある龍の図も描いていたのですが、その裏面には、
学問を楽しそうに学びながら遊ぶ子供達の絵が描かれていました。
 
 
参照:TV東京系列「美の巨匠たち」https://www.tv-tokyo.co.jp/kyojin/
2019年6月8日(土)長沢芦雪の放送回です。

 
その中の一人の子供がじっと何かをみている・・・・その先には
一匹の小さな野ネズミが。その野ネズミをじっと見ていると
さきほどの、迫力ある龍にみえてくる・・・といったかんじです。
サクっと芦雪節を入れてくるテクニックに、井浦新さんもすっかり
魅了されたご様子でした。
 
芦雪は、串本滞在中に寶珠山圓光寺にて「蘇鉄に雀図」、
南昌山草堂寺にて「南昌山 草堂禅寺」と群猿を描いた屏風2点を
描きました。
 
 
芦雪は、絵を描くのが本当に好きだったようです。
人が多くてごった返した忙しない京都の生活に比べ
海の幸に恵まれ温暖で過ごしやすい和歌山の串本で過ごした5ヶ月間は
芦雪にとって、まさに楽園にいる期間だったのでしょうね!
 

串本、私も行きたくなりました。今年の夏休みは、串本へ行こう♪
 
 
串本 無量寺 応挙芦雪館
〒649-3503 和歌山県東牟婁郡串本町串本833
※重要文化財「虎図」がある収蔵庫は雨天時の拝観は不可

掛軸紹介 椿樹小禽図

記事を読む

【掛軸紹介】
椿樹小禽図
《表具》 長さ 211㎝ 横幅 100 ㎝
《本紙》 長さ 191㎝ 横幅 88,5㎝

長さ2メートルを超える超大作!
画像の通り、色合い、書き込みも素晴らしく
非常に出来栄えのよい作品です。

署名、落款には『翠香』とあり、
作風などから、村田翠香ではないかと推察されますが、
弊社の資料では作者を断定することができませんでした。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
【村田翠香】
三木翠山、北野恒富師事。
名:春江子。1901年、高知に生まれる。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

作者が特定できない作品も多く、力不足を感じることも多いのですが、
今回のように『名品』だと思える商品を紹介することで
丁寧にお客様の手元にお届けできるように尽力してまいります。

123456...10...