ENjoy Antique

縁の社員が日々の生活の中で、街の中で見つけた”古い物”を取り上げます

,

祇園四条「けんねんさん」へ

記事を読む

担当Yです。随分前になってしまいましたが、京都の東山区にある建仁寺を訪れました。
祇園四条駅から歩いて10分程度で行くことが出来ます。
 
この日は天気も良かったのでたくさんの観光客が訪れており、欧米からの外国人の方々もたくさん来られているようでした。小さなお子様からご年配の方まで寺の外で散策などを楽しんでいました。通常「けんにんじ」と呼ぶのが一般的ですが、地元では「けんねんさん」とも呼ばれているそうです。
 
入口は堂々と大きな門構えになっており、はじめて訪れる方も分かりやすい入口になって
います。
 

建仁寺は中に入ることは出来ます。ただし間違って土足で入らないようにご注意ください。専用のスリッパを借りて入ることが出来ます。京都の中心に立つお寺であり、やはり禅の雰囲気も味わえたような気がしました)^o^(
 
中には大きな天井画 小泉淳作画伯の「双龍図」が描かれています。巨大な水墨画で思わず上を向く時間が長くなってしまうほどです。龍のうろこの輪郭や表情など力強さを感じ取ることが出来ます。
 

あの有名な俵屋宗達の大作「風神雷神図屏風」も展示されています。2曲1双で紙本金地着色。
近くで見ると金地が鮮やかだったのでまぶしいくらいでした(―_―)!!
これが参考書などに載っていたあの有名な屏風かと感動いたしました。
実は以前に大和絵の屏風は拝見したことはあるのですが、この風神雷神図はほかの屏風よりも一番価値のあるものと思ってしまいました(^_^;)
 

さすが京都!と思いました。あとはなんとなくかわいらしい襖絵がありました。それが唐子遊戯図という襖絵。子供がはしゃいでいる様子がうかがえます。
 

担当は京都のこんな立派なお寺を訪問したのは初めてです。まだまだ先ですが、紅葉シーズンに行くのはぴったりですね。行ってみたくなりましたか?
カップルや親子連れなどで行くのも良いのでぜひみなさん行って見てください)^o^(
 
 
以上、担当Yからお伝えしました(^・^)

 

,

アートな旅 in New York!!

記事を読む

こんにちは!
 
最近少しずつ寒さが和らいできましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか?
暖かくなってきたせいか、毎日眠気に襲われる担当nyanでございます。
 
さて、今回は私の旅のおはなしをさせていただきます。
昨年の秋にはなりますが、ニューヨークの旅に出かけました!
ずっと憧れていた街に行くことができ、感無量!
食と食と食と…観光にアート、お買い物と満喫してまいりました(^^)
 
その中でも美術館はニューヨーク近代美術館(MoMA)へ。
 
MoMAへ向かう地下鉄からもおしゃれな道案内が。

 
入口もガラス張りでスタイリッシュ!
様々な言語の「ようこそ」の文字も絵になります。

 

 
まず現れたのは巨大なクモのオブジェ。

上の方にいる小さいクモは2階の窓から覗けました。
ユニークな展示ですね。

 
2階にはグリーンのかわいいヘリコプターも。
1946~1973年にアメリカで生産されたヘリコプターで、この年代のミッドセンチュリーなモノが私の大好物です。

 
3階が改装中だったようで、お目当てのアンディウォーホルが見つけられず…悔しい!
その上の階には紹介しきれない程の名画が展示されていました!
どれもこれもガラスの向こうではなく、目の前で見ることができ、
全館写真OKなのもうれしいポイントです。
 
ゴッホの「星月夜」

 
ピカソは他にもいろいろな画風の作品が展示されていました。

 
MoMAといえば、ヘンリマチスの「ダンス」

 
ポロックの「One:Number 31」
有名と知らず、友人の服と柄がかぶってる!と撮りました…(^^;)

また、6階では『Items:Is Fashion Modern?』と題したファッションの特別展が行われていました。
今までのファッションの名作のアイテム達が展示されていて、ファッション好きな私にとってはたまらない展示でした。

 
最後は素敵な中庭で休憩。まさに都会のオアシス。

 
夕方頃MoMAを出ると、大行列が!
この日は金曜日だった為、UNIQLO FREE FRIDAY NIGHTS で、17時からの入館は無料となっていました。
さすが世界のユニクロ!

 
2時間くらいかなと予定を立てていましたが、思った以上に隅々楽しめたので4時間ほどたっぷりとMoMAを堪能しました!
 
ニューヨークは美術館だけではなく、歩いているだけでもアートがたくさんあり、カメラを持つ手が止まりませんでした。
その紹介はまたの機会に。
 

,

おみくじ引きましたか?

記事を読む

こんにちは!
大吉を引けない男、【きち川】と申します。
 
皆様はお正月におみくじを引きましたか?
僕は今年も大吉を引くことが出来ず、
「半吉」という中途半端な結果に終わりました。。。
 
さて、冷静におみくじを見つめていると
「半吉」とは何番目に有難いおみくじなのか?という疑問が湧いて来たので
本日はおみくじについて調べてみました!
 

 
《順番と区分け》
 
【大吉・吉・中吉・小吉・凶】等の吉凶の語で表されます。
この順で運勢がよいとするのが基本ですが「大吉」の次を「中吉」としたり、
区分けを増やして
【大吉・吉・中吉・小吉・半吉・末吉・末小吉・平・凶・小凶・半凶・末凶・大凶】
とする神社も存在します。
 
うーん、やっぱり「半吉」は中途半端ですね(°▽°)!
そして「吉」は以外と有難いおみくじだったのですね、、、
中位なのだと、完全に侮っていました٩( ᐛ )و笑
 
さらにさらに!
【大大吉(大々吉)・大大凶(大々凶)】
大吉を細分した
【向(むこう)大吉・凶後(のち)大吉】
吉凶の変動が大きいことを示す
【未分(いまだわかれず)・吉凶未分・吉凶交交(こもごも)】
がある神社もあるそうです!!
 
※みくじ箋の吉凶の量の比率は、神社仏閣によって様々であり、近年は凶を減らしたり、なくすところもあるとのこと。
 
優しい気遣いですね♪♪
是非とも大吉を増やして欲しい、、、(*゚▽゚*)笑
 
 
《おみくじを引いた後》
①結ぶ
引いた後の神籤を、境内の木の枝などに結ぶ習慣がありますよね。
「結ぶ」が恋愛の「縁を結ぶ」に通じることから江戸時代から行われ、その後、神様との「縁を結ぶ」として木に結びつけられるようになったそうです。
 
※「凶のおみくじを利き腕と反対の手で結べば、困難な行いを達成つまり修行をしたことになり、凶が吉に転じる」という説もあるそうです!
 
②持ち帰る
カバンやお財布に入れて時々見返すと良いそうですね♪♪
 
③もう一度引く!笑
すぐさまおみくじ売り場に引き返すのはNGです( *´艸`)
 
しかし!!
日を改めれば、引きなおすことは何の問題も無いようです(((o(*゚▽゚*)o)))
 
おみくじの有効期限は
「自分の解釈次第」なのだそうです♪♪
気を引き締めて、後日挑戦しましょう\\٩( ‘ω’ )و ////
 
 
調べてみるとおみくじの世界は奥が深い。。。
知らないことを知るのは楽しいですね(*゚▽゚*)
 
今後は掛軸の画題等、身近なテーマについて調べていこうと思います!
 
 
以上、担当の【きち川】でした。

,

2018年新春の初詣 ~帰省~

記事を読む

新年あけましておめでとうございます。
 
旧年中は大変お世話になりました。
本年も、株式会社縁、社員一同一丸となって顧客サービスの向上に努めて参ります。
皆様ご愛顧の程、どうぞ宜しくお願い致します。
 

最近のブログは、弊社スタッフが交代で更新しております。
2018年一発目は、私、大卍犬太(だいまんじいぬた、仮名)から、新年らしい話題を。
 
この年末年始は実家で過ごし、初詣は毎年のように行っている出雲大社にお参りして来ました。
 

縁結びで有名な出雲大社、ご祭神は大国主命(おおくにぬしのみこと)大黒様です。
その創建は古事記にも記されているほど古く、神無月と呼ばれる10月は出雲では神在月と呼ばれ、全国から八百万の神が集まってくると言われる(中世からの俗説らしいですが)ほど、重要な神社とされています。
 

1月3日には「吉兆(きっちょう)さん」という神事が行われます。鬼面をかぶった番内(ばんない)を先導役に、吉兆幡(ばん)というのぼり旗を立てた山車が牽かれ、大社境内や町内を練り歩いて厄を払うというものです。
 
さて、初詣のお約束、おみくじを引きました。
実は、出雲大社のおみくじには、吉、凶などとは書かれていません。
神様からの訓告を読んだ本人の受け止め方にもよるからか、よく当たると言われているようです。
 

今年は「売買 大いに利あり」「営利上最も利益が多い年」だそうです!
会社のブログに載るのを狙っていたかのようなご神託(笑)
かといって暴利をむさぼることなく、お求めやすい価格でご提供。皆様には目一杯お買い上げいただくことで利益を上げたいと思っております(恵比須顔)
 
その後少し境内を歩いたのですが、大黒様がサメに皮を剥がされたウサギを助けたという
因幡の白兎の伝説から、あちこちにうさちゃんのオブジェが配されています。
 

でも、さすがにここには密集しすぎ!?と思ったのですが(笑)、
その中にどこかで見たポーズをしたうさちゃんが・・・。
 

欅坂46の「不協和音」ウッチャンのポジションですね!
皆さん紅白見ましたか?(笑)
 

最後に、近くのお茶屋さんで、紅白ぜんざいとお抹茶をいただきました。
 
 
と、今回はこの辺で・・。最後までお読みいただき、ありがとうございました!
大卍犬太でした。

,

オデ子の初めて♥クリスマス

記事を読む

気温もぐっと下がって、いよいよ年末ですね。
クリスマスも終わりましたが、わたくしオデ子は今年、初めてをたくさん取り入れたクリスマスでした。
 
 

☆おうちでクリスマス☆
 
毎年小さなパーティーをするのですが、
今年のお料理はナント!ホームベーカーリーで初チャレンジ満載!
 
 
材料をいれてスイッチぽん。
 
 
『ごうんごうんごうん…』
 
 
『ゴッゴッゴッゴッゴッ….』
 
 
『(しーん)…』
 
 
『ガ ガ ガ ガ ガ !』
 
 
『…(しーん)…』
 
 
普段和食ばっかり作ってるオデ子。
ただでさえパン作りって苦手な分野なのに、ホンマに大丈夫!?
と心配になりましたが、よく考えたら苦手やからこそ
こういうプロに任せりゃいいんですよね。
 
 

自家製トマトソースを乗せて焼いたピザと

ふっかふかのロールパン。(2種類も作った!)

我ながら大成功でした。
次は食パンにチャレンジする予定です。

 
そうそう、初めてといえばこーんな綺麗なブルーワインも!

味はいつものスパークリングワインですが、
この綺麗なブルーに女子たち大喜びでした。
 
 
 

☆大阪市内で骨董祭☆
 
いろんな地方で開催しているイベントで、大阪での開催は初めてとのこと。
 
掛軸や日本骨董を多く扱う我が社とはちょっとテイストが異なり
西洋ものや大正~昭和レトロなどもたくさん。
 

↑アンティークレースも人気ですよね!
新しめのものから、時代のある高価な物まで様々。
 

そしてオデ子の大好きなアンティークジュエリーを扱うお店がわんさか!
 
お客さん多くひしめく場内で何周もぐるぐると周り、
どうしても心をつかんで離さなかったプチプライスのジュエリーを買っちゃいました。
 
 
これぞ超絶技巧!ハイクオリティストーン!

・・・というわけではないけれど、身の丈に合ったいい出会いでした。
憧れのアンティークジュエリー、ついに初ゲットです♪

骨董やアンティークは一期一会。
琴線に触れたアイテムがあったら、じっくり脳内会議を開くようにしています。
次に気に入った物に出会えるのはいつになるかわからないですからね!
 
 
11月に開催した「フォトジェニックな骨董たち」は、
みなさんにもお手軽にちょっと古いものたちとの出会いを感じていただける
とても素敵なイベントになりました。
 
 
次の開催ももうすぐ発表になるかも・・・?
もしかして新しい情報も・・・!?
 
 
まだ秘密です!乞うご期待♪